お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっとした裏山に入ってみると・・・・・

    用事を終えたあと、相方と孫たちが迎えに来てくれる事になっていました。
30~40分ほど時間があります。 (この辺りは歩いた事が無いけれど、ちょっと覗いて
          みましょう) と、山の方へ足を伸ばしました。

竹藪もあるし、ヤツシロランの仲間がいないだろうか? イノシシにでも出くわしたら
  どうしよう?などと思いながらも、足の方はドンドン奥へ向かって行きます。

     無いなあ・・・・・    出逢ったのは、コクランとハエドクソウのみです。

DSC09786_20160623223959874.jpgDSC09791_2016062322395984d.jpg
        コクラン                  ハエドクソウ

  コクランは少し薄暗い自宅周辺の林でも普通に見られますが、お花の時期出逢う事は
           余り多くありませんでした。 もう咲いているのね・・・・・

  DSC09790_20160623223958b4b.jpg  DSC09789_201606232239584c1.jpg
                       コクラン 

 蚊の襲撃に逢い、早々に竹藪を撤退しました。 分岐まで戻り、別の道を行きます。

すぐに出逢ったのがテイショウソウです。 勿論まだ葉っぱだけですし、綺麗な斑が
  入った葉っぱは少なく、一面緑の葉っぱが多いのですが、群生しています。
        お花の季節にまた来てみよう・・・                   

    DSC09796_2016062322395721e.jpg   DSC09844_20160623224352057.jpg
                     テイショウソウ

ここではコアジサイも咲いたようです。 薄紫のお花は可愛いし、香りもいいですね。
             ホウキタケの仲間も出始めて来ました。

  DSC09808_20160623224048ee1.jpg  DSC09788_20160623224050a2f.jpg
         コアジサイ                     ホウキタケの仲間

  山道入口では水がジャブジャブと流れていました。 靴を濡らしてしまいました。
 そんな所ですから、シダの仲間が繁茂しています。 身近なウラジロも見えました。

  DSC09801_201606232240494d5.jpg  DSC09803_20160623224049892.jpg
   色々なシダの仲間                  ウラジロ

         アリドウシも見つけました。 残念ながら赤い実は見られません。

  DSC09804_20160623224048e56.jpg  DSC09812_201606232248551b8.jpg
          コシダ                   アリドウシ

   ツルアリドウシはお花が終わってしまったようで、青い実が付いていました。
         もう少しすると、両方の赤い実が見られるでしょうか?

DSC09810_201606232248562fb.jpgDSC09817_20160623224853c3d.jpg
    ツルアリドウシ葉と実            ツルアリドウシとキノコ

自宅近くで見るオオバノトンボソウとはちょっと違うようです。 トンボソウでしょうか?
              この仲間もわかり辛い子たちです。

                これはフモトスミレかな??

  DSC09818_20160623224854fae.jpg  DSC09815_20160623224855ee0.jpg
      トンボソウ?               フモトスミレ

 更に進むとムヨウランのドライフラワーに出逢いました。 どんな子だったのだろう?
            来年はぜひともお花に出逢いたいものです。

  DSC09822.jpg  DSC09819_20160623225551d3f.jpg
              何ムヨウランだったのでしょう?

    うわ~、コクランがたくさん咲いています。 あっ、アッチにもコッチにも・・・

         そんな中、・・・・・? ちょっと変わった子を見つけました。
   茎から上がエンジ色をしています。 全部で3本の花茎があがっていました。

  DSC09840_20160623232025bcd.jpg  DSC09834_20160623232026065.jpg
               赤い茎と花を持つコクラン

        日陰ではこんな感じでよくわからないのですが・・・・・

         DSC09835_20160623232025c6c.jpg

          陽のあたる子は、ほらっ! 可愛い子でしょ?
全く別物ですが、ヒトツバイチヤクソウを思い出しました。 こんな子もいるんだねえ~。

         DSC09827_20160623225550498.jpg

     普通のタイプの子と一緒に育っていました。 あと2本は二人兄弟です!

         DSC09830_2016062323202627f.jpg

      電話が掛かって来ました。 もう少し探索したい所ですが・・・残念!
                     引き返します。 

      足元を見てみると・・・・・茎の途中からエンジ色に変身していました。

              DSC09837_20160623232027e44.jpg

    沢沿いでは、円礫を含んだ地層も見られ、この地の成り立ちまで想像できる
                 なかなか楽しい場所でした。

          DSC09806.jpg


            これだから ”ブラリ山歩き” は止められない。 
         
    

| 植物 | 2016-06-23 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT