お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富士山を目指すも・・・・・

       6日、Tさんと、台湾からのお仲間たちで、富士山を目指しました。
   心配した天気ですが、御殿場を出発し、水ケ塚近くまで来るとくっきりとした
     富士山が顔を見せてくれました。  ( これは幸先がいいぞ・・・  )

   DSC03460.jpg  DSC03458.jpg
                        水  ケ  塚  に  て

     5合目までやって来ました。 少しだけ紅葉が始まっているようです。
  見上げると、頂上がくっきりと見えています。 何だかすぐに登れそうですが・・・・・
     標高差は、3776m-2400m=1376m  すぐには・・・無理ですね! 

  DSC03466.jpg  DSC03464.jpg
     五合目雲海                  五合目から頂上

          雲海の中から愛鷹の山々が少し顔を覗かせています。 
                目を移すと・・・南アルプス方面も・・・
    9時から富士山登山の協力金の手続きが始まります。 (う~ん、9時かあ・・・・・)
   もう殆どの人は登ってるんじゃないかなあ?・・・ Tさんがまとめて手続きをして
          下さいました。 バッチと小冊子を戴いて、出発です。

  DSC03467.jpg  DSC03469.jpg
          五 合 目 か ら 愛 鷹 の 峰           登山協力金

      充分体の慣らしは終えたので、まずは本日のコース確認から・・・・・
 6合目から宝永山の尾根線に出て、御殿場コースで赤岩八合館で宿泊です。 
     いわゆる皇太子さまが歩かれた・・・プリンスルートを行きます。              

  DSC03473_20140916205821f05.jpg  DSC03477.jpg
     コース確認                オ  ン  タ  デ

    富士山のこの辺りの植物は、風雨に耐えたこんな樹木が多く見られます。
  オンタデ・ヒメシャジン・タイツリオウギ・イワオウギ・・・・・咲き残りのお花も少々。

  DSC03479.jpg  DSC03478.jpg
                カラマツ                       ヒメシャジン

   6合目の小屋の前を抜け、宝永山へ向かいます。 目の前にはスッキリとした
         姿の宝永山が!  十二薬師や第二火口も見えます。

  DSC03482.jpg  DSC03486_20140916225028fcc.jpg
   六合目から宝永方面へ              第1火口と宝永山

                  少~し、植物も色づき始めたようです。 

  DSC03488_201409162250273a3.jpg  DSC03487.jpg
           十 二 薬 師 (岩脈)                   第2火口

      歩き辛い斜面をゆっくりと登って行きます。 時折り休憩をとりながら・・・
             目の前に広がる十二薬師の姿にほれぼれ・・・
  
  DSC03500_20140916225314e1a.jpg  DSC03507_20140916225313f5d.jpg

      お昼を終え、登り始めるとガスが出て来ました。 更に登ります。

  DSC03527_20140919001012008.jpg  DSC03521.jpg

    順調に登って行きます。 足元のオンタデも美しく紅葉して力をくれます。

  DSC03541.jpg  DSC03553.jpg
                              メ イ ゲ ツ ソ ウ

            小屋も近づいて来ました。 あとひと頑張りです。
       ガスも切れ、刻々と変わって行く雲の姿もなかなかのものです。

  DSC03565.jpg  DSC03561_20140919001527519.jpg

                                    
        どうにか全員無事に2時過ぎには到着する事が出来ました。
                お茶を戴きながら体を休めます。

  DSC03570.jpg  DSC03572.jpg

        外にでるとこんな雲が・・・・・ 明日がちょっと心配です。

 DSC03579.jpg

     夜中、目覚めると・・・・・ 雨の音。 大丈夫かな?・・・・・
              そして次に目覚めると、風の音。   さらに、雨と風・・・・・ 

                 ・・・・・ 翌朝 ・・・・・ 

       風雨の中の登頂は諦め、リーダーの判断で下山する事になりました。
     やはり頂上は風も強いらしく、途中で引き返すパーティーもあったようです。

  出発の準備をしていると、若い男性が下りて来られ、わ~っと盛り上がっています。 
   どうやら米国に留学されている今回のメンバーご夫妻の息子さんが、ご両親を
     ビックリさせる為に、昨日の内に頂上の小屋へ入られていたそうで、
 帰りは賑やかに一人増えての下山となりました。 とても爽やかな好青年でした。
     
  DSC03582.jpg  DSC03598.jpg

     雨のため、カメラは殆どしまいっぱなしでしたが、無事に5合目に到着。
      御殿場でお別れをし、今回同行して下さったSさんと共に帰ります。

  DSC03600.jpg  DSC03605.jpg

   せっかく富士山登頂を目指したのですが、あと一息で到達できず残念でした。
     でも安全が第1です。 またの機会に富士山を訪ねて欲しいものです。

      皆さんお疲れさまでした。  そして、ありがとうございました。 



 

| 山歩き・歩き | 2014-09-17 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

こんにちは、天気が悪く残念でしたね。
一人でしたら、宿泊しなくても、そのまま行って帰れたのでは・・・
週末は初冠雪になりそうですね、静けさも戻り
私もそろそろと思っています。
何とか秋晴れが、休みの日に巡ってくれるといいのですが・・・

| サクラスミレ | 2014/09/19 13:18 | URL | ≫ EDIT

         サクラスミレさま

 せっかく台湾からいらした方たちには是非、頂上に立って戴きたかったの
ですが、あの天気では人数がいる分、危険があり無理でした。
またいらっしゃるようなことを仰っていましたので、次回の天気に
期待したいです。 

 考えれば今年は一度も登っていなかったので、天気のいい連休の混雑を避けて・・・と17日に登って来ましたが、まだまだ頂上を目指す人が多いですね。
トイレ問題の解決が急がれます。10日程でだいぶ紅葉が進んでいましたよ。
清々しい秋空の元、歩けるといいですね!

 シュスランの群生地凄いですね。
自然豊かな場所はず~っと残っていって欲しいものですね。
コメント、ありがとうございました。

| キレンゲショウマ | 2014/09/19 19:45 | URL |

謝謝!

本当にありがとうございました。

あの天気、無理して登れた人もいるでしょうが、無理は禁物ですものね! 全員、無事下山、Sさん、そして、キレンゲショウマ様には、なんてお礼を言えばよいのか!

皆様も、大感謝です。 台湾への遠征を望む声が日増しに高まっています。 是非、来年には実現を!
有難うございました!

| akirachi | 2014/09/20 05:22 | URL |

           akirachiさま

 こんばんは!
先日はお疲れさまでした。 akirachi さまの民間外交官?ぶりとリーダー
ぶりにはいつも感心させられています。
頂上断念は少し残念だったものの、風雨にはどうにも勝てません。
気の利かぬ同行者で申し訳ありませんでした。
Sさんには本当にお世話になり、ご一緒していただいてホントに良かったです。
お仲間も皆さん気持ちのいい方ばかりですね。 
今頃になって英語をまともにやっておけば・・・と痛感しております。

台湾の山、いいですね! またその内・・・・・
よろしくお願い致します。

| キレンゲショウマ | 2014/09/20 23:55 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT