お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

槍ケ岳へ  その3

 何処でもいつでもどんな状態でもグッスリ寝られる・・・ という特技を持っている私ですが、
            何故か昨夜は何度も目覚めてしまいました。 
         などと言いながらも、ちゃんと寝ていると思うのですが・・・・・

      本日は山の最終日。 早いものです。 昨日の予想では曇りでした。
 目覚めると・・・・・今日もいい天気です。 日の出は4時半との事で、外でご来光を
      拝む事にします。 眼下にはふわふわの雲海が広がっています。

  DSC00183_20140707080550fa5.jpg  DSC00178_2014070708055087d.jpg

    少しづつ東の空が明るくなって来ました。 風の冷たさが心地よいです。
陽気な米国の通訳さんとお仲間が槍の穂に取り付いていました。 あっと言う間に
  頂上へ飛び出して行きました。 頂上は二人でゆっくり楽しまれたようです。
      前日に新穂高から10時間掛けて登られたご褒美ですね!

  DSC00192_201407070805484de.jpg  DSC00186_20140707080549956.jpg

                  もうすぐ・・・もうすぐ日の出です。 
                    光がパーっと広がります。

  DSC00199_20140707080548c76.jpg  DSC00201_20140707080628d36.jpg

      周りの山々は少しだけ赤く染まりました。 それもあっと言う間・・・・・

  DSC00204_20140707080627378.jpg  DSC00205.jpg

 小屋の上に槍の穂先でしょうか? だとすると影槍ですが・・・どうもよくわかりません?
                   今日の一日が始まりました。

  DSC00209.jpg  DSC00210.jpg
                                           イワベンケイ

   小屋の岩蔭では、ヤマガラシやイワベンケイ・ハタザオの仲間などがひっそりと
 咲いていました。 6時からの朝食を終えて、それぞれの人に別れを告げ、その後の
            健闘を祈り・・・・・ 上高地へ向けて下ります。

  DSC00212.jpg  DSC00213.jpg
     ヤマガラシ?                 下ります

   行ける所までアイゼン無しで下ろうと言う事になりました。 気をつけながら・・・
     時々転んだり滑ったりもしながら・・・グングン山が遠くなっていきます。
 「槍の下で待ってるわ・・・」 などと言っていたSちゃんは、スイスイ槍の穂先へ登り
   雪渓下りも先頭を切って下りて行きます。 さすが元 「山の子」 です。 

  DSC00219.jpg  DSC00218.jpg
            槍ケ岳を背に・・・                   だいぶ下りました

     途中で動物の足跡を見つけました。 シカかな?それともカモシカ?
            よくわかりません。 気にしないようにしよう・・・・・

  DSC00223_20140707081245eb5.jpg  DSC00220_20140707081246247.jpg
    シカ?カモシカ?              ドンドン下ります

     思っていたよりずっと早く雪渓を下り、ババ平までやって来ました。
 雪が消えるとお馴染の花を楽しんだり、行きには気付かなかったお花に目を
      やったり・・・いつもの歩きで、今日もヤッパリ遅れ気味です。

  DSC00241_20140707081244bf1.jpg  DSC00233_201407070812452c9.jpg
                サワダツ?                  ショウジョウバカマ

 大きめの葉っぱに蕾が二つちょこんと乗っています。 これはオオヒョウタンボクかな?
    ?マークばかり増えるお花たちです。 教えて頂けると嬉しいなあ・・・・・ 

  DSC00247_201407070812433ba.jpg  DSC00254.jpg
   オオヒョウタンボク                ババ平(キャンプ場)

 二日前には1つだけ咲いていたクルマユリも、帰りには倍に!?増えていました。

  DSC00264.jpg  DSC00253_20140707103815919.jpg
               クルマユリ                    ヨウラクツツジ

  登りにいっぱい見た筈なのに・・・写真も撮った筈なのに・・・ ヤッパリ立ち止まる。

  DSC00301.jpg  DSC00267.jpg
      ショウキラン                ツマトリソウ

  登りには見えなかった槍見河原からの景色ですが・・・ 大きくなった木が
       邪魔をしているものの、ちゃんと見ることが出来ました。

  DSC00270.jpg  DSC00275_20140707104357c25.jpg
                二の俣                      槍見河原

   沢をいくつか越えて、まずは横尾へ向かいます。 小休止をし、すぐに出発。
      この分なら嘉門次小屋でイワナの塩焼きが食べられそうです。
 ホロホロのお魚は、塩がたっぷり掛かっていたものの、美味しくて何年か前には
                     2匹も戴きました。

  DSC00280_20140707104357651.jpg  DSC00292_20140707105035082.jpg
                               ウラジロヨウラク?

  イワナはさて置き、またまた両側のお花を楽しみます。 ショウキランも沢山
           見られました。 ピンク色が可愛くていいですね!

  DSC00295.jpg  DSC00298.jpg
             ショウマの仲間                   ヤマクワガタ

   ちょっと草むらを覗き込むと、ベニバナイチヤクソウが一面に広がっています。
        信州ではよく見かける光景ですが、こんな様子もいいですね。
 やっと明神に到着です。 葉っぱが特徴的なカンボクがこの辺りには多いようです。

  DSC00321.jpg  DSC00338_2014070710512579d.jpg
     ベニバナイチヤクソウ                  カンボク

  橋を渡り、イワナを・・・ア、違った、嘉門次小屋を目指します。 お昼は残った非常食
    (おやつ) とイワナです。 いただきま~す! 頭から尻尾まで食べられるの
 ですが、今日は塩分は少ないものの、ちょっと硬め? それでもガジガジと完食です。 
  
  DSC00343_201407071051243bb.jpg  DSC00340_201407071051255c3.jpg
          キバナノヤマオダマキ              嘉門次小屋でイワナを・・・

         食後のあとはお花を愛でながら上高地へ向かいます。
 バスに乗って沢渡まで。 本日はSさんが予約してくれた白骨温泉でゆったりと・・・

  DSC00353.jpg DSC00348.jpg
    ムカゴトラノオ                 シロバナグンナイフウロ

    その前に、隧通しを見学して宿へ入ります。 白骨のお湯は大好きです。
         内湯も混浴の露天も貸切温泉もとってもいいお湯でした。 
 
  DSC00362_20140707110035d70.jpg  DSC00380_20140707110034344.jpg
                        隧通し(天然洞穴)    

  ご一緒戴いたSさん・Sちゃん、ありがとうございました。 そしてお疲れさまでした!


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

凄い!

お早うございます。
素晴らしい景色と、珍しい花が見られて良かったですね。
私はこういうところへは行けません。
体力が無い上に、高いところが苦手なので・・。
数年前に、山ちゃんのブログでも、垂直に立つ梯子が載っていました。
写真だけでもお尻がむずむずして来ます。
このブログを眺めて我慢しています。

やまぶどう | URL | 2014/07/08 (Tue) 08:17 [編集]


雪焼けは大丈夫でしたか・・・

 頂上からの展望はいまひとつでちょっと残念、
槍沢の残雪がまだ多く 長い長い登路だったことでしょう。
それでも気心の知れた友人と「青春の譜」を想い出す槍ヶ岳行、
すっかりご満足されたようですね。
 雪渓から仰ぐ槍ヶ岳の一葉、良い写真ですね。
東鎌尾根から覗く天上沢~湯俣、若き日の想い出が
甦ったことでしょう。


俄歩人 | URL | 2014/07/08 (Tue) 09:14 [編集]


素晴らしい!

キレンゲショウマ様

梅雨時期の晴天、日ごろの行いでしょうか!

ピッケル、アイゼン、羨ましい! 

そして、新しい、そして稀有な花との出会い、もう、何も言えません!

アキラッチ | URL | 2014/07/08 (Tue) 21:28 [編集]


こんばんは。

槍ケ岳お疲れ様でした。
この時期の槍ケ岳、雪が多くて大変だったのではないでしょうか?
でも、静かな山歩きが、楽しめたようですね。
夏のシーズンには、穂先の登りは登山者が多くて、渋滞がすごいそうです。

モルゲンロートとっても素敵ですね!
頑張って登ってきたご褒美?ですね!

ピテカン&カッパ | URL | 2014/07/08 (Tue) 23:03 [編集]


        やまぶどうさま

 こんにちは!
この時期に高山へ登るのは初めての事でしたが、何より人が少ないのに
感動しました。 何だか癖になりそうな感じです。

やまぶどうさんはお花探しが上手ですので、その気になれば色々見つけ
られるでしょうね。
でも身近なところでも、まだまだ見られていないものもあるのでは?
と思いますので、やまぶどうさんに期待大!!なのです。

 槍の穂先は我々だけなので、上下両方のはしごを使わせて戴きました。
そうそう、やまちゃんも快晴の槍ケ岳でしたね。 
もう行く事は無いだろうと思っていた山に40年振り・・・良かったです。

キレンゲショウマ | URL | 2014/07/10 (Thu) 10:24 [編集]


       俄歩人さま

 賑わう山が苦手な私にとって槍ケ岳はもう行く事はないだろうと思って
いました。 いざ行ってみると、この時期の快適な事! 
お陰で静かな山を仲間と共に楽しむ事が出来ました。

東鎌尾根に飛び出した時は、周囲の景色と共に、懐かしい山仲間との
思いもフツフツと湧いて来ました。 ひとり欠けてしまってはいますが・・・

雪渓も結構楽しく、いい具合の残り方だったかなあ・・・と思っています。
色白の方は赤くなって白に戻りますが、色黒なので赤くなったらそのまま
黒に沈着する所が悩みですが、それ以上に山はいいものですね。
年中真っ黒で山の中を徘徊をしています。
 

キレンゲショウマ | URL | 2014/07/10 (Thu) 10:35 [編集]


       アキラッチさま

 この時期の槍ケ岳はいいですね。
梅雨と言う事で覚悟して、着替えも多めにツエルト持参と装備もわりと
きっちりしていたのですが、結果的にはただの荷物になってしまいました。 
でも、準備はしておかないと後悔してしまいますものね。

団子になる軽アイゼンの代わりに用意した新しい軽アイゼンとピッケルは
大いに役立ってくれました。

 今度ご一緒出来るのを楽しみにしています。 
見頃のお花にたくさん出会えるといいですね!

キレンゲショウマ | URL | 2014/07/10 (Thu) 10:42 [編集]


         ピテカン&カッパさま

 こんにちは!
相変わらずアクティブに活動されていますね。
北海道でのお花との出会い、とても素晴らしかったですね。

 今まで賑やかな山を避けて来ていたのですが、山も時期を選べば
(今回は梅雨でも天候に恵まれましたが・・)静かにゆったりと楽しめる
のですね。 ちょっと嵌ってしまいそうです。

 雪渓はアイゼンも良く効いて多めですが、いい状態でした。
ホンの僅かのモルゲンロートでしたが、ゆったりと素敵な朝が迎えられました。
花もいいけどやっぱり山もいいですね! 

キレンゲショウマ | URL | 2014/07/10 (Thu) 10:51 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)