お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

懐かしい瑞牆山を歩く  その2

 チビ達と歩いた事を思い出しながら1時間ほど頂上で過ごし、途中相方と連絡が取れ、
    帰りは芝生公園経由にしました。 みずがき山荘まで戻る時間も必要です。
      そろそろ出発しなければ・・・・・ もう1度景色を楽しみ、下り始めます。

  DSC09081_2015102502194882b.jpg  DSC09132.jpg
      頂上

 頂上直下の分岐を、来た道とは反対側に進みます。 岩の連続と違ってこちらは足に
     優しい。 少し湿気を帯びた林内は、苔や地衣類なども目立ちます。 
            少しですが、アスヒカズラも目に入りました。

  DSC09137_20151025021946e7c.jpg  DSC09130_20151025021947e1f.jpg
              アスヒカズラ

  登山道上に、大きな石がゴロゴロしていました。 それらには可愛いつっかえ棒が
 してあり、思わずニンマリ! それでは・・・と、自分で大石を止める事にしました??
                    怪力の持主です!

  DSC09155.jpg  DSC09148.jpg
                                  んっ ? ?

 コメツガが枝ごと落ちていました。 マツボックリがまっすぐ付いているのでコメツガです。
     標高の低い所で見られるツガは、マツボックリの付根が曲がっています。

  右に左に名前の付いた大きな岩を眺めつつ、足元も石の登山道を下りながら
 高度を下げて下げて行きます。 こちらのコースは人が少ないものの、3組ほどの
                  登山者とすれ違いました。

  DSC09159.jpg  DSC09174_20151025022206e3a.jpg
                コ メ ツ ガ                  夫 婦 岩

 やがて、楽しみにしていた不動の滝が現れました。 急な斜面を岩に沿うように
        とても優しく流れる滝です。 いいなあ・・・ 

  DSC09190.jpg  DSC09200_20151025041046ca9.jpg
                        不動の滝

   水の流れで窪んだ岩もしっかりとなめられて綺麗な曲線を描いています。
   紅葉も始まり、なかなかいい景色です。 暫くぼ~っとしてしまいました。

DSC09197_201510250410478af.jpg DSC09202_20151025041046ed1.jpg
                      不 動 の 滝

 足元に転がっている白い石は花崗岩です。 かけらの中を覗いてみると、白い長石と
   一緒に、水晶の結晶が見えました。 エメラルドは? まあ見える筈もなく・・・・・

  DSC09207_20151025041045a12.jpg  DSC09219_2015102504104462c.jpg
            花 崗 岩

    ホント、紅葉がよくなって来ました。 赤・黄・・・が目に優しく入ります。

  DSC09238_20151025041735988.jpg  DSC09251.jpg

                 フクオウソウも顔を見せてくれました。

  DSC09226.jpg  DSC09237_20151025041736939.jpg

     ひとりブラブラ・・・フラフラ・・・ しながら林道終点まで下りて来ました。
暫く林道を辿り、途中から芝生公園を目指します。 地図と標識の名前が違っていて
        どうしたものか・・・ちょっと悩んでしまいました。

  DSC09273_2015102504231556a.jpg  DSC09255_2015102504231660c.jpg

   何年か前に植林されたり、整備されたようで、遊歩道が何本も通っています。
               やがて・・・芝生広場に到着です。

      うわ~凄い! 芝生広場からはみずがき山の峰々が一望できます。

DSC09278_20151025042314dc4.jpg
                        芝生広場から・・・

  コーヒーを飲みながら山を眺めていると、頂上でも一緒だった4人の若者が今から
少しボルダリングをする・・・と、マット?を背に、岩へ向かっていました。 元気だねえ~・・

  DSC09284_201510250423146ea.jpg  DSC09286_20151025042313584.jpg
        ボルダリングに向かう若者               リュウノウギク

 ゆっくりした後は、みずがき山荘へ戻る事にします。 ヤマブドウやヤマボウシの実を
  味わいながら、車道を行きます。 大分戻った所で相方の車に拾って貰います。

   デ、・・・夕日のみずがき山を眺める為に、芝生広場へまた戻って来ました。

DSC09311.jpg

   同じ広場の向こうの方では、正座をして山を眺められている方もおりました。

                 刻々とくれて行く山々です。

          DSC09314_201510260119354bc.jpg

               振返ると・・・・・ もうすぐ陽が落ちて行きます。

          DSC09321_201510260119335c0.jpg

    増富温泉で汗を流し・・・帰宅です。 ここでもあの若者たちに再会しました。   

 この芝生公園、昔は高原野菜の畑だったそうです。 車で行けるいい絶景地です!


  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)