お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

懐かしい瑞牆山を歩く  その1

   相方が珍しく 「山へ行くか~」 と言いだしたので、即決!
行き先は? かねてから子供たちが小学校の頃登った瑞牆山(みずがきやま)へ
    行きたいと思っていたので、14日は花崗岩の岩山を目指す事にした。

夜中、車で走っていると・・・・・ライトに大慌てしているテンかオコジョらしき白っぽい
動物、更に茶系のもの、ライトで目がきらりと光った不明種・・・と3頭が立て続けに
        出て来た。 まるでミニミニ・・ナイトサファリじゃないですか!

         無料の駐車場も整備され、全く様子が変わっていました。

  DSC08952.jpg  DSC08960_20151021023632a85.jpg
        みずがき山荘上部の駐車場                マムシグサの仲間

       緩やかな登りから始まり、少~しづつ高度を上げて行きます。
いつもながら相方はスロ~ペースです。 長年のタバコとの仲良しで肺気腫になり
少し歩くとゼエゼエ、ハーハーしてしまいます。 でも歩く事はイイらしいのでゆっくり
     と。 「自分のペースで行くから先行っていいよ」 といつものセリフ

  DSC08964_20151021023632bc8.jpg  DSC08953_201510210236339e8.jpg
                              紅葉が始まっています

   「それではお先に~」 と、一人登って行きます。 平日ながら、登山者はそこそこ
                 います。 いいお山ですからネ!
              里宮神社をちょっと見してから進みます。

          DSC08975_201510210236319e7.jpg
                       里宮神社

        尾根に出ると、懐かしいあの岩山が目の前にど~~~ん!
  でもでも・・・木々が大きくなりすぎて以前のような展望は得られません。 

          DSC08980_20151021024357ebc.jpg

 28年前はこんな風でした。 今は、木々の隙間から望めるのみで・・・ちょっと寂しい。
   今では・・・後列左は2児のパパ、隣は3児のママ、前列末っ子は新婚さん
          懐かしい写真です。 チビ達の山歩きはこちら ←

          img010.jpg

        水場があるのでちょっと寄り道をして冷たい水を戴きます。

  DSC08991_20151021024356f53.jpg  DSC08990_2015102102435743a.jpg
              富士見平湧水

 50分ほどで富士見平小屋へ到着です。 小屋前の休憩所から富士山が望めます。
           相方に電話をし、少し休憩した後先へ進みます。

            樹木の間から時折顔を出す岩山を楽しみつつ
         たしか・・・ そうそう、一旦鞍部まで下がるんでしたっけ。

  DSC08995_20151021024355d62.jpg  DSC09006_20151021024952766.jpg
    富士見平小屋

       下った沢では、葉を落としたナナカマドが赤い実を付けていました。
     周囲にはいつの間にかシャクナゲの葉が多く目につくようになりました。

  DSC09019.jpg  DSC09018_20151021024952f84.jpg
             ナ ナ カ マ ド                     天鳥川

  パックリと大きく割れた桃太郎岩横の階段からいよいよ頂上目指して登ります。
     咲き残りのアキノキリンソウやジンジソウなどが元気づけてくれます。

  DSC09028_2015102102495015b.jpg  DSC09021_20151021024951754.jpg
     ジンジソウ                      桃太郎岩

  ここからずっと花崗岩の岩を登る事になります。 所々鎖などが付けられて
いますが、子供たちが登るには体のサイズからするとなかなか厄介な気がします。
   チビ達はどうやって登ったんだろう?・・・と思いながら歩を進めます。

  DSC09047_20151024211141d69.jpg  DSC09042_20151024211141114.jpg
                                      クサリ場

    暫く登り続けると、目の前上部に大きな岩がど~んと聳えていました。
       いよいよ頂上に近づいて来たようです。 更に登り続けます。

DSC09053_2015102421114092e.jpg DSC09067_20151024211139d5e.jpg

  時折下りの人と交差しながら、頂上直下の分岐までやって来ました。 あとひと息!
 シャクナゲ林を抜けだすと・・・展望の広がる頂上です。 雲を従えた富士山が目の前!

  DSC09072.jpg  DSC09077_20151024211654780.jpg
     直下の分岐                   ピークからの富士山

     ザックを下ろすのも忘れて周囲に目を移します。 いい景色です。
 天気も申し分ありません。 十数人の人達がそれぞれにピークを楽しんでいます。

  DSC09080.jpg  DSC09079_2015102421165302e.jpg
             カラマツ中心の紅葉

                     やっぱり山はいいなあ・・・・・

DSC09082_20151024211651b12.jpg
                   頂上からのパノラマ1

                いくら眺めても飽きる事はありません。 

DSC09083_20151024212320190.jpg
                   頂上からのパノラマ2

        ザックを下ろし・・・それでも目はしゅういの山々を追っています。
    奥の方の岩の上に腰を下ろし、休む事にしました。 眼下には大ヤスリ岩。

         DSC09106.jpg
                       大ヤスリ岩

   こちらの岩山も幾何学模様に岩の割れ目があり、なかなかの迫力です。
            下を覗き込むと・・・ちょっとゾクゾク 

 まだ11時過ぎですが、早目のお昼にします。 コーヒーを飲みながら相方を待ちます。
      1時間近くゆっくりしましたがまだ来ません。 さて、どうしよう?

         DSC09094.jpg
  
                    その2へ続きます。

    
  

| 山歩き・歩き | 2015-10-24 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT