お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富士山麓周辺の観察会

  13日は、ウィークデー観察会がありました。 この日は珍しく相方も参加です。
  今年は、西臼塚周辺を季節を変えて楽しもう・・・と言う事になっています。

   今回は、天照教から車道を東に移動し、林道を経由して山の村方面へ。
        その後、村山古道を通り、天照教に戻ってきます。

リンドウが花盛りでした。 道ばたに出ているので草刈りで刈られてしまいます。

  DSC08814_2015101623185045e.jpg  DSC08808.jpg
                 車道からの富士山                 リンドウ

 林道ではナギナタコウジュやセキヤノアキチョウジも咲いていますが、伸びる頃草刈り
       が入るようで、目につくのはチビちゃんばかりのお花たちです。

  DSC08823_20151016231848f67.jpg  DSC08824_20151016231848045.jpg
   ナギナタコウジュ                 セキヤノアキチョウジ

  シオデの実も、もう青黒く色づいています。 秋は実が楽しみですが、どんなものが
                     見られるでしょうか?

  DSC08825_20151016231954e61.jpg  DSC08833.jpg
                 シ オ デ                   アキノキリンソウ  

    ヒゴタイの仲間は難しい・・・・・ いつかじっくり取り組みたいものです。   

  DSC08835_20151016231952a97.jpg  DSC08828.jpg
    ヒゴタイの仲間                  ゲンノショウコ 

   サルトリイバラの実も赤く色づき、実付きのいいものがたくさん見られました。
そんな時、「これでお餅包むのよね・・・」 と、後ろから声が聞こえました。 すかさず 
     「お生まれは西の方ですか?」と聞くと、九州が出身だそうです。
 
四国も柏餅の代わりに、このサルトリイバラの葉を使います。 大きな葉っぱは1枚で
     おもちを包み、小さい葉っぱはおもちを挟んで2枚使います。 

 「ガメゲハモチ」って呼んでいたねえ・・・ え~っ? 私は単にダンゴとかおもちと
よんでいました。  面白いので調べてみると・・・九州では、それ以外に「ガメノ葉餅」 
           とか、「ガメギ餅」 とも呼ばれていたようです。 

            面白いねえ~ でもガメってどういう意味?     

  DSC08832_20151016231952f3e.jpg  DSC08851_20151016232403f4f.jpg
              サルトリイバラ                     キハダ

  羽状複葉の葉っぱをした木が立っていました。 「これは何かなあ?」 との声。
サワグルミ?それとも・・・ ? どうやらキハダのようです。 いつも大きな木を見ている
          ので、小さめの木の雰囲気がわかりませんでした。

  ゴマギの赤い実や、サワフタギの青い実に目を止め、ゆったりと歩きます。

  DSC08845_201510162324049d7.jpg  DSC08852.jpg
      ゴマギ                       サワフタギ 

  サルナシも軟らかく熟して来ました。 皆で試食します。 甘くて美味しい~・・・ 

  DSC08858_201510162324025f5.jpg  DSC08860_20151016232401714.jpg
                サルナシ                   サラシナショウマ

   花火のようで、とても綺麗なドライフラワーがあります。 何だろうね?
  シラネセンキュウかな~? と言う所で落ちつきましたが、合ってるかな?
  
  DSC08868_20151017054558d3b.jpg  DSC08864_20151017054557038.jpg
     シラネセンキュウ                    ウメモドキ

  薄ピンクのゲンノショウコに続き、濃い色のピンク色をしたゲンノショウコも
  花開いていました。 茎のザラザラしたアキノウナギツカミも咲いています。

  DSC08898_2015101706303407a.jpg  DSC08895_201510170555179f0.jpg
             ゲンノショウコ                    アキノウナギツカミ

   くっきりと残ったシカの足跡に、イノシシとの違いを語ってくれるK先生です。

  葉脈のしっかりした1枚葉は・・・・・チドリノキです。 これがカエデの仲間とは
信じがたい。 でも、ちゃんとプロペラ型の実が付いているので納得。 葉っぱも対生だ!

  DSC08915_201510170555165b8.jpg  DSC08883.jpg
      鹿の足跡                       チドリノキ

      キノコもポツポツと見られます。 これはアシボソノボリリュウタケ?                           

  DSC08892.jpg  DSC08937.jpg
        観察風景                      アシボソノボリリュウタケ?

  あっ、可愛いクチベニタケ! でもよく調べてみると・・・少し表面が赤っぽいので
ホオベニタケのようです。 ヌメヌメといかにも美味しそうなのは・・・チャナメツムタケ!      

  DSC08932_2015101705563430d.jpg  DSC08929_2015101705563471b.jpg
     ホオベニタケ                   チャナムツムタケ

      クサギもいつの間にか可愛い実が見られるようになって来ました。
        モミの仲間の林に顔を出すアカモミタケも・・・こんにちは!

  DSC08920.jpg  DSC08943_2015101705572036b.jpg
                  クサギ                    アカモミタケ 

   村山古道の沢では、なかなか見事な縄状溶岩が2~3ケ所で見られました。
         これはその上部にある西臼塚の溶岩流ようです。 

         DSC08947_20151017055719f29.jpg
                        縄状溶岩

 色々なものに出逢いながらいい天気の元、ゆったりと気持ちよく散策出来ました。

    ほぼ予定通り、3時頃出発地点に帰って来ました。  お疲れさまでした!



| 観察会 | 2015-10-16 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT