お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富士山へ

 28日、現在台湾在住のTさんとお嬢さん、Tさんのサモア時代の仲間のYさんと4人で
      富士山へ向かいました。 この日の山頂の気温は、3℃との事です。
五合目から上は、殆ど決まった植物ばかりなのですが、ヤハズヒゴタイ・タイツリオウギ・
            イワオウギなどが目を楽しませてくれます。

  DSC09880_20150901012539873.jpg  DSC09885_20150901012538865.jpg
          富士宮口5合目登山口                  ヤハズヒゴタイ

        フジハタザオは花期が早いので、もう種子になっています。
 富士宮側では余り見られないと思っていたムラサキモメンヅルが多く見られたのは
      新しい発見でした。 他の山では余り見る事の無いお花です。

  DSC09888_2015090101253740c.jpg  DSC09902_20150901012535f1d.jpg
     フジハタザオ              ミヤマオトコヨモギ&ムラサキモメンヅル

 ミヤマヤナギ・カラマツ・ダケカンバなどが見られる五合目上部なのですが、厳しい
気象条件により、旗型樹形やテーブル状樹形と呼ばれる独特の雰囲気をした木々の
                     様子が見られます。

  タイツリオウギやイワオウギが隣り合わせて育っています。 お花は似ているの
             ですが、果実になると全く違って来ます。

  DSC09896_2015090101253645a.jpg  DSC09923_20150901014416f84.jpg
                旗型樹形                  タイツリオウギ&イワオウギ

 登山道沿いを一番賑わしているのがオンタデやメイゲツソウなど、イタドリの仲間です。
       ヤマホタルブクロも富士山のものは大きく、また綺麗です。

  DSC09906_2015090101441729e.jpg  DSC09907.jpg
   ヤマホタルブクロ                    メイゲツソウ

      六合目から七合目へ向かう途中で、鮮やかなピンクが目立ちます。
  もう何年も前から見られる光景ですが、これは何処からやって来たのでしょうね?
目にする度に、不思議な気持ちになります。 ヤマハハコも負けじと背をいっぱいに
         伸ばしていますが、こんなに大きくなるのですね! 

  DSC09925_20150901111113fd9.jpg  DSC09933_20150901111112f9b.jpg
                 ヤナギラン&ヤマハハコのお花畑

 イワツメクサも九合目辺りまで登って来ています。 植物の集まり・・「パッチ」 も
             広がり、随分緑が多くなりました。

  DSC09936_20150901111111cfb.jpg  DSC09941_201509011111101fe.jpg
     イワツメクサ                   もう少しで新七合目

 相変わらずガスが掛かったり、す~っと引いたりですが、雨に逢わないのが嬉しい。
           暑すぎず、寒すぎず・・・・・気持ちのいい登りです。   

  DSC09943_201509011111100a9.jpg  DSC09959_2015090111151979c.jpg
              宝永山をバックに・・・               元祖七合目

  元祖七合目から九合目に掛けて、火山弾が多く見られます。 矢印で道案内に
 使われていたり、石段に入っていたり・・・紡錘形のみならず、リボン状のものも
 見られます。 ゴロゴロの石の変化や、恐竜の背骨のような溶岩流の流れた跡を
        眺めながら足を進めると、知らぬ間に高度が上がっています。

  DSC09969_2015090111151813d.jpg  DSC09971_20150901111518d84.jpg
   酸化された石の風景             この辺りから火山弾が多い

八合目を過ぎると、大分登ったな・・・と感じます。 遠くに木のような緑色が見えました。
  カメラで捉えると、ミヤマヤナギのようです。 ここまで・・・木も登ったのか・・・と
 思っていたら、九合目の小屋直下でも溶岩の陰でミヤマヤナギが育っていました。
      上昇気流に乗って綿毛がここまで運ばれて来たのでしょうか?

  DSC09988_201509011115169f2.jpg  DSC09982_201509011115176a6.jpg
                 これは?                    ミヤマヤナギ

        九合五尺まで来ると、もう頂上はそこです。 ゆっくりと斜面を辿れば、
                      鳥居が迎えてくれます。

  DSC00012.jpg  DSC00017_20150901113011d86.jpg
    九合五尺の小屋                     もう一息・・・

 寝不足のお二人の体調に合わせ、ゆっくりと時間を掛けてリードして下さいましたので
    私も無理なく、景色を楽しみながらいいリズムで登る事が出来ました。
                   到着です! バンザ~イ!

  DSC00036_20150901113010ddb.jpg  DSC00039_20150901113010471.jpg
         いよいよ・・・                         浅間神社奥の院

    ここに荷物をデポし、空身でお鉢巡りをしてきます。 頂上直下も昨年より
       登りやすくなっていました。 程なく、最高地点に到着です。
   
  DSC00044_201509011131332c6.jpg  DSC00057_2015090111313290e.jpg
      火口                           測候所跡

          少しすると、元気のいい若者が登って来ました。 カッコいいよ~!                        

         DSC00068_20150901113132e7d.jpg
                神奈川からのイケメンお兄さんたち

        時計回りに火口を周回します。 昨年よりも緑が目立ちます。
 コタヌキランばかりかな?と思っていたら、イネ科のようですが、二種、どうやら
            別の種類のものが育っているようです。 

  DSC00078_20150901113131f8f.jpg  DSC00081_20150901113130348.jpg
       イネ科? & コタヌキラン                  別のイネ科植物

DSC00090_201509011406383c2.jpg
                         お鉢巡り・・・

                苔も元気に数種類は見られるでしょうか?

  DSC00101.jpg  DSC00110_2015090114063515d.jpg
                     苔も何種類か・・・

   頂上の小屋はもう閉まっています。 夜はきっと冷え込むでしょうね。

1時間ほどで一周し、御殿場口8合目で他の台湾のメンバーと合流、宿泊される3人に
             別れを告げ、5時過ぎに下り始めます。
(翌日は、子供たちと富士山の帰化種調査で500m・1200m・1600m・2400mの
         5合目を訪ねるので、私は帰らねばなりません) 
 
               明るい内に着けるかな?

          DSC00126_20150901140635e5e.jpg
                        下り始めます

    満月でしょうか? いつの間にか、まん丸お月さまが昇って来ました。
 時折足を止めては、景色を楽しみます。 小学生の子供が登頂し、満足そうに
       休んでいるのに出逢い、声を掛けて先を急ぎます。

          DSC00147_201509011408051ea.jpg
                     宝永山を目にしつつ下ります

              気をつけながら、トントン・・・・・タッタッタ・・・・・

 6時33分、1時間半で5合目に到着です。 暗くなる前ギリギリに下りられました。

           明日、皆さんご来光が拝めるといいのですが・・・・・

  

| 山歩き・歩き | 2015-09-01 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT