お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

ラン科の仲間たち

  ラン科の仲間が花咲く季節となりました。 魅力的なお花の子が多く今年も
  逢いに行けるだろうか?・・・とちょっとドキドキしながらその時を待ちます。

スズムシソウは近くではポツポツと目につきます。 今年は少しの出逢いしかありません
 でした。 でも・・・ちょっと別の場所で、たっぷりと楽しむ事が出来ニコニコです! 

  スズムシソウ2  スズムシソウ3
                    スズムシソウ

               近くで見ると、面白い形をしていますね。 

  スズムシソウ4  スズムシソウ1
                  スズムシソウ

      キンランの咲く林で、今年も沢山のキンランに逢う事が出来ました。
       そうそう・・・昨年、白くなっていたお花、今年はどうでしょう? と
 出掛けてみると・・・ んっ、白くなってる。 他の子は・・・もう殆ど枯れて、種子が
                     膨らんでいます。

DSC05977_20160606000705cc3.jpgDSC06781.jpg
                 シロバナキンラン? 

    そうだ! 少し標高の高いあの場所のキンランはどうなっているだろう?
 着いてみると、既にお花は終わっていますが、どうやらこれらは黄色いまま枯れて
行くようです。 お花が終わって色が抜けるのかな?と思いましたが、そうでは無い
 ようです。 「白くなるのは、シロバナキンランだよ」 と教えて頂いたのですが、
これがそうだったんだ!  来シーズンは、この仲間がどの位いるのか注目です。

  DSC08669_20160606000703124.jpg  DSC08658_201606060007049e0.jpg
                  キンランの花後

   ギンランもキンランと同じ林で見られます。 写真の子は別の場所なのですが・・・
              ギンランには、結構目立つ距が付いています。

  ギンラン2  ギンラン1
                    ギンラン

        こちらもギンランなのですが・・・・・この子には距がありません。

   今年、クゲヌマランを確認した際に、距の無いギンランがある事を知りました。
 と言う事は、この子は距の無いギンランでしょうか? だとすると・・・やった~!

  距の無いギンラン2  距のナイギンラン
                     距のないギンラン

       そしてこちらはササバギンラン。 今年もたくさんの子に出逢えました。
 
ササバギンランDSC09257_201606070010232f1.jpg
                      ササバギンラン

         ジガバチソウはこれからですが、咲き始めた子もおりました。 
   ちょっと寄り道で確認出来る子ですが、嬉しいことに近くで新しい子も発見! 
                    まだ蕾です。

               DSC08720.jpg
                       ジガバチソウ

  ヒトツボクロは葉っぱから探した方が見つかりやすい?と思ったのですが、開花の
         半分以上の子には葉っぱが見つかりませんでした。
かくなる上は・・・としゃがんで横から目を凝らすと・・・見えて来ました。 そこにも居た!

  DSC08734.jpg  DSC08749_20160606002241f49.jpg
                    ヒトツボクロ

      ヒメムヨウランも毎年出逢いたいお花です。 今年は見逃したか?
          と思ったのですが、道端で待っていてくれました。

  DSC08819.jpg  DSC08820_20160606002240762.jpg
                    ヒメムヨウラン

    カモメランは可愛いですね。 小さいながらとても存在感があります。
   以前たくさん見られた所は、数えるほどしか見られなくなっていました。
                   どうしてだろう?

  DSC08921.jpg  DSC08924_2016060600290314f.jpg
                       カモメラン

           少しづつ表情が違って・・・そんな姿に惹かれます。

  DSC08884_20160606002903450.jpg  DSC08893_20160606002902e69.jpg
                   カモメラン

 いつまで経ってもこれと断定できないでいる子は、エンシュウムヨウランでいいので
しょうか? 薄暗い林で、ルーペ片手に覗き込んでいる姿は人には見せられません。

  DSC08602_2016060600402488f.jpg  DSC08592.jpg
                      エンシュウムヨウラン?

             殆ど開かず、中もクリーム色一辺倒なのです。

  DSC08594.jpg  DSC08606.jpg
                      エンシュウムヨウラン?

  サイハイランは、少し遅めかな?と思いましたが、まだまだ鮮やかな姿を見せて
        くれました。 団体さんで采配を振うと、迫力ありますね?

  DSC08629_20160606004233314.jpg  DSC08621_20160606004233d74.jpg
                        サイハイラン

                   そこここで顔を出していました。

  DSC08619_2016060600402376a.jpg  DSC08636_20160606004232281.jpg
                        サイハイラン

       開花までまだ暫く掛かりそうですが、ポツポツと顔を出しています。

                  お花が出てきたら逢いたいね!

オオバノトンボソウ2DSC09273_201606070027364dc.jpg
       オオバノトンボソウ                 エゾスズラン



  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)