お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蛾ケ岳周辺を歩く

 先日、蛾ケ岳へ登ってから、その周辺の山並や長く伸びた尾根が気になって仕方が
     ありません。 22日、天狗岩経由で蛾ケ岳・大平山を周回して来ました。

 山の斜面に立つ集落から登り始めますが、エゾタンポポやトウダイグサが迎えて
   くれました。 立派な案内看板も付けてくれていて安心して出発します。
       陽だまりの道路脇では、タチツボスミレが揺れています。

  DSC01966.jpg  DSC01964.jpg
                エゾタンポポ                  タチツボスミレ

                  さ~て、いよいよ出発です! 

  DSC01970_2016032402312523c.jpg  DSC01971_2016032402312460e.jpg
        案内板                   トウダイグサ

  針葉樹の林を抜け、広葉樹の気持ちのいい林を2人でゆっくりと登って行きます。
 道はしっかりしていますが、時々位置を地図とコンパスで確認してくれているので
            今回もお気楽な山歩きです。 

30分ほど歩いたでしょうか? もうそろそろかな・・・と思う頃、天狗岩への案内が出て、
                それに従い登って行くと・・・・・
今朝通って来た道がずっと下の方に見えています。 残念ながら富士山は雲がくれ!

  DSC01978_20160324023405025.jpg  DSC01984_20160324023407da6.jpg
             天狗岩への標識                 天狗岩から望む

  DSC01987.jpg  DSC01988.jpg
    四等三角点

    お茶をしながら景色を眺めた後はさ~て、出発です。 (まだ出たばかり・・・)                      

DSC01992_201603240234068e3.jpg
                      天狗岩からの展望

          暫く行くと、足元に丸い石が転がっていました。
 少し先には、たまねぎ状風化をしている露頭が目に入りました。 見事です!
   さらにはちょっと雰囲気の違ったものも・・・・・ これも同じかなあ? 

  DSC01999.jpg  DSC02005_20160324023905d17.jpg
                  タマネギ状風化の露頭

 木々の隙間から蛾ケ岳が見えて来ました。 コナラからミズナラに変わり、ドングリが
           沢山落ちている気持ちのいい林、足元にも優しい・・・

  DSC02010_20160324023904e94.jpg  DSC02007.jpg
                               落葉の積もった登山道

  一つ二つ峰をトラバースして行くと、先日目にした風景が見えて来ました。
     六地蔵のお迎えです。  気になっていた道の1つをクリア。    

  DSC02011_20160324024326af0.jpg  DSC02013_20160324024325113.jpg
               西肩峠                      ウリハダカエデ

     登って行くと程なく蛾ケ岳の頂上です。 今日は天気がいい筈ですが・・・・・
先日のような南アルプスを眺める事が出来ません。 雪を被った八ケ岳が霞んだように
       見え、初めは隠れていた富士山が、少し顔を出してくれました。

 早目の昼食を済ませ、大平山方面へ向かいます。 ここからは未知の世界です。

  DSC02016_20160324024325e87.jpg  DSC02020_20160324024324d81.jpg
     富士山方面                     八ケ岳

 ここから下りの結構な急斜面です。 落ち葉も積っているので、気をつけつつ・・・
これから立ち上がって来るのでしょうか?ベンケイソウの仲間が、バラの花のように
          葉っぱを広げていました。 頑張れ! 

  DSC02025_20160324024324705.jpg  DSC02033_20160324024701c11.jpg
             ベンケイソウの仲間                   ニシキギ

 足元には、ホオノキ・ミズナラなどの葉っぱが敷き詰められ、ニシキギ・ツノハシバミ・
       ダンコウバイ・アブラチャン・クロモジなども見られます。

 ぶら下がっている雄花をヤシャブシか何かな?・・・と思っていたら、「これ違うよ」
    とKさん。 木に近づくと・・・・・小さな可愛い雌花がくっついていました。
     昨年はこの実を美味しく戴きましたが、お花を見るのは初めてです。

  DSC02042.jpg  DSC02048_20160324030256b83.jpg
                   ツ ノ ハ シ バ ミ

  DSC02074_20160324030819cd8.jpg  DSC02059_2016032403081964e.jpg
                  折門峠

   折門峠まで来ました。 すぐ手前に大平山ピークがあるので、登って来ました。
          ここでも富士山がちょっぴり頭を覗かせてくれました。

         DSC02076_20160324030818633.jpg
                  大平山から富士山方面

 これから駐車した場所へ戻るのですが、先の道はどうなっているのかわからないので、
                地図と睨めっこしながら慎重に・・・・・

       地面に咲くお花はまだ見られませんが、木々のお花が可愛い・・・・・
ダンコウバイ・マンサクは花盛り。 アブラチャンはまだ蕾が多いけれど、咲いている子も。
ツンツンと尖った針葉樹はネズ(ネズミサシ)のようです。 触ると・・・痛い! 

DSC02080_20160324030818c83.jpgDSC02086.jpg
             ネズミサシ                 マンサク

             ダンコウバイが段々多くなって林の中も明るい・・・

  DSC02092_2016032411323322e.jpg  DSC02088_20160324113233515.jpg
                                ダンコウバイ

   古い墓地に出ました。 その周辺はかつていい畑だったのでしょう。
竹・スイセンの花などもあり、いよいよ地図に載っている集落跡も近いようです。

  DSC02090_20160324113232d76.jpg  DSC02098.jpg
               ドングリ

          DSC02097_20160324113231c47.jpg

  「コッチの筈なんだけど・・・」 と言いながらも前方はブッシュです。 歩きやすい
    方向へ進み・・・ちょっとウロウロしてしまいましたが、集落跡に到着。

廃屋になってから長いのでしょうか? 竹は生い茂り、建物は崩れ始めていましたが、
石垣やスイセン・お地蔵さまなどに、かつてここに住んだ人たちへの想いを馳せました。

生家近くも、昔歩いて学校へ通った山道は既に自然の山に還り、何処を通っていたの
かも判然としません。 今は新しい車道も通り、裏の畑には携帯3社の鉄塔が立って
いるので、暫くは荒れ果てる事は無いと思うのですが、いつか自然に還るのかな?
              との想いが、ここの景色と重なりました。

  DSC02100.jpg  DSC02106_20160324113621754.jpg
     お地蔵さま                    奥には廃屋が・・・

   今ここを歩くのは、動物たちだけでしょうか? そう言えば、先程の集落跡で、リスが
                   3匹ほど遊んでいました。

  DSC02109_20160324114631df6.jpg  DSC02108.jpg
           笹に覆われた山道                    ケヤキの巨木

 沢が合流し、そこから100mほど余りで、山道をトラバースし、出発地点に戻ります。
  壊れた橋なども道を探す手掛かりとなりました。 かつての道、動物の通り道が
         そこここで見られますから見当をつけながら進みます。

      トリカブト・アズマイチゲ・ヒメニラなどの芽が出始めていました。

  DSC02139_20160324113734b29.jpg  DSC02144.jpg
    奥には壊れた橋 

     ダンコウバイで黄色く見えていた集落跡ですが、葉っぱを多く残した木も
   沢山見られます。 これはヤマコウバシのようです。 この状態は初めてです。 
  あいかわらず、ダンコウバイ・チョウジザクラも最盛期で目を楽しませてくれました。         

  DSC02153.jpg  DSC02154_20160324113733026.jpg
               ヤマコウバシ                    キブシ

 クルミが落ちていました。 上手に半分に割れているのは、リスの食べ跡だそうです。
         そして、ネズミが食べた跡には穴が開けられています。

  DSC01996_201603241210146ae.jpg  DSC02157_20160324113732513.jpg
      リスの食痕                   ネズミの食痕

            もうすぐ出発地点です。 天狗岩も見えて来ました。
       
  DSC02177.jpg  DSC02179.jpg
          集落が見えて来ました                    天狗岩

      岩にはクモノスシダがたくさん付いていました。 伸びた葉先から次の葉が
              伸び、増えていくようです。  面白いね!

      無事、遅くならずに帰って来られました。 何だか心に残るお山でした。

  DSC02184_20160324121012adc.jpg  DSC02190.jpg
                    ク モ ノ ス シ ダ

       帰り道・・・・・少し違う道を通っていると、 カメラ・カメラ・・・・・
 んっ、その先を見ると、まさにお月さまが富士山から顔を出している所でした。

            DSC02197.jpg
                          パール富士

 先へ進み、離れた所へ車を止めてその様子を写します。 移動した分、端っこに
           なってしまいましたが・・・・・綺麗でした~。

            DSC02198_20160324121847d57.jpg
                          パール富士


| 山歩き・歩き | 2016-03-23 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT