お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幼馴染との山歩き  その2

  北岳2日目の朝です。 前日、11時頃目が覚め、朝までどうしよう・・・と少し
焦ったのですが、1時間ほどアッチ向きコッチ向きしている内に、いつの間にやら
     朝までグッスリでした。 外は?・・・う~ん、雲は厚そうです。

         天気も下り坂のようで、5時半過ぎに出発しました。

         DSC00645_20160713141859064.jpg

 御池を過ぎ、ここから二股経由で八本場のコルへ向かう筈でしたが・・・・・何気に
       お花を眺めつつ登る内に、草滑りコースに入っていました。 
       まあいいや・・・と、このまま肩の小屋経由で登る事にしました。

  DSC00650.jpg  DSC00651_201607131418583ee.jpg

 登山道周辺は少しづつお花が多くなって来ました。 ハクサンチドリ・ミヤマキンポウゲ・
    ヨツバシオガマ・ナナカマド・ミヤマキンバイ・イブキトラノオ・クロクモソウ・・・・・

  DSC00656.jpg  DSC00666.jpg
     サンリンソウ               キバナノコマノツメ

  圧倒的に黄色いお花が多いようです。 後日、この周辺にはキタダケキンポウゲが
   咲いている事を知り、ちょっぴり残念。 出掛ける直前までバタバタしていて
      見たいお花のチェックもせずに山に入った事に少し後悔しました。  

               また機会があればその時に・・・・・ 

DSC00667_2016071314243130e.jpgDSC00677.jpg
   ミヤマキンポウゲ               ハクサンチドリ

    時折立ち止り目を移すと入って来る山の景色・目の前に咲く小さな花たち・
 同行の、幼い日々を一緒に過ごした仲間との山歩き・・・ それだけで充分でしょう。

  DSC00680.jpg  DSC00688_20160713142428c04.jpg

 ウサギギクがたった1株咲いていました。 何気ないお花ですが結構お気に入り。
      この辺りにはシカ除けの柵が大きく張り巡らされていました。

  DSC00682_20160713142429a2a.jpg  DSC00711_20160713151810d51.jpg
     ウサギギク

   お花の最盛期はもう少し先なのかなあ? 以前はもっと賑やかだった様な気が
                       するのですが・・・・・ 

  DSC00720_2016071315180935d.jpg  DSC00731_20160713151809bb4.jpg
    シナノキンバイ                 ムカゴトラノオ

   小太郎山への尾根の分岐です。 行きたいな~・・と思いつつ、まだ足を延ばせて
                いません。 でもいつかその内・・・・・

  DSC00728_20160713150749934.jpg  DSC00757_2016071315180876f.jpg
   ハゴロモソウ

           ガスに食まれたような山並もなかなか素敵です。
 北岳肩の小屋まではあと一息です。 段々お花畑が賑やかになって来ました。
         こうなると前を行く二人との距離は開くばかりです。

    う~ん、でもこんな光景を見ながら歩けるのはなんて幸せな事か・・・・・

DSC00761.jpgDSC00768_201607131519100d4.jpg
                              タカネヤハズハハコ

       DSC00775_20160713151909026.jpg
                  ミヤマタネツケバナ??

  重い雲が山の上を覆っています。 長い棒で 「エイヤッ!」 と退けてしまいたい。

       DSC00777_20160713151909d14.jpg

  岩についたチズゴケの仲間も、その石の陰で花を咲かせている植物の姿も
                     愛おしい・・・

  DSC00780_20160713151908e08.jpg  DSC00785_20160713151908f56.jpg
       ツガザクラ                キバナシャクナゲ

       両俣小屋への分岐を過ぎると、いよいよ肩の小屋も近い。

         DSC00788_201607140238511ba.jpg

    いいね、いいねえ~・・・ お花畑にウットリ、足もなかなか進みません。

   DSC00794.jpg   DSC00797_20160714023850531.jpg   DSC00870_20160716082323057.jpg
     タカネツメクサ     イワツメクサ     チシマアマナ

   DSC00819.jpg   DSC00830_201607140241129cb.jpg   DSC00839_2016071402411251f.jpg
   ミヤマダイコンソウ     イワウメ        イワベンケイ     

  DSC00841_20160714024111ed6.jpg  DSC00850.jpg
         ミヤマシオガマ              ハクサンイチゲ

  もうあんな所まで登っています。 と言いつつも、マイペースは変わりません。
   二人もそんな様子は慣れたもので、放っといてくれるのは有り難い。 

DSC00817.jpgDSC00862_20160714025110c74.jpg

  DSC00853_201607140251108b8.jpg  DSC00876_20160714025109a09.jpg
                                 クロユリ

      肩の小屋に到着しました。 ザックを置いて周辺散策です。
    いました! 花が咲き残っています。   キタダケソウです。
保護されている子たちですが、終わってしまったかな? と思っていただけに嬉しい・・
  
  DSC00893_20160714030002ae7.jpg  DSC00887_2016071402510884e.jpg
                  キタダケソウ

   では、いよいよ北岳への登りです。 山を見上げながら登ろうかどうしようか?と
                  迷っている方もいらっしゃいました。

         DSC00906.jpg

  さて、いよいよ頂上までの登りです。 相変わらずお花を楽しみながらの
                  岩場歩きです。 

DSC00924_20160714030001368.jpg  DSC00927_20160714030001d7c.jpg
      キバナシャクナゲ                 ハナゴケなど

            さすが花のお山、次々とお花がご挨拶。 

  DSC01115.jpg  DSC01118_201607150024410d0.jpg
   イワベンケイ&ミネウスユキソウ     イワベンケイ&ミヤマオダマキ

  そして・・・・・頂上です。 残念ながらガスの中ですが、雨では無いのを良しとします。
        トレランのお兄さん二人組がガスの中から顔を出しました。

  DSC01020.jpg  DSC01117_201607150024411dc.jpg
                                  シロウマオウギ

       まだお昼なので、ゆっくりと天気の回復を待ちます。 が!・・・・・
  途中、少し青空をも顔を出したのですが、それまで!  仕方ないなあ・・・・・

   DSC01049_20160715002216128.jpg   DSC01056.jpg   DSC01071.jpg
      シコタンソウ

   足元に気をつけながら、お花も楽しみつつ下ります。 稜線は少し風が強い為、
         トラバース道まで下りて北岳山荘へ向かう事にします。

 何ケ所かで、ハクサンイチゲの緑花が見られました。 ミドリハクサンイチゲ??

  DSC01073.jpg  DSC01150.jpg
      ミドリハクサンイチゲ

  自然の中でもまだキタダケソウがなかなかいい状態で残ってくれていたのは
                とても嬉しい事でした。

  DSC01087.jpg  DSC01086.jpg
                     キタダケソウ

   亀裂の入った岩の隙間を埋めるように咲いているミヤマムラサキはとても可愛い
    お花です。 ついつい写真の枚数が多くなります。 おっ、白花もいましたよ。
              中途半端な距離で、うまく捉えられません。

   DSC01196.jpg   DSC01300_2016071502104105c.jpg   DSC01209_201607150210424ab.jpg
  タカネコウリンカ        ミネズオウ       ミヤマムラサキ

   やはりトラバース道はお花が多いですね。 足元に気をつけながらも
               目は花を追ってしまいます。

  DSC01235.jpg  DSC01281_20160715021041b49.jpg
          ミネウスユキソウ            チョウノスケソウ

山荘も近くなって来ました。 天候はイマイチですが、まあこの時期なら想定内です。 
お花に満足し、二人に合流しました。(稜線に出て待っていてくれたのですが・・)

  DSC01265_20160715021230ecb.jpg  DSC01288_2016071502123160b.jpg
   タカネシュロソウ                ミヤマミミナグサ

  そして、到着です。 まだ早い時間なので、荷物整理のあと周辺を散策して
               2日目を終えました。

           DSC01307_201607150212288d7.jpg 
                 北岳山荘


 

| 山歩き・歩き | 2016-07-13 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

No title

念願のキタダケソウにも会えて、ご満悦!

してやったりの顔が目に浮かびます。

口惜しい!!!

| アキラッチ | 2016/07/18 16:52 | URL |

No title

       アキラッチさま

 こんばんは!
やっとキタダケソウに出逢えました。ちょっと大人になり過ぎの子たち
だったのが少々残念でしたが・・・

 でもいつも出逢いの少なかったチシマノアマナに逢えて、思わず
声を掛けてしまいました。 タカネマンテマの意識すらなかったのが
不覚でした。 

お花畑を目の前にすると頬が緩んでしまいます。

| | 2016/07/19 21:01 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT