お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雨を覚悟で南アルプスへ その1

 予てより歩きたいなあ・・・と思っていた茶臼岳・光岳へのお誘いがありました。
気の置けない友人とそのお友達と言う事で、迷うことなく即答したものの、天気が
      イマイチで1週間延ばし、11日~13日に決定しましたが・・・・・

 これ以上は日程を組めないので、雨でも行くけど・・・ 「はい、行きますよ」 と返事。
      勿論、荒れそうであれば温泉に温まり、寂しく帰宅となりますが・・・

  出発時は少し降っていたものの、3時過ぎに自宅を出発し、新東名を走る頃には
            雨も上がり、畑薙ダムへ向かいます。 
てしゃまんくの駐車場まで来ると、こんな早朝に車が!・・・・・ ここで合流となりました。

       ダムからの景色も素晴らしい! まさかこんな展開になるとは・・・・・

         DSC09942_20160919181543ee5.jpg

 登山シーズンには、聖岳からの登下山道口・茶臼岳への吊橋までバスが
              2本あり、これは有り難い。 

 6時50分のバスで吊橋まで届けて貰い、吊り橋を渡っていよいよ茶臼岳を目指します。
       秋ですね! ダンコウバイやツリバナの実がもう色づいています。

  DSC09948_201609191815435c8.jpg  DSC09951_201609191815424e2.jpg
     ダンコウバイ               ツリバナ

南アルプス南部は吊橋が多いようです。 以前、この橋を渡りましたが、山へ行く為に
   歩くのは初めてです。 少々長めですが、誰も躊躇することなく進みます。

  DSC09952_20160919181542949.jpg  DSC09955_201609191815418dc.jpg
   クサボタン                茶臼岳への吊橋

                  橋からの眺めもいいですね!
       お花は少ないものの、ポツポツと秋を感じるお花に目を留めます。

  DSC09957_20160919181653f24.jpg  DSC09962_20160919181652ee2.jpg
     橋の上から・・・           セキヤノアキチョウジ

暑くも寒くもない、歩くにはとても快適な季節です。 沢の音を耳にしながら進むます。

  DSC09964_2016091918165280f.jpg  DSC09968_20160919181651327.jpg
    ウシタキソウ

   独特のこの実は新しい分類では、ガガイモ科からキョウチクトウ科に変わった
      ツルガシワのようです。 そう言えば暫くぶりの出逢いでした。

  DSC09972_201609191816503f2.jpg  DSC09975_20160919193814fad.jpg
         ツルガシワ            ヤレヤレ峠

      ヤレヤレ峠も過ぎ、少し下って何度かまた吊橋を渡ります。
 時期を過ぎたギンバイソウや、咲き始めのオオバショウマにも出逢えました。

  DSC09978_20160919193812e96.jpg  DSC09977_20160919193813995.jpg
   ギンバイソウ                  オオバショウマ

  ヤマシャクヤクも咲くようですね。 お花が咲いた様子を想像します。 

  DSC09988_20160919195205b36.jpg  DSC09980_20160919195205663.jpg
                          ヤマシャクヤク

   ここでも地層が90度に近いほど(縦)になっています。 大地にどんな大きな力が
                    働いたのでしょうか?・・・・・

 イワカガミの葉っぱも艶があって目立ちます。 葉っぱの感じが違うのもあるので、
                 種類があるのかも知れません。              

  DSC09996_20160919195204a41.jpg  DSC09993_201609191952047d2.jpg
                         イワカガミ

      お花は少ないけれど、キノコは色々な種類が見られました。
             ホウキタケの仲間も数種いました。

  DSC00002_20160919195704749.jpg  DSC00004_20160919195704588.jpg
               ホウキタケの仲間

    乾燥気味なのはツヤウチワタケ?、イヌセンボンタケも賑やかです。

  DSC00010_2016091919570357e.jpg  DSC00011_20160919195703d81.jpg
                  キノコ色々

    紫色のホウキタケにも久々の出逢いです。 色合いが素敵ですね~・・・

  DSC00118_20160919202404d69.jpg  DSC00212_20160919202403ef6.jpg
                  キノコ色々

    それにしても出てますね! キノコが解ればもっと面白いだろうに・・・・・

  DSC00293.jpg  DSC00171_201609192024030af.jpg
                    キノコ色々

  思わずぱっちり眼のまつ毛のよう・・・とお気に入りに入ったキノコはその名も
     キララタケ! 雲母(キララ)様の細かい鱗片で覆われるとか・・・・・
    付けまつ毛の印象が余りにも強く、ちゃんと観察していませんでした。

                    でも・・・可愛いでしょ?
  
DSC00179.jpgDSC00065_2016091921262242e.jpg
        ハナホウキタケ?            キララタケ

          ホント、いつの間にか秋のお花に変わっているのですね?
 
  DSC00007.jpg  DSC00054_201609192126239f0.jpg
        オクモミジバハグマ             オヤマボクチ

   ウソッコ小屋に到着です。 下って来られた方たちも休まれていました。
      小屋周辺は少し開けているので、ちょっとしたお花畑です。

  DSC00040_20160919212622665.jpg  DSC00081_201609192126217d6.jpg
      ホトトギス                ウソッコ小屋

  住まいの近くでは、2回3出複葉のコボタンヅルばかりですが、ここではボタンヅル!
         やっと違いがハッキリわかりました。 スッキリです!

    DSC00024_20160919212431855.jpg    DSC00028_20160919212431597.jpg    DSC00034_20160919212430fef.jpg
   ヤクシソウ           タチキランソウ           ボタンヅル
  
        さて、あまりユックリもしていられません。 頑張って登ります。

  DSC00036_20160919212430259.jpg  DSC00052_20160919212429433.jpg

   ザレ地ではフジアザミが勢いよく育っています。 お~懐かしい・・・・・

 ハウチワカエデもホンの少しですが、葉っぱの縁から赤く染まり始めています。

  DSC00134_201609192214108a2.jpg  DSC00124_2016091922140947b.jpg
    ハウチワカエデ                  フジアザミ

    頑張ってひと登りをし、横窪峠に到着です。 下方には横窪小屋が・・・
眼前には上河内岳が聳えています。 木陰のコチラ側で上河内を見上げ昼食にします。

  DSC00223_20160919221409161.jpg  DSC00234_2016091922140807a.jpg
      横窪峠から上河内岳            クロクモソウ

 一旦下り、横窪小屋からは急登が始まります。 頑張って・・・・・樺段に到着です。

   DSC00255.jpg    DSC00262_201609192216256bc.jpg    DSC00300_20160919221625eff.jpg
  トリカブト          横窪小屋           樺段

   花は少なくとも、楽しみは色々見つかります。 アッカンベエをした木や
              何やら動物を想像させる木も・・・

  DSC00264_20160919221626162.jpg  DSC00197_20160919221626e93.jpg
                     面白い木々

   登るにつれて周辺の木々の様子が変わって来ました。 シラビソやダケカンバが
    混じって来ました。 いつの間にか下草はイネ科植物が優先になっています。

  DSC00321_20160919221624cb4.jpg  DSC00318_201609192247039ab.jpg
                                  シラビソ

        少し開けて、お花が少しづつ見られるようになって来ました。
                 どうやら小屋も近そうです。
  
  DSC00336_20160919224559226.jpg  DSC00327_201609192246005b3.jpg
   オトギリソウの仲間             ダイモンジソウ?ジンジソウ?

    山のお花は可愛いですね。 オヤマリンドウは数はあれど、咲いたか咲く前に
           枯れてしまったか? 殆ど可哀想な状態でした。

  DSC00331_20160919224600468.jpg  DSC00342_20160919224559c68.jpg
          コゴメグサの仲間             オヤマリンドウ

    やっと茶臼小屋に到着です。 畑薙駐車場から標高差1440m、(実際は
     アップダウンがあるのでもっとありますね) 頑張って登って来ました。

  登り口からご一緒した200名山まであと3座の方とひと足先に到着されたNさんが
                  笑顔で迎えてくれました。

          DSC00346_2016091922455823a.jpg
                  茶臼小屋

   宿泊の手続きをし、ひと心地ついたら、とりあえず茶臼岳まで登っておきます。
 天候が崩れ、登れないかも知れませんので・・・・・(それ程予報は悪かったのです。)

ガンコウラン・クロウスゴ・シラタマノキ・・・・・今はどれも実が見頃を迎えています。  

  DSC00371_2016091922522824b.jpg  DSC00392_20160919225227a7b.jpg
     ゴゼンタチバナ             シラタマノキ

   小屋周辺では、ミソガワソウがまだ咲き残っていい姿を見せてくれます。

  DSC00358_20160919225229233.jpg  DSC00353_20160919225229ed1.jpg
                               ミソガワソウ

  DSC00376_201609192348074b7.jpg  DSC00452_20160919225355d8c.jpg
    コケモモ                    笊ケ岳方面

         稜線に出ると、上河内岳が大きく見えます。 またその内・・・・・

  DSC00411.jpg  DSC00397_20160919225357012.jpg
      ヤマハハコ                  もうすぐ茶臼岳山頂

   ひと登りで、茶臼岳の山頂へ出ました。 残っていた山をひとつゲットです。
    
               DSC00417_201609192253566b6.jpg
                ピークです!

        ゆっくり下りて、小屋でくつろぎます。 明日はどうかな~?

DSC00453_20160919235141193.jpg

DSC00455_201609192351410cc.jpg

             富士山もちょっぴり頭を出してくれました。

 ショボ降る雨に濡れながら・・・を想像し、思いっきり防水スプレーを振りかけ
           やって来ましたが、嬉しい誤算でした。  

    晴男のKさんにパワーを送って貰った所為でしょうか? 有り難い・・・・・

          DSC00463.jpg

 明日の予報は・・・・・雨・霧・・・  「明日は朝、早目に下りようね」 と・・・ 


| 山歩き・歩き | 2016-09-19 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT