お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

薩埵峠(さったとうげ)を歩く  その1

         7日、今年も計画してくれました 「さった峠を歩く会」 !
興津駅から、歌川広重「東海道五拾三次之内(由井・薩埵嶺)」で知られるさった峠を
 越え、由比駅まで歩きます。 今回は語呂のいい?老若男女55名の参加です。

 まずは駅近くの、「果樹研究所」 のプラタナスの並木を見学し、進みます。
ここでは色々な種類の柑橘類の研究がされ、翌日8日が年に1回の一般公開日です。
    この日はいい天気に恵まれたものの・・・8日は雨予報です。

ここで見られるプラタナスは東大のイチョウ、北大のポプラと並んで日本三大並木と
呼ばれているようです。 堂々とした枝ぶりは100年越えの古木で、大きな洞も
                    見られます。

  DSC09248_201502110112333bb.jpg  DSC09250.jpg
                プ  ラ  タ  ナ  ス  並  木

            街角には身延道入口の案内もあります。
        車に気を付けながら、街中を抜けて進んで行きます。

  DSC09256.jpg  DSC09259.jpg
         身延道案内板と石碑

          畑の隅には、アメリカフウロが花を咲かせています。
  足元にはこんなものが! さすが、サッカーの町清水のマンホールです。 
最近は地域性を感じるマンホールが多く、おまけにカラフルですので、楽しいネ! 

   DSC09258_20150211011320b8f.jpg  DSC09252_201502110112326a5.jpg
      アメリカフウロ                 消火栓マンホール

  リュックを背負った可愛い3歳のMちゃんもお兄ちゃんやパパ・ママと元気いっぱい!
           そんな姿をお地蔵さん達も応援してくれています。
  いつもの道とはちょっと違って、海岸近くからそのまま山に取り付く感じです。

  DSC09260_20150211011320422.jpg  DSC09263_2015021101131918d.jpg
    元気に歩くMちゃん&パパ・ママ

ひと登りすると、見慣れた風景が広がっていました。 そうか、ここで一緒になるんだね・・
          休憩をはさんで、いよいよ峠道を登って行きます。
                ここまでで、3キロ弱の道のりです。

  DSC09267.jpg  DSC09270_2015021101393358c.jpg
    駿河湾とみかん                   休憩地

 さて、いよいよ峠を目指します。 登り始めてすぐに、右手の斜面に綺麗な砂泥互層の
    地層を発見してくれました。 泥岩部分は風化が進み、少し凹んでいます。
こんなに立派なのに、今まで気付きませんでした。 大勢で歩くと発見があり、楽しい!

  DSC09272_2015021103425350a.jpg  DSC09273.jpg
            峠へ向かう山道                   堆積した地層

        山道では、陽の光を受け早春のお花が顔を見せてくれました。
 小さなロゼット状態からハルジオンが目覚め、キランソウやタチツボスミレも・・・・・
        秋の名残りのタンキリマメも低木に絡まっています。
          眼下には、キラキラと駿河湾が光っています。
    DSC09275_201502110342523b5.jpg    DSC09276_201502110342520b4.jpg    DSC09294.jpg
       ハルジオン          キランソウ            タチツボスミレ

        山道を抜けると、カンザクラが数本花をいっぱい咲かせていました。
            白梅は蕾、紅梅は色鮮やかな花を見せてくれます。

  DSC09293_20150211034422053.jpg  DSC09279_20150211034251623.jpg
        紅梅                       カンザクラ

 浮世絵の構図はこの辺りからなんでしょうか? 今は、東名高速が通っていますが・・・
             富士山も雲の間から顔を見せてくれました。

  DSC09290_201502110344234a1.jpg  DSC09289.jpg
              浮世絵の構図?                   さった峠

我家の近くでは、まだ限られた所でしか目にしないフラサバソウですが、この周辺では
               オオイヌノフグリより多く見られます。 

  DSC09314.jpg  DSC09312.jpg
     オオイヌノフグリ                    フラサバソウ

 ここはビワやミカンの産地です。 小さく実を付けたものに混じってこんなに大きく
成長したビワもありました。 もう少ししたら、袋かけの仕事が待っているようです。
   
    DSC09306.jpg    DSC09302_201502111056215d3.jpg    DSC09318.jpg
      トウカイタンポポ          スイセン              ビワ

            駐車場まで登った所で、早目の昼食を済ませます。

                   (その2へ続く)

           
  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)