お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久しぶりに鋸岳・位牌岳へ

          昨年はとうとう鋸岳へ行く事無く、過ぎてしまいました。
 浮島から見るあのギザギザの姿も、我家の近くから眺める姿も・・心惹かれる山です。
天気も良さそう・・・もしかして見つけられるかもわからないお花を心に秘め?出発!

 お気に入りのコース、山神社から割石峠へ抜けて、鋸岳~位牌岳~前岳~山神社を
       歩きます。 時間があれば、袴腰岳まで足を伸ばす事にします。
7時20分頃鈴を鳴らして出発しました。 小鳥のさえずりを楽しみながら目はキョロキョロ。
  その時、少し前の林道をリスが横切っていきました。 あっと言う間の出来事です。

 スギ林の中で白いキノコが目に入りました。 近づいてみると・・・スギヒラタケかな?
        とても綺麗なキノコでした。 今では毒キノコの仲間入り・・・

  DSC05188.jpg  DSC05190.jpg
    山神社(右は黒岳へ、まっすぐは割石峠)             スギヒラタケ

  沢を渡り、また渡り返しながら歩くコースですが、途中はササ藪に覆われています。
沢を渡って、両側にササ藪を控えた場所に来ると、上から何か唸り声が聞こえて来ました。
 一瞬、心が凍ってしまった感じがしました。 猪の威嚇の声ではありませんでした。
   猪は乾いた感じの 「ふ~・ふ~」 ですが、それより重みのある唸り声・・・
(熊かなあ?・・) 5~6回 「 う~っ、う~っ」 と声を発した後、鈴を鳴らし続けていると

         やがて声はしなくなりました。 ふ~っ・・・ 

(どうしよう?・・・) 少し考えましたが、やっぱりこのコースを登りたい、それに10m程は
     離れていたと思うし、少し右寄りのし山側だったので、このまま行こう・・・

  DSC05200.jpg  DSC05192.jpg
     シ カ の 骨                案 内 板

 帰りはもう少し手前に下りてくるので多分、大丈夫。 暫くは耳を澄ませ登ります。
  この山には多い、フォッサマグナ要素の植物タテヤマギクも咲いています。

  DSC05202.jpg  DSC05203.jpg
             タ テ ヤ マ ギ ク                大 杉

  湿気の多い谷沿いなので、イワタバコの葉っぱがアッチコッチの岩にびっしりと
  ついています。 小さい葉が多いのでお花は余りつかなかった感じです。

  DSC05209.jpg  DSC05204.jpg
    ホソエノアザミ               イ  ワ  タ  バ  コ 

  この日は、何と言ってもこのキノコとの出会いが多くありました。 ツキヨタケです。
つい先日、道の駅で売られていたもので食中毒が起きたと言う話を聞いたばかりです。 
根元を割くと黒いしみが見えるのが特徴だそうです。 ヒラタケに似ているので事故の
   多いキノコのようです。 ブナの枯木5~6本にビッシリと付いていました。    
     
  DSC05206.jpg  DSC05205.jpg
                      ツ  キ  ヨ  タ  ケ

  毒繋がりの・・・こちらはトリカブトです。 まだ咲き始めが多いのですが、たくさんの
トリカブトが目を楽しませてくれました。 この紫色は、鮮やかでとても綺麗なお花です。

  DSC05260.jpg  DSC05221.jpg
                ト  リ  カ  ブ  ト  の  仲  間

          イヌヤマハッカも群生していて丁度見頃の状態でした。
          ダイモンジソウもこの辺りでは今が丁度いいようです。

  DSC05234.jpg  DSC05251.jpg
          イ  ヌ  ヤ  マ  ハ  ッ  カ           ダイモンジソウ

  アキノキリンソウやトモエシオガマ・・・・・鋸へ入る前の緊張を少し和らげて
                    くれるお花たちです。

  DSC05278.jpg  DSC05255_20140926001120d43.jpg
     アキノキリンソウ                ト モ エ シ オ ガ マ

  背丈の小さいお花が多いです。 薄紫のキク科のお花がとても綺麗です。
白花もあるのですが・・・ これはハコネギクでしょうか? 少し触ればよかった・・・
               ハコネギクなら少し粘るようです。
 アレ?こんな所にハコネクサアジサイ?と思ったら・・・シモツケソウでした。
              それにしても小さいサイズですねえ~・・・

  DSC05279.jpg  DSC05272.jpg
           ハ コ ネ ギ ク ?                 シモツケソウ

        フウロソウの咲き残りも少し見られます。 いい状態の所へは・・・・・
                  怖くて近寄れません。 慎重に・・・・・
      いよいよ目の前に鋸、そしてその奥に位牌岳が見えて来ました。
少し手前で男性の方と出会いました。 越前岳から蓬莱山までのピストンだそうです。

  DSC05258_20140926001211b8e.jpg  DSC05274.jpg
    フウロの仲間                鋸 岳 の 山 並 & 位 牌 岳

    ホツツジも咲いていましたが、ちょっと遠い・・・ その内また見られるでしょう。
           ヤハズハハコは目の前に沢山咲いていました。

  DSC05288.jpg  DSC05283.jpg
           ミ ヤ マ ホ ツ ツ ジ ?             ヤハズハハコ

    両手両足を使いながら、ザイルや鎖に助けられ、核心部を過ぎていきます。
             少し安定すると、やはりお花が気になります。

  DSC05309_20140926001906554.jpg  DSC05305.jpg
           ザ  イ  ル  や  鎖  を  借  り  な  が  ら  ・・・

       お花を楽しみつつ、何度か緊張感を伴いながら第1関門通過です。

  DSC05313.jpg  DSC05311.jpg
            ホ  ト  ト  ギ  ス             足元は狭い、下は崖

   位牌岳までにはもう1ケ所、注意しなければいけない場所があるのですが、
     暫くはノンビリ歩きです。 センブリも少し蕾が膨らみかけています。
     この高度にあるナツトウダイは平地のそれとは少し違って見えます。
      八ケ岳でもあとどこかで、もう1ケ所このタイプを見かけました。

  DSC05323.jpg  DSC05330.jpg
      センブリ                  ナ ツ ト ウ ダ イ

         越前岳に隠れるように、そっと富士山が顔を出しました。
             ヤハズヒゴタイも咲き始めていました。

  DSC05343.jpg  DSC05329.jpg
          越 前 岳 と 富 士 山               ヤハズヒゴタイ?

  ここでは富士山と同じように、ミヤマシャジン・ヒメシャジンの両方が見られます。
  ヒメ・・・も写したと思ったのですが、ブレブレです。 ただ、サイズがみな小さい。
       フクオウソウもたった1本だけ・・・登山道に咲いていました。 
 
  DSC05360.jpg  DSC05357_2014092600282537e.jpg
    ミヤマシャジン                 フ ク オ ウ ソ ウ 

  この特徴的な石まで来て、少しひと休み。 ガサガサ・・・と音がします。
一瞬緊張しましたが、相手の方もびくっと下がりました。 (怖くないのにねえ・・・) 
越前岳へ登り、鋸岳を越えて来たけれど、もう引き返すのは嫌なので、先に進むとの事。 
         大丈夫でしょうか? 最後の林道歩きも大変だし・・・・・                

  DSC05367.jpg  DSC05365.jpg
          シ  モ  ツ  ケ  ソ  ウ         特徴的な岩

 黄色い小さな粒々。 キノコかなあ? 少し触るとどろ~っと融けた感じになります。
    これは変形菌のようです。 赤いもの・カビ様に見えるものもあります。
                   同じ仲間なのかなあ?・・・

 途中、位牌岳から下って来た方にお会いしました。 すぐ先の北沢を下りて山神社
に戻られるようです。 私もこのコースを歩きたいと思いつつ、そのままになっています。

  DSC05405.jpg  DSC05369.jpg
     変形菌?                      メ   ギ

 位牌岳まで来ると、沼津方面から入られた3名の方に出会いました。 ここで昼食です。
            先程の男性も前岳方面へ向かわれたようです。
   天気も安定し、時間もあるので袴腰方面へ向かいます。 岩にもダイモンジソウが
   咲いていたのですが、尾根では、着生しているダイモンジソウが圧倒的でした。
          まるで大都会のような混みようのダイモンジソウです。

  DSC05441.jpg  DSC05425.jpg
                   ダ  イ  モ  ン  ジ  ソ  ウ

   つるべ落としの分岐辺りへ来ると、ホッとさせるようなブナの林が見られます。
           巨木につられ、ブナの広場を少し楽しむ事にしました。
    いいですねえ~・・・ もっと時間があれば、お昼寝でも楽しみたい所です。

  DSC05433.jpg  DSC05458.jpg
   ヤマホタルブクロ                  ブ  ナ  の  森

       時折り、今辿って来た鋸岳の展望を楽しみつつ、更に進みます。
 次の分岐まで進み、更に足を伸ばしますが・・・・・ あとの行動を考えると、あまり
無理は出来ません。 もうすぐ袴腰岳へ着く筈ですが・・・・・ 引き返す事にしました。

  DSC05462.jpg  DSC05464.jpg
           鋸岳・越前岳・位牌岳の山並              ナナカマド

         少し急ぎ足で休むことなく、位牌岳へ戻って来ました。
              喉を潤し、これから前岳へ向かいます。

  DSC05474.jpg  DSC05499.jpg
                                位牌岳山頂

    途中、お花を楽しみながら順調に前岳到着。 ここからは急降下です。
またまた、今度は若いお兄さんにお会いしました。 ここを登り返し、水神さんへ
     戻られるようです。 この登り、とても大変そうです。 

             4時20分頃に無事駐車場に到着しました。
             両手両足使って・・・・・明日は筋肉痛かな?

  DSC05525.jpg  DSC05513.jpg
             ツルアリドウシ                    ハンカイシオガマ  

              心配したほどではなくて・・・・・ヤレヤレです。 

     それにしても、この山で平日こんなに人に逢うのは初めての事でした。  

  そうそう、出会いたかったお花には出逢えませんでした。 縁があればその内・・・・・



| 富士山&周辺の山歩き | 2014-09-25 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。。。

いつも興味深く読ませて頂いています。
近場専門となった今では、単独で越前周辺は良く歩きますが、
鋸は単独で行かれたのですか。。
鋸はさすがに一人では行けませんので、女性で単独?と驚きました。
それに熊らしき物の気配もあったようで、これからの季節、紅葉見がてら歩こうか・・という思いに少々ブレーキがかかりました。
最近熊の警告板も依然より多く見受けられるような気がします。
又山野草にかなりお詳しいですね。
植物画を描いていますので、大変勉強になります。

| あおい | 2014/10/23 10:29 | URL |

         あおいさま

 こちらこそ・・・初めまして! と言うか、私もちょくちょくとブログを楽し
ませて戴いていました。 嬉しいコメントをありがとうございました。
あおいさんは、とても素敵なボタニカルアートを描かれているのですね。 
キノコにもお詳しそうで・・・凄いです!

 愛鷹の山々はいいですよね。
あの鋸の姿を目にするとワクワクドキドキして来ます。 
山の案内をされていた仲間に初めて連れて行って戴き、もう堪らずちょくちょく
出掛けています。
一人気ままに行くのが好きですが、別に人嫌いでも無く、気の合う仲間とも
歩きます。

 今年は近隣で3件の熊情報がありました。 
私の聞いた唸り声もそうなのかどうか?
引き返す事も考えたのですが、離れた様子だったので進んでしまいました。

 野の花を楽しむのは大好きです。
コメントを戴き、読み返していて名前の間違いに気付きました。
ありがとうございました。 こんないい加減なブログですが、今後とも
どうぞよろしくお願い致します。





 

| キレンゲショウマ | 2014/10/24 02:28 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT