お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

釈迦ケ岳の秋

  12日、余りにいい天気なので、少し遅い時間ですが何処かを歩いて来よう・・・と
出掛けました。 いくつか候補を考えていたものの、最終的に釈迦ケ岳から初冠雪
        の富士山を眺めようと想いえがきながら車を走らせます。

この時期歩いていないので、もしかすると、ツルギキョウあるいはホソバノツルリンドウ
      に出逢えないかなあ?・・・・・などと、淡い期待を描きながら。

  アッ、そうそう、雪虫に出逢ってから4日目の11日、富士山は初冠雪でした。
「緑と花の百花展」 終了後、フト顔を上げると、うっすらと富士山に掛かった白いものが
 見えました。 雪虫を見ると1週間に雪が降ると言う説!今年も当たりでした!! 

  DSC08506_20151013004724ad7.jpg  DSC08514_20151013004723820.jpg
               初冠雪の富士山                  カワミドリ

   今年、まだ見ていなかったカワミドリの様子を見たり、木の実を拾ったり・・・・・
    カワミドリは当然のことながら終わっていて、僅かに残り花がホンの少々。
          でも、この姿ではカワミドリとは思えないですよね?

           DSC08516_20151013004723ba9.jpg
                    咲き残りのカワミドリ

 車を走らせていると、ノコンギクやヤクシソウの賑やかな株が目に入りました。
下りて歩いていると、紫色のお花もあります。 ナンテンハギかな?と思ったら、
葉っぱが多い! 帰ってから調べようと思ったのですが・・・・・ヨツバハギしか思い
       当たりません。 でもちょっと違う気もするし・・・  

  DSC08521.jpg  DSC08522.jpg
                   ヨ ツ バ ハ ギ ? ?

               アキノゲシやトリカブトなども咲いています。

  DSC08524.jpg  DSC08529.jpg
           アキノゲシ              ヤマトリカブト?

 現在、スズランの里駐車場手前で工事が行われているようですが、この日は休日
なので通行可能でした。 ここに車を止め、少し進むと釈迦ケ岳への登山道があります。
  30分掛からずに、ドンベイ峠から釈迦ケ岳への尾根に出ますので、ここから
登ります。 ここではミズナラが豊作のようで、ヤマグリと共にたくさん落ちています。

  DSC08530_20151013004758db0.jpg  DSC08537.jpg
                  リ ョ ウ ブ の 紅 葉

 紅葉はまったく期待しなくて出掛けたのですが、少しづつ紅葉が始まっていて、嬉しくて
ルンルン気分で足も軽いです。 リョウブやカエデの仲間の紅葉に目を移すうちに尾根に
       出ました。 少々のアップダウンを繰り返し、ピークを目指します。

  DSC08539_20151013010323092.jpg  DSC08547.jpg

   オオイタヤメイゲツ・イタヤカエデ・ウリハダカエデ・ウリカエデ・ミネカエデなど
          カエデの仲間、ミズナラなどが色づいて来ました。

  DSC08560.jpg  DSC08557_201510130103211ca.jpg

                 キノコもちょっぴり顔を見せてくれました。

  DSC08562_20151013215617784.jpg  DSC08548.jpg

  赤い実を付けたのは・・・オトコヨウゾメのようです。 葉っぱに特徴があります。
     ずっとまえにN先生に教えて戴き、その時の言葉が記憶に残ります。

  DSC08568_201510132156154a4.jpg  DSC08572.jpg
   オクモミジハグマ                  オトコヨウゾメ

  気持ちのいい尾根歩きを続けながら、周囲や上に目をやると・・・いいですねえ。 
       細かい鋸歯を持ったフジザクラもこんないい色に変身するのですね?

  DSC08567.jpg  DSC08566_20151013215616944.jpg
             ウリハダカエデ                    フジザクラ 

 木々の間から、釈迦ケ岳の姿が見えてきました。 そろそろツクバネが出てくるかも?
            と更に目を大きくして観察しながら進みます。  
          木は多いのですが、実が全く見つかりません。                 

  DSC08576.jpg  DSC08573.jpg

 雪を被った富士山が青空に浮かび上がっています。 頂上へ・・・と気が急きます。

  DSC08577.jpg  DSC08601_20151013224838e37.jpg

    花は終わってしまっていますが、咲き残りの花が目を楽しませてくれます。

DSC08603.jpg DSC08607_20151013225350c19.jpg
        アキノキリンソウ                  ヤハズハハコ?

DSC08610_20151013225349353.jpg

休日なのでもう少し人に逢うかな? と思ったのですが、途中で出逢ったのは3組5名。
      頂上へ着きました。 眼下には紅葉の始まりが広がっています。
         富士山をバックにいつものお地蔵さまが立っていました。

1組の方が下って行かれ、可愛い21歳どうしのカップルさんと3人で頂上を楽しみます。
       さて、この後どうしよう? まだこの先を下った事はありません。
    下りてから車道歩きになりますが、今日はここを反対側に下る事にします。

  DSC08617.jpg  DSC08616.jpg

             ミズナラやツツジの仲間も色づいて来ました。
          頂上には、新しい山名のポールが設置されていました。

  DSC08624.jpg  DSC08620.jpg

           下りながらも時折足を休め、富士山を楽しみます。
 あっ、やっとツクバネを見つけました。 前にも後にも目についたのはこの1つだけ。

  DSC08623_20151013225910049.jpg  DSC08628.jpg
                                  ツクバネ

  いつも高い所にあり、なかなか目にする事が無いのですが・・・小さなツガが
実を付けていました。 それも目線で! 果柄が曲がっているので、コメツガでは
         なく、標高の低い所で見られるツガのようです。

  DSC08650.jpg  DSC08660_20151013235401375.jpg
                   ツガ

   この実は、ガガイモの仲間です。 今はキョウチクトウ科とされていますが・・・
 多分、クサタチバナと思われますが・・・・・ 周辺にいくつか残っていますので、
       機会があれば・・・お花の時期に訪ねてみたい所です。

ガマズミの仲間もいくつかあるようです。 今回初めて目にしたのは、「オオミヤマ
ガマズミ」 帰宅後調べて、実の付き方や、葉っぱで判断したのですが・・・多分!

  DSC08676_20151013235401b86.jpg  DSC08688.jpg
    クサタチバナ?                    オオミヤマガマズミ

   カエデの仲間も難しい。 でも少し小さな枝ごと戴いて、図鑑とにらめっこ!
ちゃんと調べると、似ていても違いが見えてきます。 すぐに忘れてしまいそうですが

 よく目にするのはミヤマガマズミです。 口に入れると・・・ちょっと酸っぱい!
      オオミヤマガマズミとの違いがわかりました。 今だけは・・・

  DSC08709_20151013235737d89.jpg  DSC08770_20151013235734897.jpg
              ウリカエデ                     ミヤマガマズミ

    ヤマグリを少し収穫した後、山から下りて道ばた観察をしながら駐車場へ
   向かいます。 ダンコウバイはまだ色づいていませんが、実を付けていました。

 黄色い実を付けたのは、ズミのようですが黄色いのでキミズミと呼ばれるそうです。
       う~ん、ヤッパリたまにはちゃんと図鑑で調べなければ・・・

  DSC08692.jpg  DSC08726_20151013235735c9d.jpg
     ダンコウバイ                   キミズミ

   富士山南麓では余り目にしないヤマガシュウですが、この辺りではたくさん見られ
            ました。 立派な実をたくさん付けています。 

春には道ばたでイケマをたくさん見ています。 歩いていると、大きな葉っぱが残って
いました。 独特の実を付けています。 実が弾けて風に乗って飛ぶ姿を見てみたい・・・

  DSC08767_201510132357345ff.jpg  DSC08771_2015101400124077a.jpg
              ヤマガシュウ                     イケマ

  ノコンギクやヤクシソウに並び、リュウノウギクも綺麗な花を咲かせていました。
  目を向かい側に移すと、針葉樹に混じり、所々色づいた葉っぱが目に優しい。

  DSC08777_201510140012394ec.jpg  DSC08765_20151014001240c76.jpg
        リュウノウギク

   夕方近くなったので、新道峠へ移動し、暮れゆく富士を眺めてから帰ります。
  こんな時間に車が数台止めていました。 みんな富士山の撮影の人のようです。

  DSC08791.jpg  DSC08794_201510140016253ae.jpg
                    第1展望台?からの富士山
        
     富士山はゆったりと、赤色に染まりやがて色を落として行きました。

                        さあ、帰ろう!

        そうそう、期待したお花には出逢えませんでした。 残念~



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

良い景色ですね

お早うございます。
私が釈迦ヶ岳に上った時は、真夏でした。
暑いのと、上がり下がりがあって、とてもきつかった思い出があります。
クサタチバナの果実も懐かしいです。
直ぐには分からなかったのですが、葉を見てそうではないかと思い、図鑑で調べました。
山頂から先を下ったのですね。
スズランの里より少し手前の登山道へ降りるのかな?
流石、健脚ですね。

やまぶどう | URL | 2015/10/16 (Fri) 08:15 [編集]


No title

         やまぶどうさま

 こんばんは!
釈迦ケ岳の先が気になりながら、車回収を考えるとついついドンベイ
峠のピストンになります。 スズランの里駐車場からですと、短い車道
歩きなので、大丈夫ですよ。(釈迦ケ岳登山口の標識があります)

車道でも歩いてみるとなかなか面白いですね。
あの尾根をもう少し先まで歩いてみたいなあ・・・と思いながら帰宅
しました。

 寄り道ばかりで、登り始めがお昼近くになってしまったわりには
結構楽しめました。 御坂はクサタチバナが多いですね!

| URL | 2015/10/16 (Fri) 18:51 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)