お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

市内の沢を歩いてみれば・・・

  4月4日、相方のウォーキングに連れ出され、進まぬ気持ちで出掛けたのですが・・・
  途中から沢に下りて沢探索です。 出てしまえば、意気揚々と元気いっぱい!!
    ひとつ目的がありましたので、少し丁寧に目を凝らしながら進みます。 
             相方は歩きやすい林をドンドン進みます。
         僅かにタチツボスミレ・セントウソウが目に入ります。 
アマナも見られるようですが、花も蕾もありません。 花が付かないのが多いのかな~  

  DSC03437.jpg  DSC03438.jpg
           タチツボスミレ                       アマナの葉

  なかなか目的のものが見つかりませんが・・・ 目の前に現れた景色にビックリ!
       まるで樋を掛けたようなまっすぐな溶岩が沢を作っています。
        子供の握りこぶし大の石を含んだ堆積層も見られます。

  DSC03453.jpg  DSC03451.jpg

      沢に下りなければ見られない景色でした。 ここを下って行きます。
 両側に水を湛えた細い岩を通過する事になります。 沢を回避して行く事も出来そう
     ですが・・・ 「よし、行ってみよう」  まるで 「蟻の戸渡り」 です。

  DSC03457.jpg  DSC03463.jpg

  岩肌には、イワタバコも見られます。 ドライフラワーがあるので咲いた所も
      あるようです。 今までで見た標高の一番低い場所でした。

  DSC03471_20140409224608c87.jpg  DSC03441.jpg
      イワタバコ                    キブシ

 斜面にはシュンランが一株花時を迎えていました。 ユリワサビやニリンソウも少し
  見られます。 う~ん、探し物のお花は見られませんでした。  ザ~ンネン!

  DSC03485.jpg  DSC03498.jpg
                シュンラン                    ユリワサビ

  次はもう少し山際を歩く事にします。 それにしても初めての場所はワクワクして
  来ます。 「まだマムシの動きの少ない内に、歩いてみたい・・」 と思いながら
   沢を後にしました。 沢から上がると目の前にはこんなに素敵な富士山!

  DSC03497.jpg  DSC03516.jpg
     ウラシマソウ                    富士山

   相方とは離れ離れ。 重い腰を上げての歩きでしたが・・・・・良かったね~ 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)