お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

四国で砂金掘り

 砂金掘りに行きたいと思いつつも、10月の 「砂金掘り観察会」 のあと、なかなか
行けずにいました。 以前から、砂金師匠から 「四国で砂金掘りをしている人がいるよ」
      と話は伺い、案内もして下さると言う、有り難い言葉も戴いていました。

    今回、田舎へ行くに当たって、思い切ってお言葉に甘えてしまいました。
       こうして、初めての四国での砂金掘りが実現したのです。 

  DSC01343_2015120400085860f.jpg  DSC01350.jpg
              ビナンカズラ                    イノシシの足跡

 初めて出会うMさんは物腰柔らかく、砂金掘りに対する胸の内には熱いものが
溢れているような深い想いが感じられました。 四国内の博物館などにも収穫された
     砂金を寄贈されているようで、四国での砂金掘りの牽引者です。

 ご一緒戴いたSさんは、鉱物に造詣が深く、そのお話になると目がキラキラと輝いて
いました。 キラキラとしてとても綺麗な愛媛のキースラガーの石をMさんを通じて頂き、
我家の玄関で、優しく迎えてくれています。 それも、Mさんのご友人で細工のとても
       上手な方の手作りのとびっきりの専用台に鎮座して・・・・・
 
朴訥とした感じで心優しい青森のNさんから戴いた石たち、そして父から貰った徳島の
           虎石も一緒で、パワー全開と言うところでしょうか?

  DSC01866.jpg
         キースラガー(含銅硫化鉄鉱)

         DSC01870_20151204141221393.jpg
                  キースラガー&虎石

                 DSC01869.jpg
                   青森の石たちと、友人のお母様が作られたおじぞうさま

   待ち合わせ場所からMさんの車に同乗させて戴き、現地へ向かいます。
 何だかワクワクして来ました。 色々なお話をさせて頂き、四国の砂金について
           もたくさんの話を伺う事が出来ました。

          さて、いよいよ川に到着して砂金掘りの開始です。
  変成の進んだ岩盤が沢山見られます。 生家の近くでも見られる紅簾片岩も
                 転がっていました。

  DSC01360_201512040008572f0.jpg  DSC01364_20151204000856e69.jpg
     紅簾片岩                        Sさん

  Mさんのトレードマークは、麦わら帽子だそうです。 師匠は、鉢巻きスタイルです。
                 それぞれに拘りがあるのが面白い・・・
 
  DSC01377_20151204001046bfb.jpg  DSC01384_201512040010459f8.jpg
                土砂を掘り、パンニングするMさん

 私は、岩盤の隙間を狙う事にしました。 少し掘ると金属片が出て何だか期待が
      持てます。 でも、いきなりは無いよな~・・・などと思いながら。
         でも、ほんとに出て来てしまった!  やった~!

前後は天気がいいものの、この日だけは雨予想でした。 砂金掘りは無理かな?・・・
と思っていただけに、出来る事だけで嬉しい! なのに、実際に掘れるなんて!!

  168.jpg  DSC01374_20151204001047ce7.jpg

流石です! 「いいのが出たみたいだよ」 と言う、Sさんの声にMさんの所へ行って
    みると・・・ 厚みのある砂金がパンニング皿の上に乗っていました。
             ビンに移すと、コトコトと音がします。

 少し雨も落ちて来ていますし、資料館へも案内して下さるとの事で、2時間ほどの
               砂金掘り体験でしたが、大満足!
       その上、Mさんが採られた砂金まで戴いてしまいました。

  DSC01453.jpg  DSC01455_20151204010247d90.jpg
            戴いた砂金                      ゲットした砂金

     川を上がると、地元の方との出逢いがありましたが、皆さん好意的な
      感じで声を掛けてくれます。 Mさんの平常の繋がりを感じました。

       次に、小学校跡地を利用して作られた資料館へお邪魔しました。
いつもは開いていなくて、お願いすると見せて戴けるようです。 地元の方が鍵を開けて
待っていて下さいました。 中へ入ると、実際に昔使っておられた木製のパンニング皿・
  スルースなどの展示があり、昔の砂金掘りの一端を垣間見る事が出来ました。

  DSC01424.jpg  DSC01415_20151204001524fac.jpg

                それ以外にも古い消防用のポンプやら・・・・・  

  DSC01417.jpg  DSC01407.jpg
                                          消防用ポンプ

      町中から集められた貴重な道具類がたくさん展示されています。
   これだけのものを綺麗に保存されていて、一同に見る事が出来る所はそう多く
              ないのではないか・・・と思いました。

  DSC01408_20151204001521c01.jpg  DSC01420_20151204153817e29.jpg
     対岸へ渡る舟                紙作りの道具・漆収穫道具

  幼い頃に目にした道具たちを見せて頂きながら、とても懐かしく、保存の為に
 声を掛けられ、いい時期にこれだけ集められたご苦労に想いを馳せました。

  DSC01433_201512041538151ee.jpg  DSC01430_20151204153816ed1.jpg
              選別の為の道具                    粉ひき臼

            地元で見られた動物たちのはく製も見られます。

  DSC01421.jpg  DSC01428.jpg
      山樵の道具

                  ホントに色々なものがあること・・・・・

  DSC01434_201512041539132b1.jpg  DSC01435.jpg
                     農作業用の色々な道具類

   最後に入った部屋には、実際に使われていた日常生活の道具たちが棚に
     収められていました。 ケースにも入っています。 何だろう何だろう?
             最後に来て、またワクワク感いっぱいです!!

  DSC01445.jpg  DSC01440_201512041539120c9.jpg
     薬ケース                 生活で使われていた道具類

       砂金道具だけでなく、実に色々な資料まで見せて戴く事が出来ました。

      DSC01449_201512041539110a1.jpg
                  ムシロ作りの道具

              見学途中で気が付きました。
    こっ、これは? Mさんの胸元には・・・ 素敵なネックレスが!
体験掘りで集められた金を使って、友人に作って戴いたそうです! さすが~・・・

      DSC01425.jpg


お陰さまで、四国での初めての砂金掘りは想像以上に楽しく充実したものとなりました。
          Mさん、Sさん、本当にありがとうございました。

       今度は、実家の近くの川でも楽しんでみたいと思っています。

            さて、四国を後に・・・・・帰る事にします。
 
  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

 まさにキレンゲショウマさんのお人柄の面目躍如ですね。
人とのつながりの深さを感じさせる故郷での砂金掘り・・・
的確なポイントでの採取に ニンマリするお顔が眼に浮びました。
 今月末はまたお孫さん達を迎える準備にお忙しいことでしょう。

俄歩人 | URL | 2015/12/05 (Sat) 11:13 [編集]


No title

         俄歩人さま

 こんばんは!
今頃になってやっと四国の話をまとめる事が出来ました。
ノンビリ屋ですので・・・仕方ありません。

 周りはいい人が多く、いつもお世話になったり助けられたりばかりです。
今回もお陰さまで楽しくいい時間を過ごす事が出来ました。

 年末もあっと言う間に来てしまいそうです。
今年は3家族がやって来て大わらわでしょうが、嬉しい集まりですので
皆で楽しく過ごします。 
その前に静岡のギャングたちがお泊まりに来そうです。

いつも温かいコメントをありがとうございます。

キレンゲショウマ | URL | 2015/12/05 (Sat) 21:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)