お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

見たかった風景・・・

2014/05/28 12:55 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(14) [Edit]

  
   放浪癖のある私の事・・・・・ この日は天気も良く、アチコチと歩きまわりました。

     結果! ジャ~ン!  目の前には一面のク・マ・ガ・イ・ソ・ウです! 

  クマガイソウ1-6  クマガイソウ2-4

       沢山のお花たちが待っていてくれました。 こんな事は初めてです。
    気持ちを落ち着かせ、お花たちを眺めながらゆっくりとコーヒーを戴きました。
               まさに・・・至福の時です。 

  クマガイソウ1-1  クマガイソウ1-3

     お花も大きくて立派です。 昔はそこかしこで見られた風景のようですが、
           最近はこんな所に出逢う事はまずありません。

田舎へ行った時、近くの竹林にもいっぱいあった筈・・・と途中まで出掛けたのですが、
もう手入れのされていない道は崩れ、「ハメ(マムシ)がいるから行くなよ」 と父に
 言われ、ジャングルになっていて、もう絶えているだろう・・・と自分に言い聞かせ
            ずっと心のどこかに引っかかったままでした。

  クマガイソウ1-2  クマガイソウ1-5

                夢のような出来事はまだ続きました。
   この辺りではお花は殆ど終わってしまっていましたが、もう少し早ければ・・・
  いえいえ、これで良かったのかもしれません。 帰れなくなりそうですので・・・・・

  クマガイソウ2-2  クマガイソウ2-1

      夢中で歩いたようで、何だか帰宅後どっと疲れが出てしまいました。

  クマガイソウ2-3  クマガイソウ2-2

   ( お花たちに、ヘンな人に見つからないように気を付けてね・・・ ) と声を掛け、
                    その場を後にしました。 

           来シーズンも逢いに行くね!  ありがとう! 


    

やりましたね!
おめでとうございます!
こんな場面に出会った時の気持ちは、十分過ぎるくらい想像出来ます。
気持ちを落ち着かせるのに、一度目線を逸らしたりしませんでしたか?
私は辺りを見回して、もう一度花を見ました。
目の錯覚でない事が分かると、何枚も写真を撮りました。
嬉しい出会いがあるから、山歩きは止められないですね。

[ 2014/05/28 19:46 ] [ 編集 ]
最高の時を過ごしましたね
こんばんは。

なかなか出会えない花ですが、
ブログを見ているだけでもワクワクしてきます。
山を愛するキレンゲショウマさんへのプレゼントですね。
素敵なブログありがとうございました。
[ 2014/05/28 22:25 ] [ 編集 ]
やまぶどうさま

 有難うございます。 もうビックリしましたヨ。
一度視線を外すと言うか、目に入った次の瞬間思わず二度見して
しまいました。 写真を写した後、ゆっくりとそばに座り、ひとり
お茶をしながらじっくり眺めて来ました。 
次の場所で更に驚き、場所を移動してからマンガみたいですが、
自分の頬をツネッテしまいました。 
ホント・・・野山探索は止められませんね。 
[ 2014/05/28 22:31 ] [ 編集 ]
        Mitsukoさま

 こんばんは、Mitsukoさん。
嬉しいコメントをありがとうございました。
自然の中でこのお花に逢うのは2回目ですが、ここまでまとまって
見られたのは初めてなので、大興奮でした。
嬉しいコメントで、喜びも倍増です。
 
ところで、Mitsukoさんは初めまして・・・でしたでしょうか?
何しろいい加減な性分なので、ウッカリ・・・ばかりです。
[ 2014/05/28 23:16 ] [ 編集 ]
花の名前は?
大きく立派な扇状の葉の間から出ている、袋状の花はラン科の特徴でしょうか?
このような場合は、花の名前を出さないのがルールなのでしょうか?
[ 2014/05/29 10:18 ] [ 編集 ]
        アウトライダーさま

 こんにちは!
このお花はクマガイソウです。 「袋状の花を熊谷次郎直実の背負った
母衣(ほろ)に見立てた」 所から名づいたとの事です。
昔は群生地もアチコチで見られたようですね。

名前は単に記載忘れ・・・というか、カーソルを画上に持って行くと
名前が出るのでいいかなあ・・・といつもながらのいい加減さ故です。
何処かに記載しておきますね。 ありがとうございました。
[ 2014/05/29 10:51 ] [ 編集 ]
知らなかったです。
写真の上にカーソルを置くと、名前が出ることは知りませんでした。
失礼しました。
クマガイソウと分かってはいたのですが、このような場合(悪い人に場所を特定される・・・とか)は、わざと花の名前は書かないのがルールなのかな?と思った訳です。
[ 2014/05/29 13:00 ] [ 編集 ]
       アウトライダーさま

 カーソルを画像上でWクリックすると少し大きめの画像で見られます。
小さなサイズにしているので(320×240)大きい方のサイズまでですが・・・

大事な場所はなるべく特定されないように気を付けているつもりですが・・・、
充分気を付けないといけませんね。 
それにしても盗掘が多いのにはガッカリしてしまいます。
ありがとうございました。
[ 2014/05/29 17:21 ] [ 編集 ]
思い出してくれるかな?
こんばんは。

浮島自然公園で2回ほどお会いしていますが・・・
1年に2回でなく、3年いや4年一回ですの記憶するのは厳しいですね。

キレンゲショウマさんの情報のお陰で、
先日は、越前岳に行き、愛鷹ツツジを堪能することができました。
ありがとうございました。

[ 2014/05/29 20:24 ] [ 編集 ]
        Mitsukoさま

 こんばんは!
大変失礼いたしました。
もしかして3年ほど前に声を掛けて頂いたMさんでしょうか?
ただ老化が進む頭ではなかなかお顔を覚える事が出来ず・・・
申し訳ありません。
今度お会いした時は是非声を掛けて下さいね。
次はバッチリ(たぶん・・・)ですので。

 越前岳でアシタカツツジに出逢えたようで、良かったですね。
頑張って登った山の中で見られるお花は格別ですものね。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
コメントありがとうございました。
[ 2014/05/29 22:57 ] [ 編集 ]
こんばんわ。
あれ~保護区に迷いこんでしまったのかな・・・
周りにロープがあり、立入禁止の看板があるのかな・・・

これだけの群落を目の前にすると、そう思ってしまいそうですね (^^
花付きも良いので、居心地がいい環境なのですね。
私も、こんな場所が、まだ残っているのではという思いを持っていたので
とても嬉しいですね。

私も、花の名前で検索に、引っかからないように、あえて名前を書かないように
したりもします。
一枚の写真にも、自生地のヒントがある・・と
名前を記載しない方のマネなのですが、自分でもチェックしていますので
実際は、そこまで気を使わなくても
いいかな~とも思っています。
[ 2014/05/31 18:52 ] [ 編集 ]
       サクラスミレさま

 こんばんは!
この光景を目にした時は、わが目を疑ってしまいました。
以前、サクラスミレさんがコメントして下さった言葉がすぐに
頭に浮かびましたヨ。

この記事もアップしようかどうしようか・・と迷いましたが、
場所の特定も出来ないよな~?・・・と思いきって登場です!
こんな所があるのがホントに嬉しかったです。

[ 2014/05/31 22:06 ] [ 編集 ]
こんばんは。
すごい群落ですね!!
しかも、お花もちょうど盛期のようで、良い時に出会われましたね。
見つけた時の驚き、よ~くわかります。
とにかくすばらしいですね~!
こんな場所が、まだ残っているなんて、
ほんとに信じられないです~・・
こんな場所にわたしたちも出会ってみたいな~・・なんて・・
そして、いつまでも、このままそっと残ってほしいですね。
[ 2014/06/02 23:48 ] [ 編集 ]
        ピテカン&カッパさま

 ウロウロしていると珠にはいい事があるものですね。
どこかでいつか出逢いたいと思っていた光景が現実となり、
嬉しいより、ただただビックリしてしまいました。
人知れずこんな風に残っている子がいてくれると思うと
ホントに嬉しいですね。 次への励みにもなります。
その一方で、怪しい人を見かけたり、実際に見られなくなった
貴重種も多く、心が痛みます。

 ピテカン&カッパさまは、結構厳しい場所や人が余りいない山を
歩かれる事が多いので、きっとその内・・・逢える筈です!
ほんとにいつまでも残って欲しいものですね。
[ 2014/06/03 15:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム