お花には少し早い槍ケ岳へ  その1

            幼馴染登山も今年で3回を数えます。 
          メンバーは何と小学校時代の仲間3名です。 
 一昨年は白馬、昨年は八ケ岳、そして今回は例年より早い、梅雨の時期に
           槍ケ岳を目指します。 (6月29日~7月1日)
関西組のメンバーとは名古屋で落ち合い、Sさんの車で出発。 沢渡で仮眠をとります。

  心配していた雨も止み、歩き始めます。 雪解けで水も豊か、緑も一層鮮やかです。

  DSC09670.jpg  DSC09672_201407040210049e2.jpg
            梓川の流れと穂高の峰                  河童橋

 河童橋を渡り、まずは右岸の森の中を進みます。 まもなくお猿さんの登場です。
胸に子を抱いた親子連れがふた組。 その先、水辺では何とも微笑ましいカップルが
    恋を語らっているような素敵な雰囲気です。 お邪魔してゴメンネ!

     DSC09681_201407040205449e1.jpg    DSC09683.jpg
          親子猿                  デート中の猿?

   雨上がりの緑と水の音色・小鳥のさえずり・・・・・何とも心地よい空間です。
  懐かしい昔の話をポツポツと出しながら3人で歩きます。 写真を撮りつつ少し
                   遅れがちな私ですが・・・・・

  DSC09703.jpg  DSC09749_20140704020752941.jpg
              澄んだ水辺                    オドリコソウ

   暫く出会っていないショウキランに逢えるかな?まだ少し早いだろうか?・・・・・
時々木道の中を覗き込みながら進みます。 あっ、咲いています! 良かった~・・・
       その後は、登山道沿いで次々と見つかり、嬉しい悲鳴です。

  DSC09761.jpg  DSC09777_20140704020750b2c.jpg
                    シ  ョ  ウ  キ  ラ  ン

 明神池に入るのも久しぶりの事です。 静かで神秘的でとても居心地のいい場所です。
    我々以外に 「初めてのテント泊の下見に来た」 と仰る若い女性のみ。
二の池をまわって帰る頃には、別の女性が池に張り出した桟橋に座って一人の世界を
              堪能されていました。 いい感じです・・・・・

  DSC09723_2014070402075259b.jpg  DSC09728_20140704105150d3e.jpg
              明神池                        もの思う人

  お花はいつもの季節より少なかったものの、違ったお花を楽しむ事が出来ました。
         これから咲くだろう花たちも順調に育っているようです。
ヤグルマソウはやっと咲き始めたようです。 ワスレナグサの仲間、エゾムラサキも
咲き残っていました。 その中に優しいピンク花を1株だけみつけ何だか嬉しくなりました。

  DSC09752_20140704022816041.jpg  DSC09784_20140704022815850.jpg
    ヤグルマソウ                   エゾムラサキ(ピンク)

  タガソデソウに出逢うのも久しぶりの事です。 少し時期が遅かったようですが、
清楚な姿を見せてくれて嬉しい事でした。 ツルツゲもお花と実を見られ良かった~・・・

  DSC09781_20140704022815503.jpg  DSC09814_201407040228148eb.jpg
              タガソデソウ                       ツルツゲ 

  しっとりとしたコケの上が好きなイチヨウラン、ここでもひっそりと森の中に溶け込んで
         いました。 1つ1つ見比べると個性があって楽しいお花です。             

  DSC09890.jpg  DSC09827.jpg
     ツルツゲの実                     イチヨウラン

 今日は槍沢小屋までの行程ですが、沢沿いの登山道は殆ど遊歩道の雰囲気です。
              お花を見ながら緩い登りを進みます。

  DSC09847_20140704024436a87.jpg  DSC09816.jpg
              ミヤマダイコンソウ                 ギンリョウソウ

     ニリンソウがまだ咲き残っていました。 ズダヤクシュも群生状態。
 実になっているものが多かったのですが、登るにつれお花が優勢になって来ます。

  DSC09849_20140704024558b38.jpg  DSC09864_201407040245571f5.jpg
     ニリンソウ                       ズダヤクシュ

  横尾まで来てひと休み。 穂高へはここから橋を渡ります。 空が少し暗くなって
   雨も落ちて来ました。 「やっぱりな・・・」 と雨具を付けて出発準備をします。
      「んっ?」 頭の上以外は明るく向かいには日が差して来ました。 
                  雨具を外して、さあ出発です!

  DSC09856.jpg  DSC09818.jpg
         横尾から橋を渡ると涸沢方面へ             キソチドリ

  横尾の小屋を過ぎるとまもなく蝶ケ岳への道を分けます。 昨年、常念岳は登った
          ものの、蝶ケ岳はまだ宿題になったままです。 
         所々キソチドリも見られるようになってきました。

  DSC09857_20140704024557dbd.jpg  DSC09870.jpg
     槍・蝶ケ岳分岐                 ゴゼンタチバナ&マイヅルソウ

        賑やかさは無いものの、小さなお花が目を楽しませてくれます。
    キバナノコマノツメも僅かに見られます。 少し遅れたり追いついたり・・・・・

  DSC09865_20140704024556e39.jpg  DSC09881_20140704024654d45.jpg
           槍沢小屋への道                    キバナノコマノツメ

  少し華やかなノビネチドリも優しい色を見せてくれました。 期待以上のお花たちです。
  足元は花崗岩が多く見られるようです。 沢も同じように白っぽい石が目立ちます。

  DSC09878_201407040246543ad.jpg  DSC09885_20140704133703fe1.jpg
     ノビネチドリ                     登山道脇の流れ

  DSC09903_20140704133702495.jpg  DSC09892_201407041337021f8.jpg
                グンナイフウロ                  ツガザクラ

  小屋へ着く少し前になって雨が落ちて来ました。 大急ぎで雨具に身を包みます。
        それも僅かの時間。 思ったほどの雨に逢わなくてヤレヤレです。

  DSC09912_20140704133957fe3.jpg  DSC09905.jpg
     ハクサンチドリ                      ナナカマド

  DSC09916_201407041339567d8.jpg  DSC09911_20140704133957c91.jpg
             小屋まであと少し・・・                クルマユリ

      2時半頃だったでしょうか? 今日の目的地槍沢小屋に到着です。
   少し濡れた衣類や靴を乾燥室へ持ち込み、ゆったりと時間を過ごします。
 小屋内は、我々3人と前日の悪天で頂上を諦め下山する人2人、翌日槍ケ岳を
           目指す若者ひとり・・・のまるで貸し切り状態です。
        なんとなくみんな仲間意識で、隣り合って食卓を囲み、
         明日の槍へ想いを馳せながら眠りに着きました。 

  DSC09906.jpg  DSC09921_20140704134533c4a.jpg
  オガラバナ(ホザキカエデ)                 槍沢ロッジ

                        (その2へ続く)

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは キレンゲショウマさん

 幼馴染の方々との槍ヶ岳行、1年間待っていました。
私の知らない出雲の山紀行、まだまだ続きが楽しみでしたが、
槍ヶ岳行が始まり、早くもタガソデソウに魅せられてしまいました。
地質や鉱物のみならず いつものことながら山野草への造詣の深さに
畏敬の念を感じさせられます。

 私の槍沢経由はもう7~8年前になります。
当時の槍沢小屋は火・木はお風呂が用意されていましたが
最近はどうなのでしょう。
続きを楽しみに待っております。

        俄歩人さま

 こんばんは!
40年振りの槍ケ岳はとても静かで、人の押し寄せる北アルプスが想像できない
ような世界でした。
槍沢小屋ではとても立派なお風呂に入れて頂き、さっぱりと翌日を迎える
事が出来ました。人が少なかったので、時間制で入れ替えでしたが、大きな
浴槽が2つありました。(勿論この日は片方使用でした)
小屋泊まりもここ数年の事ですが、何処も綺麗で快適ですね。

 出雲の記事はじめ、その後の記録もカメラの中で眠ったままです。
思い出しながら・・・調べながら・・・の作業はなかなか進みません。
その内に目覚めますので、またご覧下さいね。
とりあえず記憶に新しい槍ケ岳の続きを先にします。
コメントありがとうございました。
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる