お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

雪の毛無山

           寒波到来で、朝霧方面も雪が積もりました。
毛無山にも、大分雪が降ったようです。 21日、今年も雪のある毛無山へ向かいます。
少しガスが掛かっているようですが・・・ 駐車場には2台の車があり、その横に止めます。
   麓神社を過ぎると、昔の金山時代に使われていた道具が残されています。
   今日は出発時から雪の中です。 頂上はどの位積っているかな?? 

  DSC09725_20160122000201825.jpg  DSC09726_20160122000200f73.jpg
                 毛無山                    金鉱石破砕機

  登山道入口からまもなく地蔵峠への分岐です。 地蔵方面に足跡はありません。
             直登コースはヒノキ・スギ林を抜けます。

  DSC09728_201601220001596d4.jpg  DSC09727_20160122000159077.jpg
     杉・ヒノキ林                   左手は川沿いの道

       針葉樹の林を抜けると、1合目が待ってくれます。 さらに2合目・・・
         ずっとこの標識がありますので、目安になって有り難い。
   その先へ進むと、水の音が聞こえ、不動の滝が細い糸を引いているようです。

  DSC09737_2016012400403687e.jpg  DSC09738_201601240040351cd.jpg
               2合目                        不動の滝

  凍っているかな?とちょっぴり期待していたのですが、変わらず細い流れです。
         葉が落ちていますので、枝越しに富士山が望めます。

  DSC09739.jpg  DSC09745_20160124004034692.jpg
      不動の滝                      富士山方面

         3合目も過ぎ、ヘリポートまで来ました。 大分来たな・・・  
  雪は締り歩きやすいので助かります。 更に登ると・・・マツダの看板、5合目です!

  DSC09754_20160124005148d90.jpg  DSC09761_201601240051489e1.jpg
               ヘリポート                      5合目

 岩に付いたつららをカリカリと口にしながら登ります。 大分尾根が近づいて来ました。

  DSC09763.jpg  DSC09774_2016012400514751a.jpg
        ツララ                      頂上方面

   急斜面の続く毛無山ですが、ヒメシャラの多い7合目周辺は、ホッとできる
平坦な空間です。 少し気温が下がったのが感じられますが、歩いていると暖かい・・・

  DSC09775_201601240051469f0.jpg  DSC09779.jpg
                7合目辺り                 木々の間から富士山 

 展望台の大岩が見えてくると俄然元気になります。 尾根まであと一息ですから・・・
        展望台でまずは一息入れます。 ホントにいい天気です・・・               

  DSC09788_20160124005706114.jpg  DSC09791.jpg
   富士山展望台直下               展望台からの富士山

                ヤッパリ登って来てよかった~・・・ 

DSC09793_20160124005704fd3.jpg
                  展望台からのパノラマ

                      さて、そろそろ出発・・・
 と、少し上で声がします。 進んで行くと・・・アレレ? 毛無山の達人Kさんと若い
       感じのいいカップルの方でした。 5番弟子だそうです。
          情報を戴いたり・・・暫くお話して再出発します。

  DSC09795_2016012402174617c.jpg  DSC09794_20160124005703e80.jpg
            展望台から西方向                    オオカメノキ 

     程なく分岐のある尾根に出て、南アルプスの展望台へ向かいます。
うわ~・・・いい眺めです! 雪を被った南アルプスや八ケ岳、さらにその奥まで一望
                       できます。 
  
  DSC09799.jpg  DSC09805_201601240217444e5.jpg
    地蔵峠への分岐         間ノ岳     北岳          千丈・甲斐駒

            北岳経由で、嵐のような翌日に登った塩見岳や・・・        

          DSC09804_20160124021745602.jpg
                          塩見岳

           素敵なご夫妻が待ってくれる避難小屋のある赤石岳・・・

          DSC09803_201601240217456be.jpg
                  赤石岳           荒川三山                             

DSC09809_20160124022330aa1.jpg
   南アルプス南部             南アルプス北部        八ケ岳   ・・・・・

                   しばし・・・一人の時間を過ごします。
  
  DSC09820_20160124022329296.jpg  DSC09816_20160124022330d34.jpg
       八ケ岳                      茅ケ岳方面

    景色を楽しんだ後は、少しのアップダウンを繰り返し、頂上へ向かいます。
    少しトレースがあるのですが、とりあえずここからスノーシューを履きます。
    時折新しい雪を踏みながら、樹林の中を抜けると・・・・・頂上へ出ました。

           昨年はガスの中でしたが・・・・・ 今年はいいねえ~・・・

  DSC09829_20160124022328d23.jpg  DSC09832_201601240223287dd.jpg
                 頂上にて                  山頂からの富士山

              ウサギさんも頂上で遊んでいたようです。
       軽くお昼を済ませ、 「また来るね~」 と、帰る事にします。

  DSC09834.jpg  DSC09835_20160124022930ab2.jpg
  ウサギさんの遊び跡                  富士山と雲

            この日の訪問者は、4人だけだったようです。
 そのままスノーシューで下り歩き辛くなったので、展望台でアイゼンに替えます。

  少し下り始めた所でバッターン! 石に引っかけたかアイゼンを引っかけたか?
(ア~ア・・・) 暫く痛さとふがいなさに雪の中! いつまでもそう言う訳に行かず、
    ザックも外さず起き上がり確認します。 石は出てるけど・・・?

  DSC09849_20160124022929544.jpg  DSC09851_20160124022928420.jpg
         展望台からの富士山(帰り)                待つザック

      7合目近くまで下りた時スノーシューが無いことに気づきました。
「え~っ? 仕方ない・・・」 と今下りた道を登り始めると、今度は左足ひざ裏から腿に
                掛けて攣り始め、右足まで・・・
       ザックまで戻って漢方薬を飲むとウソのように和らぎました。

      やっと転んだ所まで戻ったのですが・・・スノーシューが無い!
スキーのように滑らない筈なのに・・・・・ 何処まで探しに行けばいいのか・・・と
下りはじめると・・・ あった! 10数m下の木の根元に引っ掛かっていました。
                     ヤレヤレ・・・・・

  DSC09850_20160124022928428.jpg  DSC09852_20160124023027754.jpg
   逃げ出したスノーシュー                 ヒメシャラ林

     だいぶ余計な歩きをしてしまいましたが、自分の不注意によるもの・・・
  一人歩きはもっともっと慎重にしなければ・・・とちょっと反省しつつゆっくり帰ります。

  DSC09855_20160124023026e6d.jpg  DSC09867_20160124023025cd1.jpg
                  西日・・・                   登山道入口

    4時過ぎには駐車場に到着。 帰りは麓神社で手を合わせて来ました。

                   ありがとうございました!

DSC09871_20160124023024eb1.jpg
                 ふもとっぱらの広場と竜ケ岳方面

   スノーシューがぶっ飛ぶほどの転倒で、膝は痛い、顎まで擦り傷、ズボン・タイツも
       穴が開き、慣れないストックで筋肉痛・・・・・ でもほぼ回復です!
   
                  この程度で良かった~・・・

  
  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

好天の中、最高の展望を得られましたね。
昨日、会の小泉さんと毛無山のことで話をしたのですが、膝上まで雪があったので、山頂は諦めたと言っておりました。
美智子さんが、こんな怪我をするなんて信じられませんが、軽い怪我で良かったですね。
ところで、漢方薬は何という漢方薬ですか?
ツムラの漢方薬ですか?

アウトライダー | URL | 2016/01/24 (Sun) 08:26 [編集]


痛かった~・・・

   アウトライダーさま

昨日はお疲れさまでした。
冬の毛無山は年に一度は登りたいなあ・・と思ってしまいます。
これはトレースがあったからで、登り口から踏み跡なしでは標高差
1000mのラッセルを一人でやる気にはなりません。

 まったくいきなりのドッテーンで、痛いやら悔しいやら・・・・・
もっと慎重に・・・と自覚させて貰ったのだと思っています。
この程度で済んでホントに良かったです。

 漢方薬は、仰る通り「ツムラ68」です。 軽かったのか、すぐに効き目
が出て、ビックリしました。持ち歩きながら自分では使う事もなかった
のですが、よかったです。
ナント、胃の痙攣の治療にも処方されました。 

キレンゲショウマ | URL | 2016/01/24 (Sun) 17:53 [編集]


No title

スゴーイ!

雪の一人旅、憧れます!

スノーシュー、行方不明にならなくて良かったですね。

あーあ、雪のたっぷり着いた富士を見たい!

アキラッチ | URL | 2016/01/25 (Mon) 15:58 [編集]


No title

         アキラッチさま

 日本にいらっしゃれば、アキラッチさまならチョチョイのチョイで
毛無山を登られるのでしょうね?
スノーシュー、ホント良かったです。 でもあれ程流れる?とは・・・
かなり急斜面だったからでしょうけど。

2度の雪で、今はとても綺麗な富士山です。
この麓もスノーシューで歩きたいと思っていますが、いつ行ける
か・・・未定です。 でも近い内には!

キレンゲショウマ | URL | 2016/01/25 (Mon) 23:18 [編集]


No title

こんばんは。

ようやく冬らしく寒くなり、お山も雪景色ですね~
毛無山からの雪たっぷりの富士山!素晴らしく美しいですね!!
この冬は、なかなか綺麗な富士山に会えなかったので、羨ましいです。

それにしても、下山時の転倒は災難でしたね。
あの急な尾根での転倒で、たいした怪我もなくて、良かったですね!
お互い事故や怪我には気を付けたいものです・・

ツムラの68番はカッパもいつも持ち歩いています~

ピテカン&カッパ | URL | 2016/01/27 (Wed) 23:27 [編集]


No title

        ピテカン&カッパさま

 この所の寒波で、雪も深くなりやっと冬らしい景色が見られる
ようになりました。 市内からも遠く南アルプスや、勿論富士山が
いい感じで姿を見せてくれています。

早春のお花を求めてまた富士山周辺を訪ねて下さいね。

急斜面の転倒でドッキリしてしまいましたが、雪のお陰でこの位で
済んだのかも知れません。 気を抜いてはいけませんね。
小さいトラブルがあって、反省しつつ・・・の繰り返しです。

山に登る人はツムラ68は必需品ですね。
私も数年前にその存在を知り、今では救急道具に常備です。
最初に使ったのは、胃の痙攣用でしたけどね!

コメントのお礼が遅くなり、ごめんなさい。ありがとうございました。

キレンゲショウマ | URL | 2016/01/29 (Fri) 11:57 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)