お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

こどもの国で観察会

 富士山も雪が降ったり融かされたりしながら、本格的な雪を被った山へと移って
   行きます。 そんな富士山に見守られるように 「こどもの国」 があります。

毎月1回こどもの国で行われている観察会ですが、12月は6日に開催されました。

 この時期お花は見られませんが、園内を歩くと色々なものが目に入って来ます。
   さっそく木に着いている地衣類の観察です。 数種類が観察されます。
 
  DSC01886.jpg  DSC01890.jpg

           足元に目をやると・・・・・動物の落し物がありました。
                  シカ・ウサギ・イノシシ・・・・・
         何てったって、富士山麓の自然いっぱいの中ですから。

  DSC01923.jpg  DSC01897_20151216015102288.jpg
     イノシシ                        ウサギ

    この季節ならではの観察は、冬芽の観察や葉痕の違いを楽しむ事です。
      ふんわりと綿をまとったようなコブシは青空に映えています。
    その先をひとつ開いてみると・・・・・春を待つ花の姿がありました。

  DSC01909_20151216015100a9a.jpg  DSC01908_20151216015101f0c.jpg
                    コ  ブ  シ

             ホオノキやイロハモミジなどの冬芽も観察します。

  DSC01913.jpg  DSC01936.jpg
   ハクテンゴケ?           (頂芽)      ホオノキ      (葉痕) 

          お花の季節以上に足が止まり、なかなか進めません。     

  DSC01941.jpg  DSC01915_20151216015156210.jpg
                   モジゴケ 

   何度聞いても覚えられない苔ですが、緑が爽やかでフワフワしてとても気持ちが
                      いいものです。                         

  DSC01953_2015121603030343f.jpg  DSC01954_20151216024714418.jpg
     シモフリゴケ                    スナゴケ

  林の中に入ると、スズメバチの巣がありました。 もう殆ど蜂はいないようですが
                 それでも数匹残っていました。

        DSC_0135.jpg 
            スズメバチの針(中指の下)

          参加者の子供さんが可愛いカナヘビを見せてくれました。  

        DSC_0136.jpg
                     カナヘビ

   園内でも何だろうね?と言っていたドライフラワーになっていたもの・・・
        多分、ヒナノウスツボではないかと思うのですが・・・
   観察後の帰り、以前お花を見た場所へ入ってみるとありました! 
           もう少し開いて種がこぼれているものも・・・

      ツルリンドウの赤い実もこの時期出会うと嬉しいものですね。

  DSC01976.jpg  DSC01965.jpg
                ヒナノウスツボ                  ツルリンドウ

                    寄り道もまた楽し・・・・・


  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)