お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四国八十八ケ所詣り

          相方のお四国さん詣りも、残す所2ケ所となりました。
 87番札所の長尾寺と88番札所の大窪寺をお参りすれば、やっと結願成就となります。
  1番最初の霊山寺へお礼参りをし、高野山に詣でて「満願成就」となるようです。

何しろ最初は訳もわからず、「スタンプラリー的・・・」と私に言われながらも、途中からは
少しづつそれらしく進化して行ったようです。 私も一緒に訪ねた時は、たどたどしくも
          一緒にお経をよみ、手を合わせるようになりました。

          まずは丸亀城をあとに、長尾寺へ向かいます。
   地元では 「力餅・静御前得度の寺」として親しまれているようです。

  DSC01257_2015120202040174e.jpg  DSC01259.jpg

              ここで目についたのは、静御膳剃髪塚です。
  静御前が母の磯禅尼とともに得度した後、髪を埋めたと言われる塚で、その由来の
                    碑も建っていました

  DSC01262.jpg  DSC01258.jpg
    静御膳剃髪塚

          さて、いよいよ最終のお寺さん 「大窪寺」 へ向かいます。
    駐車場近くの仁王門は、比較的新しいようで木造のみの作りではないようです。
        左右には阿吽像、裏には大きな草鞋が飾られていました。。

  DSC01265.jpg  DSC01266_20151202020525d51.jpg     
                 仁王門

        大きな太子像がど~んとお参りの方たちを迎えてくれます。
大師堂横にある宝杖堂には、お遍路さんを支えてきた金剛杖が奉納されています。
   すぐ近くに「原爆の火」が灯されており、世界平和を祈願しているようです。

大きな藤棚もありますので、春のお花の季節は紅葉の季節と共に見事でしょうね?

DSC01270.jpg DSC01275_201512020205242cd.jpg
                                  「宝杖堂」(ほうじょうどう)
   
   大窪寺は、古くから女性の入山も許された札所で「女人高野」とも呼ばれます。
      この辺りから、山門の階段に掛けての紅葉はなかなかのものです。

奥の院があるようですが、尋ねると 「この時間からでは真っ暗になってしまいます」
        との事でした。次回は早い時間に訪ねてみたいと思います。

  DSC01283_201512020205221d8.jpg  DSC01280.jpg

           山門から階段を下りると、土産屋さんが並んでいます。
 「どうぞ・・・お接待しますよ」 とお店の方が声を掛けてくれましたが、お礼を言い
帰る事にしました。 ここのうどんは 「打ち込みうどん」 と呼ばれ、有名なようです。

  DSC01286.jpg  DSC01282.jpg

  さて、これで相方も八十八ケ所のお寺さんを全て詣でる事が出来ました。
    車で回ったとはいえ・・・・・よく頑張りました。   お疲れさまでした!

          DSC01287.jpg

  一緒に高野山へお参りをし、次は二人で少しづつ、出来るだけ歩きで
 お四国さん詣でをしたいと思っています。 何時になるかわかりませんが・・・・・



 

| 未分類 | 2015-12-02 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT