大台ケ原から大杉谷へ  その2

 長い長い夜が明け、やっと活動開始です。 でも外は霧雨に包まれています。
 今日は桃の木小屋までなので、明るくなってから歩き始める事にしました。 
皆で持ち寄ると、非常食に手をつけず、ちゃんと朝食も済ませる事が出来ました。

 今日、下山されると言う2組の方々をお見送りした後、我々も出発です。
もうお花の季節は過ぎていますが、花期にはイワカガミも見られるようです。
          立派なコウヤマキもすっくと立っています。

  DSC00405_2015111721185423d.jpg  DSC00418_20151117211854f8f.jpg
             注意書きのあるゲート               イワカガミ

         枯葉色の地面に、ツルリンドウの赤い実が映えています。
グングン高度を下げ、堂倉の吊り橋まで来ると、まずは堂倉の滝が目に入ります。
      これから先は、次々と変化にとんだ滝との出逢いがある筈・・・
  岩場の登山道は、大きな岩をえぐって作られたような鎖場の多い道です。

DSC00422.jpg DSC00433.jpg DSC00460_20151117211852e03.jpg        
   ツルリンドウ               堂倉滝                多い鎖場

   慎重に歩きながら、次々と出てくる滝や吊り橋を楽しみに前へ進みます。
 紅葉には少し遅すぎましたが、渓谷美や透き通った水の美しさにひかれます。
ヒメコマツやカシの仲間・ヒノキ・ヤマグルマも目につきます。 シダや苔も映えています。

DSC00470.jpg DSC00484_20151118001618002.jpg
          与八郎滝                       隠滝

  水辺の岩場に多いイワナンテンもアチコチで見られました。 でもお花の跡が
   見られません。 光滝に到着です。 ここはちゃんと?記憶にある滝です。

DSC00502_2015111800230241a.jpg DSC00511.jpg
          イワナンテン                     光滝

   それにしてもよくぞこんな所に山道を作ったものだと感心させられます。
     災害以降10年間も整備出来ずにいたのが大いに納得できます。 
           また歩けるようになって本当に良かった・・・・・

キク科のドライフラワーが残っていました。 ハナヤクシソウにしては葉っぱの切込みが
  小さすぎるし、クサノオウバノギクにしては、生育環境が違うし・・・・・何だろう?

  DSC00518_20151118002259f3a.jpg  DSC00525.jpg
   岩をへつった登山道               クサノオウバノギク?

  どこが登山道なのかわからない程大岩がゴロゴロしています。 上を見ると・・・
         怖っ! なるべく早く通り過ぎよう・・・・・ 

何か鉱物が入ってる?と思ったら、大きな岩を砕いて道をつけたのでしょうか?
             薬品を詰めたような跡が残っていました。

  DSC00532_20151118005917c41.jpg  DSC00521_201511241420235a4.jpg
               登山道整備あと              大岩ガラガラの登山道 

岩の亀裂にはコメツツジが並んでいます。 足元では、岩場でランと共によく目にする
                   イワヒバが見られます。
キッコウハグマの咲き終わりばかり目についていたのですが、やっと出逢ったお花!              

  DSC00543_20151118005917845.jpg  DSC00560_20151118005916bcd.jpg
    岩場のコメツツジ               キッコウハグマ

     ダイモンジソウ?ジンジソウ?と思っていたら、葉っぱの様子が違う・・・
  図鑑で見たウチワダイモンジソウのようです。 初めての出会いです! 

またまた初めての子は・・・・・お花は終わっていたものの、ヤハズアジサイのようです。
アジサイのような葉っぱで、テンニンソウのような花後のものは今だ何かわからず?・・
              場所が違えば植物も難しい・・・・・

  DSC00563.jpg  DSC00617.jpg
                ウチワダイモンジソウ             ヤハズアジサイ

           ショウジョウバカマかコチョウショウジョウバカマか?・・・
                ヒメシャラもアチラコチラで見られます。 

  DSC00566_20151124142822cc6.jpg  DSC00639_20151124145628150.jpg
  ショウジョウバカマ?                   残る紅葉 

  吊り橋を いくつ越えたでしょうか?  少し濡れているので、滑らないように手は
         手摺に添えて渡ります。 吊り橋からの眺めはとてもいい・・・             

  DSC00570_20151124142821506.jpg  DSC00631_201511241431572eb.jpg
              七つ釜滝吊り橋                  ハコネシダ 

  七つ釜滝は登山道から確認出来るのは3つほどですが、なかなか壮大です。
         残りはその上や下に隠れて見えないようです。
     赤い実や蕾をつけたツルシキミも目を楽しませてくれます。   

  DSC00599_20151124142820f4e.jpg  DSC00614.jpg
      七つ釜滝                   ツルシキミ

鎖を頼りに岩場を乗り越え、そろそろ今日の宿 「桃の木山の家」 も近づいて来ました。
            時間はまだお昼前。 ゆったり出来そうです。

  DSC00643.jpg  DSC00642.jpg
           桃の木小屋まであと少し               カンアオイの仲間 

        まだ紅葉に包まれた 「桃の木山の家」 に到着しました。
手続きを済ませたあと、部屋へ案内して下さいました。 本日の宿泊は10数名の
              予定なので、部屋もゆった~り! 

         パンとスープでお昼を済ませ、話に花が咲きます。                  

  DSC00665_20151124143155709.jpg  DSC00670.jpg
                 お昼前に桃の木山の家へ到着~

  時間が経つにつれ、宿泊者も到着しました。 お風呂で汗を流し、温かく美味しい
                 食事を戴いて明日に備えます。 

            明日はいよいよ大杉谷の最終日です。  
  

     

comment

管理者にだけ表示を許可する

鎖や岩場に滝が・・・

素晴らしい山行でしたね~私もご一緒させていただきましたよー。

No title

         フジアザミさま

 ゆったりノンビリ・・・幼馴染と楽しんで来ましたよ。
懐かしい滝やエメラルドグリーンの水の流れ・・・素敵でした。
ご一緒に楽しんで頂ければとても嬉しいです。
ただ・・・Mちゃんには目に毒のような鎖の連続でしたが・・・
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる