お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

城ケ崎海岸散策

      先月末に伊豆半島東海岸の城ケ崎海岸を初めて訪ねました。
  いつもは富士山麓や近隣の針葉樹や広葉樹の森を歩く事が多いのですが・・・
          海岸沿いの照葉樹の森も魅力的ですね! 
潮風から身を守るように厚みや光沢のある葉を持った木々がよく伸びていました。
   まずは日蓮上人ゆかりのお寺さん 「蓮着寺」 は本堂の彫り物も素敵です。
     さすが伊豆ですね。 アロエの花がアチラコチラに咲いていました。

  DSC00969.jpg  DSC00960_201402020127074ca.jpg

日蓮上人が俎板岩に置き去りにされた後、助けられた際に衣を干したと言われる
 「袈裟掛けの松」(林野火災で焼失し、現在は2代目だとか・・・) も空に向かって
          ぐんっと伸びています。
  ビックリしたのは、天然記念物にも指定されている 「ヤマモモ」 です。 
10年前に根周り7.20mですのでさらに成長していますよね? どっしりと鎮座しています。
      全体をカメラに収めるには、大分離れる以外ないようです。

  DSC00958.jpg  DSC00964.jpg
   右が袈裟掛けの松               蓮着寺のヤマモモ

  さらに驚かされたのが、大きな溶岩が刺さったその名も 「石喰いのモチの木」 です。
 1つが長径30cm・・ いえもっとあるかも知れません。 どんな風に刺さった?
  その時、この木はどの位の大きさだったのだろう? 色々な思いが頭の中をぐるぐる
   まわります。 しっかりと木に食い込んでいます。 不思議な木です

  DSC00979.jpg  DSC00977.jpg
   石喰いのモチの木                      一面に広がるヤブコウジ

 ヤブツバキやモチの木には、横縞の傷がたくさんついています。 こう言う木肌をして
いる種類でしょうか? 何かに傷つけられた? 不思議に思っていましたら、案内して
  下さったSさんが調べてくれて・・・ 「タイワンリス」 に因るものだそうです。

  DSC00999.jpg  DSC00997_2014020201311940c.jpg
     フウトウカズラ               ヤブツバキ

    海岸からの風は心地よく頬を撫でます。 水の色もとても綺麗・・・・・
  左手前方には灯台も見えています。 海岸沿いの岩場に足を踏み入れると、
     僅かにイソギクやアゼトウナの黄色いお花が残っていました。

  DSC01006.jpg  DSC00974.jpg
           灯台                 キカラスウリ

  弾ける波がしらを見ていると、雲の流れと同じように飽きる事はありません。
足元はゴツゴツとした溶岩です。 そのわずかな隙間から、色々な植物がその季節を
待ちわびているようです。 暫くそれらを楽しみ少し先で引き返す事にしました。

  DSC01010.jpg  DSC01033.jpg
  
     途中、オレンジ色が見えたので近づいてみると、マサキのようです。
 イワタイゲキ・ネコノシタ・タイトゴメ・・・まだまだ色々なお花が咲きそうです。
伊豆の海岸をもっともっと歩いてみたい 地学的な見所も多い地です。
   ヤブツバキは残念ながらいい時期は過ぎていましたが、種類も数も多く、
        優しいピンクの花はとても印象に残りました。

    DSC01054.jpg    DSC01029.jpg    DSC01052.jpg
      マサキ            イワタイゲキ             ヤブツバキ

       この時期たくさん咲いていたのは、ツルソバ?のようです。
    海岸散策を終え、吊るし雛を見せて戴いたあと、富士へ向かいました。

  DSC00995_20140210011722532.jpg  DSC01044.jpg
            ツルソバ                  ヤブツバキのトンネル

       ゆったりとした海岸散策は、とても気持ちのいいものでした。
  今度は季節を変えて、海岸風景・植物・地学のスポットを訪ねてみたいものです。
             Sさん・Mさん、有難うございました。
  
                 い~い1日でした!   


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)