お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

アカヤシオを求めて両神山へ その1

      標高1723mの両神山、いつかは登ってみたいと思っていた山でした。
 今回、「頂上に咲くアカヤシオを見に行きませんか?」 のお誘いをすぐに受け、14日
            仲間3名で白井差口から往復して来ました。
(行政上は、廃道になっているようですが1日30名予約制と言う形で登る事が出来ます。)

  5時過ぎに、新潟のオオミスミソウ時にもお世話になったMさんの運転で出発です。
3時間余りで、地主さんのお家に到着。 手続きを済ませ、いよいよ両神山を目指します。

  DSC07525.jpg    DSC07530.jpg
     白井差登山口                  ミ ヤ マ キ ケ マ ン

  足元には、色々とお花が見られます。 フタバアオイも葉っぱは多いのですが、どうやら
開花はこれからのようです。 でもやはり早い子もいまして、ちゃんとお花を見せてくれました。

  DSC07568_20140515185701142.jpg  DSC07557.jpg
           コ ガ ネ ネ コ ノ メ ソ ウ             フタバアオイ

 ハナネコノメソウは既に終わっていましたが、頂上近くまでずっと顔を見せてくれた
   コガネネコノメソウを始め、ツルネコノメソウ・ヨゴレネコノメ・ネコノメソウ・・・
                 みんなネコノメソウの仲間です。

  DSC07566.jpg  DSC07541_20140515185624b70.jpg
     昇竜の滝                    ツ ル ネ コ ノ メ ?

                 ウラシマソウ・テンナンショウの仲間・・・

  DSC07538.jpg  DSC07531.jpg
           ヨ ゴ レ ネ コ ノ メ ソ ウ             ウラシマソウ

      ちょっと変わった葉っぱの植物も・・・ 白いお花の咲くギンバイソウ、
           この特徴のある木の葉っぱは・・・恐らくオヒョウです。

  DSC07559.jpg  DSC07543.jpg
     ギンバイソウ                      オ ヒ ョ ウ

  可愛く咲いていたのはクワガタソウです。 ピンクの濃い子や白っぽい子など
    あちらでもこちらでも沢山見られます。  富士山麓で見るより大きいなあ・・・・・

  DSC07587.jpg  DSC07586.jpg
              ク  ワ  ガ  タ  ソ  ウ

      沢沿いのこのコースは、よく整備されていてとても歩きやすいです。
     少し急坂のつづら折りを過ぎると、気持ちのいいブナ広場に到着です。
 この辺りの新緑はとても素晴らしい、秋には紅葉に染まった林になるのでしょうね?

       「うわ~凄い!」 アミガサタケが周辺に群生していました。

  DSC07595_2014051521291312f.jpg  DSC07626.jpg
    アミガサタケ                 ブ  ナ  広  場

  緑と水と風を感じるのが私の好きな山なのですが、グニャグニャに圧力を受けた
見事な地層を見ながら歩くのはナント贅沢なこと・・・ 階段脇のエンジ色をした石は
  チャートのようです。 この1枚の層が出来るのに1万年掛かったと地主さん。
  この硬い岩にしっかりと根を張った木には強い生命力を感じずにはいられません。
  
  DSC07613.jpg  DSC07606.jpg
            岩に根を下ろした木               エンジ色をしたチャート 

  斜面はバイケイソウやハシリドコロの群落が続きます。 ニリンソウ・ワチガイソウなども
 点々とありますが、シカ害の少なかった昔はもっともっとお花で溢れていたのでしょうね?   

  DSC07580.jpg  DSC07630_201405152148023d5.jpg
     ワチガイソウ                   シロバナエンレイソウ

赤い苞の揺れているチドリノキは大好きな姿です。 ここではもうお花を付けている子が
        いました。 光を通すと葉っぱが、より輝いて見えます。

  DSC07634.jpg  DSC07650.jpg
               チ ド リ ノ キ                  ヤマエンゴサク

  新緑を楽しみながら段々尾根に近づきます。 フデリンドウの可愛い姿に声を
       掛けながら、もうすぐ出会えるアカヤシオに想いを馳せます。

  DSC07627_2014051521305521a.jpg  DSC07621_20140515213057198.jpg
      新緑の中を・・                トウゴクミツバツツジと新緑

  DSC07643_2014051521480077d.jpg  DSC07639.jpg
            コ  ケ  リ  ン  ド  ウ            マルバコンロンソウ

        尾根に飛び出すと、ピンク色をしたアカヤシオが目に入りました。
               足元にはヒメイチゲが沢山咲いています。 

  DSC07781.jpg  DSC07669.jpg
      ユリワサビ                   ヒ  メ  イ  チ  ゲ
  
        
               頂上はもうすぐです!    その2へ

  

  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

白井差、懐かしいですね

 春の山野草がいっぱい!
過去のいっときの登山ブームで 地主の方の山を愛する志を
無視する行動が多く、このルートはしばらく閉鎖されていたようですが
数を限っての登りが認められるようになったのですね。

 白井差への道は福寿草や節分草などの自生地も多く
自然豊かで私も好きな地域です。
5~6年前でしょうか・・・4月に「日向大谷」から歩きました。
奥宮からは尾根道がまだ閉鎖、谷筋のへつりを歩かされたことが
想い出されます。
続きのレポを楽しみにしております。
私は明日からキレンゲショウマさんの故郷へ旅立ちます。

俄歩人 | URL | 2014/05/16 (Fri) 18:47 [編集]


No title

         俄歩人さま

 おはようございます。
四国へはもうお出掛けになられたでしょうか?
いい旅になられるといいですね。 アケボノツツジ・オオヤマレンゲ
や色々な山野草に出会えると楽しいですね。

 白井差口のコースは、予約をして地図をお借りし、注意事項を
伺った後、コースの整備協力金1000円を下山後にお支払いし、
バッチを戴いて来ました。お茶を出して戴き、色々な貴重なお話を
1時間もお伺いし、ゆっくり楽しませて戴きました。

爽やかな沢コースから、一転頂上のゴツゴツした岩、途中の大きく
変成したチャートの岩・・・そこに咲く小さな花たち・・・
時間的にゆっくり楽しめたコースでした。

 俄歩人さんは日向大谷からのコースを歩かれたのですね。
こちらは長そうですが、機会があれば歩いてみたいです。 
同行の彼女たちは今年ここへセツブンソウを見に来られたそうです。
登山口へ向かう沢沿いの道も良かったです。

キレンゲショウマ | URL | 2014/05/17 (Sat) 06:35 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)