お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

森の中は気持ちがいい・・・・・

       数年ぶりにやってきた。音符  ここは御殿場の 「御胎内清宏園」

 入口に立つと、小鳥の声が賑やかだ。受付に人がいない時はちょっとした挨拶文が置かれている。
「留守の時は園内で会った時に入園料を戴きます」と言う内容のもので、”この雰囲気いいなあ・・・”
       中に踏み入ると、この案内に似合う、ゆったりとしたコナラの林・・・・・

    コピー ~ DSC09540    コピー ~ DSC09542    コピー ~ DSC09545
       清宏園入口           木漏れ日の林      ウメモドキの紅白の木が・・・

 なだらかな斜面の林床にはウバユリの花柄がいっぱい残っている。
開花時はさぞ見事なことだろう。リュウノウギク・ヒゴタイの仲間・トリカブトなども咲いている。
小鳥の観察小屋・巣箱などが優しい感じで、炭小屋あとは人との関わりが感じられて親しみが
湧く。いつもは洞窟目指して一直線なので、こんなに森を楽しみながら歩くのは珍しい。

    コピー ~ DSC09550    コピー ~ DSC09555    コピー ~ DSC09556
      巣箱をかけた木            観察小屋           炭焼きのあと

 コナラのどんぐりに混じって、ホオノキの実が落ちていた。綺麗なものはクラフトに使えそう!グー!


    コピー ~ DSC09580    コピー ~ DSC09584    コピー ~ DSC09551
       リュウノウギク          ヒゴタイの仲間            ホオノキ

                    ここは地学的にもとっても面白い所。
             溶岩樹形・溶岩洞窟・縄状溶岩などがアチコチで見られる。

 入口で蝋燭を購入し、胎内巡りをすることが出来る。ただし、中はかなり狭い部分もあって、
  途中で火が消えると大変だ~ bikkuri01  ほんとの真っ暗闇になってしまう えぇ

     コピー ~ DSC09565     コピー ~ DSC09569     コピー ~ DSC09568
      建物の脇が入口で、     中はこんな風になっています    複雑な縄状溶岩 
      右の木の陰が出口      画像上でクリックすると拡大


          この先、カエデが紅葉してくるとさらに魅力的な森になる。

       御胎内のコナラ林は樹齢80~100年と思われるとても立派なもの。

                  また歩きに来ようっと!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)