お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

久しぶりの兄弟会旅行

  子供が幼い頃は、相方の兄弟やその子供たち、両親と旗を立てた車を連ね、
            アチコチ楽しい遊びに出掛けたものです。
 子供たちから手が離れ、今度は兄弟で北海道・東北・信州・九州・・・と旅は続き
  ましたが、段々年を重ねいつの間にかそんな楽しみから遠ざかっていました。
 そんな時、金婚式を迎える姉たちと久しぶりに出掛けようと言う事になり信州へ!

  まずは、お昼に松本の 「そば処 信濃路」 で 「とうじそば」 を戴きます。
   とうじそば? 早く言ってしまえば・・・ ”お蕎麦のしゃぶしゃぶ” です。

  DSC01558.jpg  DSC01564.jpg
        信濃路                 とうじそば

           少しもやっていますが、雪を被った山並が素敵です。

  DSC01569.jpg  DSC01567_2014032100542150a.jpg
                 常念岳                      鹿島槍方面

  松代大本営跡を訪ねました。 受付時間を少し遅れそうなので電話をすると、
   担当のおじさまが待っていて下さいました。 ありがとうございました。 
 
「ウィキペディア」によると、大本営跡は「太平洋戦争末期、日本(当時の大日本帝国)
の国家中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町(現在の長野市松代地区)などの
   山中(象山、舞鶴山、皆神山の3箇所)に掘られた地下坑道跡である。」

  DSC01570_2014032100542079e.jpg  DSC01575.jpg
               松  代  大  本  営  跡

  今夜は、秘湯の湯のひとつで一押しの 「仙仁温泉 岩の湯」 でお世話になります。
      金婚式と言う事で、色々な心配りをして戴いて、皆で感激です! 

  DSC01721.jpg  DSC01590_20140321005606408.jpg

     素敵に盛られたお食事を2時間半ほど掛けてゆっくりと戴きます。

    DSC01589.jpg    DSC01591.jpg    DSC01599_201403210105110f7.jpg

  とても食べられる量ではないのですが、時間を掛けるのでいつの間にか殆ど残さず
 戴いてしまいました。 お祝いの金粉酒・水引飾りに加え、デザートにはお祝いの
         メッセージも・・・・・ 心配りがとても細やかです。

    DSC01601.jpg    DSC01603.jpg    DSC01605.jpg

    DSC01607.jpg    DSC01600_20140321010831aba.jpg    DSC01618.jpg

温泉もとても魅力的です。 30m続く洞窟風呂からは滝のように豊富なお湯が流れ出て
来ます。 奥へ奥へと探検気分で進みます。 ぬるめのお湯なのですが、ミストサウナ
           効果があるのでは?と思う位、気持ちいい・・・

岩肌にはキラキラと何やら鉱物が付いています。 もう1本の洞窟はゆったりと~・・・
  ここは混浴なのですが、湯浴みを着けて入るので何も気にする事はありません。
内湯・露天以外に、やはり2つの湯船を設えた貸切風呂が3つと、家族風呂があります。
空いていれば好きな時間に入れます。 私は洞窟風呂2回、貸切風呂2つに・・・
 (骨折のあと、弱っていた姉の足が翌日は随分良くなっているのに皆でビックリ!)

  DSC01630.jpg  DSC01620.jpg

 ゆとりの空間がいっぱいあるのも素敵です。 静かな音楽が流れ、選ばれた本が詰った
 本棚もアチコチに。 コーヒーやお茶を戴きながらプライベート時間を過ごします。
予約がとり辛く、いつも殆ど満室なのに、余り人に出会わないのもとても不思議です。

  DSC01636.jpg  DSC01632.jpg

   館内には、あちらこちらにお花が生けられ、移動する度にホッとします。
 貸切風呂から上に登ると、散策路が設けられているようですが、残念ながら
        今回歩く事はありませんでした。 次回は是非!!  

    DSC01697.jpg    DSC01624.jpg    DSC01652.jpg

  ロビー横の池では、温泉の中を鯉が泳いでいます。 何とも贅沢な鯉たちです。
  
    DSC01666.jpg    DSC01699_20140321015126abb.jpg    DSC01717.jpg

    朝食は色とりどりの、目にもお腹にも優しい食事を用意してくれました。
                  どれも美味しい~・・・ 

  DSC01685.jpg  DSC01686.jpg

   夢のような時間が流れ、11時に宿を出発しました。(12時チェックアウトです)
        車が見えなくなるまで手を振って送って下さいました。
 温泉も施設もお料理もいいのですが、何より従業員の方達の関わりが抜群です。
            ありがとうございました! 

    小布施と葛飾北斎が描いた「大鳳凰図」の天井を持つ 「岩松院」 
            を訪ねたあと家へ向かいます。

  DSC01737_20140321014817391.jpg  DSC01741_2014032101481709a.jpg
       岩松院                   蛙合戦の池
                    「痩せかえる 負けるな一茶 これにあり」の句碑
   

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)