幼馴染との山歩き  その3

3日目の朝、予報通り重い雲が立ち込めています。 雨は降っていないのが救いです。
       朝食後、天気の回復も期待薄なので、出発する事にします。

間ノ岳へ行こうかどうしようか思案中の方も、この天候では出発できずお布団と仲良し。
         我々もこの天気じゃねえ・・・と、下山決定です。

DSC01309_20160718030429aa2.jpg  DSC01310_2016071803042857d.jpg
  レインウェアで出発                 トラバース道へ

  雨は降っていなかったものの、霧で濡れてしまうのでレインウェアを身につけ
北岳山荘を後にしました。 時折強風も吹き付ける中、気をつけながら下ろう・・・
       と気を引き締めます。 登山道を飾るナナカマドが見頃です。

  DSC01318_201607180304286c0.jpg  DSC01328_20160718030427b61.jpg
      ナナカマド咲く登山道

  石の隙間に沿うように、ミヤマクワガタが咲いています。 南アルプスの赤味の濃い
          ものは、アカイシミヤマクワガタと呼ばれるようです。 

               イブキジャコウソウも咲き始めました。

  DSC01362_20160718030951ec6.jpg  DSC01335_20160718030426e49.jpg
  アカイシミヤマクワガタ            イブキジャコウソウ

   トラバース道を過ぎ、八本場のコルへ向かいます。 その前後から、木製の
     ハシゴ階段が続きます。 濡れているので、慎重に慎重に・・・・・
     早朝の為、まだここまで登って来る人がいないので助かります。

    ホッ・・と階段を降りたら、オオヒョウタンボクが迎えてくれました。

  DSC01383_20160718030951f70.jpg  DSC01388_20160718030950ffa.jpg
  続く木のハシゴ階段                オオヒョウタンボク

        ガラガラの岩場の中、タカネグンナイフウロが出て来ました。

  DSC01410.jpg  DSC01436_20160718031613779.jpg
                          タカネグンナイフウロ

  二股も近いようです。 この辺りは、一面のお花畑の筈ですが、ミヤマハナシノブが
          咲き始めたばかり。 う~ん、ちょっと残念です。

              優しいブルーで、品のあるお花です。

  DSC01432.jpg  DSC01428_20160718031614d09.jpg
                 ミヤマハナシノブ

今年はホントに雪解けが早いですね。 と言うか、雪が少なかったのでしょうか。
      所々沈み込み、今にも崩れそうな、危険な雪渓です。

DSC01465_20160718031613952.jpgDSC01467.jpg
                   少ない雪渓

  重く立ち込めていたガスも、大分上がり鳳凰三山の山並が完全に姿を
            現しました。 ほ~っと一息つきます。

  DSC01487.jpg  DSC01493_20160718031724124.jpg
   コバノコゴメグサ             鳳凰三山の峰

          二股に到着し、レインウェアをしまい身軽になります。
     水の中に面白い石を見つけました。 「うわっ、富士山の石だよ!」
  頁岩部分は、富士山の形をしています。 おまけに右肩には宝永山も見えます。
      山の周辺は、チャートでしょうか?赤く染まっているようです。

           オガラバナも花を枝先に付けていました。

  DSC01496_20160718031723d4a.jpg  DSC01513.jpg
        富士山石               オガラバナ

      この大きな石のグニャグニャ模様にはいつも感心させられます。
  一体どれだけの力がここに掛かって出来たのでしょうか? 凄いなあ・・・・・

    カツラの花ってこんな感じだったのですね。 初めて目にしました。

  DSC01515.jpg  DSC01520_201607180323507c1.jpg
  褶曲した石                 カツラの花

  ミネザクラも咲き残り、ヤクシソウはお花だったり、実になっていたり・・・・・

  DSC01524.jpg  DSC01527_201607180323491e0.jpg
        ミネザクラ               ヤクシソウ

      高山植物から、いつの間にやら山植物に変わっていました。
   足元も、岩のガラガラ歩きから、低木草地歩きになり、少し楽チン。

  DSC01525.jpg  DSC01530.jpg
       タチカメバソウ                マムシグサの仲間

 花を目で追いながら進みます。 水が豊かで、沢の音も心地よく耳に入ります。

  DSC01543_20160718032853e00.jpg  DSC01541_201607180328522b5.jpg
      サンリンソウ               ヒロハコンロンソウ

  DSC01556.jpg  DSC01550_20160718032851ba2.jpg
   ヤグルマソウ               ヒナノウスツボ

    沢沿いに、オレンジ色のクルマユリが映えていました。 可愛いですね!

  DSC01573_20160718033307e6a.jpg  DSC01569_201607180333063f9.jpg
      クルマユリ

 沢を渡りながら歩いて来た方を振り返ると・・・・・ 北岳方面がくっきりと浮かび
             上がっています。 いいなあ・・・・・

  DSC01600_20160718033306a89.jpg  DSC01598_201607180333052a2.jpg
  オドリコソウ                  晴れ渡る北岳方面

  羨ましく思っても仕方ありません。 えいっとその思いを断ち切り、下ります。

  DSC01601_20160718033305377.jpg  DSC01603_20160718084807869.jpg
    バイカウツギ                センジュガンピ

 お昼には、広河原に到着しました。 遊歩道からまだ足を踏み入れた事の無い
         公園へ足を伸ばし昼食をとりました。
乗り合いタクシーの時間まで余裕があったので、北岳山荘で見たビデオに写って
     いた苔むした靴を探しに行きました。   「あっ、あった!」

  DSC01620_20160718085348e65.jpg  DSC01624_201607180848067c8.jpg
     北岳                  苔むした登山靴(写真中央)

       3時過ぎには、本日の宿の芦安のペンションに到着です。
        庭はお花や緑がいっぱい。 雰囲気のいいお宿です。

 あっ、ここにもヒメフウロです。 今年はあちらこちらでこのお花に出逢いました。
    在来のヒメフウロは絶滅危惧種ですが、こちらは多分帰化植物。

  DSC01635.jpg  DSC01645.jpg
      宿の庭                      ヒメフウロ(帰化種)

    広めのお部屋を用意して下さり、美味しいお料理にお腹は大満足!

  DSC01633_201607180858468e9.jpg  DSC01647.jpg
    広い部屋                 美味しい料理

   オーナー手作りの洞窟風呂も気持ち良く、ゆったりと疲れが取れました。

             DSC01641.jpg
                   手作りの洞窟風呂

           暫く話に花が咲き・・・・・ おやすみなさい。



comment

管理者にだけ表示を許可する

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる