お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

竜ケ岳でダイヤモンド富士

 山の相棒Kさんから 「4日は天気が良さそうなのでダイヤモンド富士を見に行く」 
      との連絡があり、便乗して久しぶりに竜ケ岳へ行く事にしました。
 当然まだ暗い内の5時半頃の出発です。 月や星の輝きがとてもいい感じです。

  待ち合わせは6時20分。到着すると既に彼女の支度は始まっていました。
途中の気温は-2℃、今年のお正月はホントに暖冬です。 さほど寒さを感じる
        事無く大急ぎで登山靴に履き替え、出発します。

     薄暗い登山道を登り始めると段々視界が広がって来ました。
ひと登りをして本栖湖を見下ろす展望地へ来ると、モルゲンロートに輝く南アルプスが
      目に入りました。 右隣には、八ケ岳も雪を被っています。

  DSC08774_2016010811431588c.jpg  DSC08780_20160108114314735.jpg
                 富士山                     南アルプス

      まだ静けさの残る山並も薄墨で染めたようでいい雰囲気です。

 ここからはずっと富士山と共に山に登る事が出来ます。 登りは背中に富士山ですが、
 つづら折りの山道は、ちょっと顔を向けると富士山が目の前! 展望の良い山です。

  DSC08782_201601081143145a4.jpg  DSC08787.jpg
       八ケ岳                     富士宮方面

  富士山の両裾脇から陽の光が差し込み始めました。 あと少しすると山頂近くから
    太陽が昇るのを見る事が出来る筈です。 どの位頂上からずれているかな?

DSC08797.jpg

 お地蔵さまのある東屋辺りでいいよね? と言い進みましたが、もう少し先まで登れ
 そうです。 Kさんはこの辺りにしよう・・・と三脚を立て、日の出を待つ事にします。
   私はもう少し先に進む事にしました。 もう少しかな?  ではこの辺で・・・

10名近くの団体さんが、もう少しかな?イヤまだ登れる・・・と話しながら追い越して
行きます。 ザックを下ろし、富士山の脇から少しづつ近づいて来る朝日を眺めます。
例年なら寒くて足踏みしながら手を揉みながら待つ時間ですが、少しなら手袋なしでも
   耐えられるほどです。 一応、ツエルト・冬用の上着は持参していますが・・・

  DSC08798_20160108114607b43.jpg  DSC08810.jpg
           西湖と周辺の山並

       いよいよその時が来たようです。 パーッと光が広がりました。
シャッターを少し早目に押すと処理に時間が掛かりここぞ・・・というチャンスを逃して
        しまいました。   あ~あ・・・でもまあこんなものでしょう。
         頂上から少し左にずれた位置でのダイヤモンドでした。

 4日目になりましたが、素晴らしい今年の日の出に出会い心を新たにしました。       

DSC08808_20160108114746136.jpg  DSC08817.jpg

見下ろすと、瞬く間に光が下がって行きます。 満足した後ゆっくりと登って行きます。
        満足そうにニンマリとしてカメラを覗いている人もいます。 

  DSC08824_20160108114604eac.jpg  DSC08829.jpg

           笹の茂る登山道を登り、湖畔への分岐まで来ました。
昨年は掻き分けて歩いた道が、綺麗に刈られとても歩きやすい道になっていました。
これだけの笹を刈るのはホントに大変な事だと思います。 何処の山もですが・・・・・
    作業をして下さった方々には頭が下がります。 ありがとうございました。

  DSC08834.jpg  DSC08832_20160108115041906.jpg

          今日は本当に天気がよく、遠くの山まで眺められます。

DSC08835_20160108115040dcf.jpg

      頂上付近に雪を被った八ケ岳もしっかりと目にする事が出来ました。

  DSC08837_2016010811503952d.jpg  DSC08838_20160108115409304.jpg

  ここまで来ると頂上はまもなくです。 登山道沿いのシンボルツリーのような木が
            青空に映えています。 頂上に付きました!
大勢の人が先程のダイヤモンド富士に満足した様子で、楽しそうに語らっていました。

   ザックを下ろすのももどかしく、南アルプス方面の展望を楽しみます。
   よく見えるよう踏み跡のある笹を進むと・・・そこは酷い状態でした。 


  DSC08839_20160108115408bda.jpg  DSC08841_20160108115408413.jpg

              元に戻り気を取り直して、美しい山並に目をやります。

DSC08843_20160108115407c96.jpg
                  雨ケ岳と南アルプス

  ここからは、右手から北岳・間ノ岳・農鳥岳を始め、聖岳から上河内岳?辺りまで
南アルプスが一列に並んだように見えます。 山をよく知る人に、今までわからなかった
   塩見岳・蝙蝠岳も見えている事を教えて頂きました。 目からうろこです!

  DSC08844.jpg  DSC08848.jpg
           毛無山・天子ケ岳方面                    赤石岳

  悪沢岳辺りと思っていた手前には千枚方面も見えている事もわかりました。
       そうかそうか・・・角度でこんな風に見えるんだ! と納得。

          DSC08847.jpg
              荒川三山と手前に重なるように千枚岳

帰りは、端下峠から東海自然歩道を通り駐車場へ行くか、先程の分岐から本栖湖畔
 に下りるか相談しましたが、やはり富士山を常に眺めながらのピストンに
                   決まりました。

DSC08852_2016010811571346b.jpg
                  ホントにいい眺めです! 

DSC08853.jpg

           今年幼馴染登山はここに見える北岳・間ノ岳です。 

   陽がさし、足元がぬかるんで来ました。 これが無ければ楽なのですが・・・

  DSC08857.jpg  DSC08858_20160108120117309.jpg
        農鳥岳      間ノ岳       北岳          お地蔵さま

    太陽もすっかり富士山から離れてしまいました。 満足の内に駐車場へ
    戻ります。 同行させて戴き、感謝です! ありがとうございました!!

  DSC08861_201601081201165b4.jpg  DSC08863_20160108120116723.jpg




PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Wow!

今年も、素敵な山行で始まりましたね! (越前も!)

ダイアモンド富士、最高!

南アルプス、全て解析出来て、大したものです、さすが!

カメラの望遠も大活躍、今年のご活躍が楽しみです。

今年も、ブログ楽しませてもらいます。

アキラッチ | URL | 2016/01/09 (Sat) 05:57 [編集]


No title

         アキラッチさま

 あのKさんと一人のような二人のような自由な歩きで、素晴らしい
ダイヤモンドを楽しんで来ました。(写真はKさんのブログでどうぞ)

 今年も行きたい山をリストアップ中です。
その内のいくつ歩けるか?ですが・・・
私も勝手に前に出る足が欲しいなあ・・・と思います。

 南アルプスの塩見・蝙蝠も見えているとは知りませんでした。
千枚・荒川三山また、椹島・二軒小屋の位置が大体わかり 
スッキリでした。

 私も台湾情報を楽しみにしています。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

キレンゲショウマ | URL | 2016/01/09 (Sat) 22:37 [編集]


雪が無い

1月の竜ケ岳に全く雪が無いとは驚きです。
今年は本当に雪が少ないですね。
しかし最高の展望ですね。
私も竜ケ岳には、10回程登っていますが、山頂から展望できる山の情報は知らないことだらけでした。

アウトライダー | URL | 2016/01/11 (Mon) 08:43 [編集]


富士山の雪、少ないですね!

         アウトライダーさま

 ホントに今年は雪が少なく、減る一方ですね。

竜ケ岳は展望がよく、登りやすくていい山ですよね。
一望できる山も、これかなあ?・・・位に思っていたのですが、
歩いた峰を思い出しつつ、教えて戴いて納得しました。
さらに山への想いが深くなりますね。

 雪の降った後、スノーシューで歩きたいものですね。

キレンゲショウマ | URL | 2016/01/11 (Mon) 12:47 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)