お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

高ドッキョを歩く

 何度か訪ねながらも、時間の都合でピークに立つ事が無かった高ドッキョです。
最初に訪ねたのは、もう10年以上も前の事。 真っ白いヤマイワカガミに感動しました。

 そして前回は・・・・・ヒルの大活躍に逢い、気を付けながらもいつの間にか靴の間に
               入ろうとするヒルを退治しました。 

  何となく中途半端になっている高ドッキョ、今日は頂上まで行ってみよう!  
               と出掛けたのは4月11日の事です。 

 足元・洋服・帽子に砂金掘り用にと購入した 「ヤマビルファイター」 を振りかけ
                    いざ、出発~ 

  DSC03856_2016041722202293d.jpg  DSC03861_2016041722202191b.jpg
     ツルカノコソウ                     ミヤマシキミ

 いきなり大きなカエルさんに遭遇です。 でも余り可愛くないのでスルーします。
      ここはツルカノコソウの多い所です。 まだ咲き始めたばかりです。

沢沿いの杉林の中を登って行きます。 黄色い葯が見えるのはイワボタンでしょうか?

  DSC03863.jpg  DSC03862.jpg
                 イワボタン                  登山道脇の流れ

  頭上ではヤブツバキがチラホラと花を付けています。 そんな姿もまた好ましい・・・
          円礫を含んだ地層を木の根っこが覆っています。 
     この日は天気もそこそこで、ヒルは活躍の出番無しのようです。

  DSC03877.jpg  DSC03875.jpg
     ヤブツバキ                   円礫を含む地層

 ウサギの耳のようなトンガリが可愛いタチキランソウもやっとお花を付け始めています。

  DSC03887.jpg  DSC03885.jpg
               タチキランソウ                   ハシリドコロ 

        ネコノメソウの仲間を見るにはちょっと遅すぎたようです。
           ふら~りふら~り登る内に、樽峠に到着です。
  右へ行けば平治の段、そして左に行けば高ドッキョ。 今日は左へ進みます。

  DSC03897.jpg  DSC03910_20160417222222f79.jpg
     ハナネコノメ                     樽峠

   とても歩きやすい登山道です。 足元にはお花は少ないものの、ツクバネソウや
                 エンレイソウが目につきます。

  DSC03917.jpg  DSC03940.jpg
                ツクバネソウ                   エンレイソウ

   稜線に育つ木々たちにも目を見張ります。 ブナが結構あるのですが、富士山麓で
  見るものとちょっと感じが違って見えます。 表面にある地衣類の違いでしょうか?

  DSC03933.jpg  DSC03924.jpg
      ヒメシャラ                      ブ  ナ

      僅かにフモトスミレが花を咲かせています。 きりっとしたいい姿です!

  DSC03950.jpg  DSC03951.jpg
                 フモトスミレ                  キノコの仲間

                ミツバツツジも咲いて来ましたね。

  DSC03915.jpg  DSC03967.jpg
    ミヤマカタバミ                     ミツバツツジ

  そしてそして・・・・・ 白いヤマイワカガミが、ホンの少しですが咲き始めていました。
          1週間経った今頃は、きっと咲き進んでいるでしょうね?

  DSC03971_20160418093430eb9.jpg  DSC03965.jpg
                      ヤ マ イ ワ カ ガ ミ

   さあ、あと少しかな? 幾つかピークを過ぎて行き・・・・・ スズタケの茂るちょっと
急坂をグングン登り・・・まだかな?  ふ~、やっと到着。 んっ? ピークの印が無い!
        あと少し進んで・・・ ヨカッタヨカッタ、ここが頂上かあ・・・

    頂上では、ずっと下で追い越して行かれた男性二人組がお食事中でした。
               山の会の下見にいらしたそうです。

  DSC03958_20160418092755322.jpg  DSC03961.jpg
                                  高ドッキョ

    お二人が帰られたあと、ゆっくりとお昼を済ませコーヒーを飲んでまったりと・・・
   さてさて、そろそろ帰る事に致しましょう。 たったっ・・・ 下りは早いのです。
           途中で道を譲って戴き、快適に下って行きます。

          DSC03986.jpg
                       ミ ヤ マ キ ケ マ ン 

    がっ! 何かないかなあ~・・・・・ 暫しウロウロしていたらまたまた追い越され・・・

      ヤッパリ何もないや・・・と諦め、ひたすら下って、追い越して、到着です。

          DSC03988.jpg
                        登 下 山 口


       長年?中途半端のままでいた山に登られ、よかったよかった。 


  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)