お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

雨の中の散策 その1

      14日は雨のため、本年度初の平日観察会は延期になりました。
  せっかくおむすびを持ち、出発したのですからそのまま出掛ける事にしました。
    雨ばかりのこの春ですが・・・ちょっと下見をしておきたい所もあります。

 気持ちのいい河原で、石ころを手にとったり、地べたにぴったりと広がっている草たち
         に目をやったり・・・誰もいない静かな川辺です。

       嵐の日には、流れまいと必至で絶えているのでしょうか? 
  これ以上は低くなれないよ・・・という姿勢で砂の中に根を伸ばしています。
コハコベも同じような姿です。 ムシトリナデシコや何かな?・・マメ科のお花
                    も見られます。

  DSC07653.jpg  DSC07640_20150419231354a24.jpg
    カラスノエンドウ                    コマツヨイグサ

   江戸時代、オランダからガラス食器が割れないように・・と詰められて運ばれた
            と言うツメクサの仲間も河原を飾っています。                 

  DSC07647.jpg  DSC07646_20150419231353466.jpg
               シロツメクサ                   ムラサキツメクサ

    もう少し先まで行ってみよう・・・・・ ここは大分離れても富士山の裾野です。
      富士山からの溶岩によって出来た、柱状節理もなかなか立派です。
河原の石に注目すると・・・・・右手(上流)から左(下流)に向かって瓦を葺いたように石が
     並んでいます。これは水の流れによって石がコロコロと転がって出来たもの。
              覆瓦状構造(Imbrication)と言うんだそうです。

  DSC07651_20150419231444bc5.jpg  DSC07648_20150419231445cf8.jpg
     覆瓦状構造                      柱状節理
    
   さて、何箇所かチェックしなければ行けないのでそろそろ上がる事にします。
んっと・・・道が無い! こんなことはよくあること・・・ 少し濡れてしまいますが・・・
ミニ藪こぎです!  あっちはどうなってるかな? またまた外れて・・・やっと到着。

野原にはコメツブツメクサに混じって、少し大きな黄色いお花のクスダマツメクサが
      咲いていました。 キツネアザミもツンツン伸びて来ています。

  DSC07657.jpg  DSC07658.jpg
             キツネアザミ                    クスダマツメクサ

          マツバウンランもここ数年でグンと増えて来ました。
 アリアケスミレは、今年2回目。 開花した姿は1年振りです。 優しい色が好きです。

  DSC07659.jpg  DSC07662.jpg
    マツバウンラン                     アリアケスミレ

      見慣れない木がありました。 名盤を見ると・・・・・ ヒイラギモチ
  冬には赤く熟して美味しい、と書いてあります。 是非とも賞味したいものです。
      ヒノキの仲間、ネズミサシの棘は痛そうです。 

  DSC07664_20150419235235f31.jpg  DSC07671.jpg
                ヒイラギモチ                    ネズミサシ

                     さて、次は~・・・・・
  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)