お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

雪の毛無山へ

  朝霧方面にも雪が大分降ったようです。 暫く山歩きをしていませんでした。
  どこに登ろうか・・・12日、迷いながら準備を整え、朝霧方面へ向かいました。
雪が多すぎて大変な様だったら長者ケ岳へ向かおう、出来るなら毛無山へ・・・・・

  空はスッキリとは行かず、ちょっと重い気持ちを抱えて出発したのでしたが、
雲の間から差し込んだ光で毛無山が輝いて見えました。 気持ちは決まりました!
       麓から登山口に向かうと・・駐車場には1台の車もありません。

  DSC09461.jpg  DSC09462.jpg

  登り始めから30cm程の雪に覆われていましたが、昨日は祝日、先客があったようで
いい具合のトレースがついています。 雪質もサラサラで滑る様な事もなく、スノーシューは
    ザックに着けたまま登って行きます。 地蔵峠への道は踏み跡がありません。
    直登コースを登り、スギ林を抜けると1合目の表示があり、ホッとします。

  DSC09473.jpg  DSC09466.jpg

 気温は大分高いようで、下着・山シャツの上にフリースで登っていたのですが、暑くて
フリースはザックの中へ。 オーバーズボンは嵩張るので雨具のズボンにスパッツと言う
        姿です。 それでも登っていると汗ばんでくる・・・ 
 不動の滝まで登ると霧氷で飾られた木々が見えました。 これを見たくて来たのですが・・
           ノンビリしているとみんな融けてしまいます。

  DSC09484.jpg  DSC09477.jpg

    踏み跡があるとはいえ、久しぶりの山歩き・・・・・雪山は疲れます。
レスキューポイントでひと休みし、さらに登ります。 5合目のマツダランプの標識も
       少し隠れています。 さあもう少し頑張ろうっと。

  DSC09486.jpg  DSC09489.jpg

 毛無山はなかなかの急斜面です。 7合目を過ぎると、雪を踏みぬき片足ズボッと
埋まるほど・・・ 足の歩幅もちょっときついので、スノーシューを履く事にしました。

  DSC09495.jpg  DSC09493_2014021417033448d.jpg

  スノーシューは快適です。 ただ、昨年は急斜面で何度もずり落ちながら乗り越えた
  8合目です。今回は岩の手前にトレースが付いていて、木につかまりよじ登りました。

  DSC09510.jpg  DSC09509.jpg

   富士山展望台まで来ると頂上まで頑張ろう! という気持ちが湧いてきます。
岩場からは雲の間から富士山が顔を出していました。 眼下にはこの山の地主さんが
           経営する 「ふもとっぱら」 も良く見えます。

  DSC09518.jpg  DSC09520_20140214171058da8.jpg

    少し休憩した後、9合目を越えやっと地蔵峠からの道と合流しました。
 
  DSC09523.jpg  DSC09527.jpg

  少し進むと南アルプスの展望台の岩場があります。 期待薄かな? と登ってみると、
   南アルプスは雲の中でしたが、八ケ岳方面は確認できます。 いいねえ~・・・

DSC09535.jpg
       雲の中に南アルプス                        八ケ岳方面

  DSC09538.jpg  DSC09539.jpg
                                       八ケ岳方面

     ひと休みした後、頂上へ向かいます。 トレースはここまででした。
この先は吹きだまりもあり、とてもワカンやスノーシュー無しでは進む事が出来ません。
    ここまでのトレースに感謝しながら1歩1歩足を進めて行きます。
              先客はウサギのみです!!

  DSC09541.jpg  DSC09552.jpg

  スノーシューを着けているにも関わらず、ひざ下までズボズボと潜ってしまうので
勢いよく足を振り上げ、雪を落としながらゆっくりと進みます。 大変ですが雪の感触は
      いいですね。 疲れを感じ始めた頃、頂上が見えて来ました。
残念ながら富士山はすっかり顔を隠してしまいました。 雪も昨年よりずっと多いようです。
  いつもより随分時間を使ってしまいました。 コーヒーを飲んだ後は、早目に
 下る事にしました。 そろそろ2時になります。 ゆっくりでも5時には着けるかな?

  DSC09560.jpg  DSC09556.jpg

 残念ながら暖か過ぎて霧氷の破片は雪の上に散らばっていましたが、山梨側の木々は
               綺麗な霧氷も見られました。

  DSC09579.jpg  DSC09582.jpg

         少し下った岩場には地衣類の仲間が集団で息づいていました。

  DSC09601.jpg  DSC09597.jpg

  7合目辺りまでスノーシューで下り、その後登山靴でひたすら駐車場を目指します。
       シリセードをしたり、滑ってしまったり、転んだり・・・・・
      何でもあり! の下りです。 粉雪も舞い始めました。

    4時半過ぎに山を下りました。 麓神社に手を合わせ・・・ さあ帰りましょ!  


 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

こんばんは。

雪の毛無山行かれたんですね!
最後、岩の見晴らし台の先、トレースがなかったとのこと、
ラッセルが大変でしたね。
スノーハイクは、ラッセルは疲れますが、
雪の無い時とは趣が違って、気持ちが良いですね。

先週末は再び大雪になり、あちこちで大変なことに!
そちらは大丈夫でしたか?

ピテカン&カッパ | URL | 2014/02/18 (Tue) 00:33 [編集]


No title

ピテカン&カッパさま

 こんばんは!
景色はイマイチでしたが、雪の中を歩けただけで充分でした。
南アルプス見晴し岩から先は深い雪でしたが、スノーシューの
威力をたっぷり感じました。 登山靴では泳ぎながら進まねば
ならなくてとっくに諦めていたと思います。
気温がもう少し低ければ綺麗な霧氷が見られたのでは?と残念な
気持ちもありますが、寒ければ厳しさも伴いますし・・・

 今回の雪ですが、こちらはいつもより少ない位でした。
十里木を越えた御殿場方面は大変だったようですが・・・
適度な雪が有り難く嬉しいですね。
お気づかいありがとうございました。 

キレンゲショウマ | URL | 2014/02/18 (Tue) 03:28 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)