お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

キンゴジカ?とその仲間たち

 先月、寄り道散策していて、心当たりの無い植物に出逢い気になっていました。
       どうなってるだろう? お花は咲いているかな?・・・ 

  定期的に訪ねる場所に近い事もあり、楽しみにしている場所なのです。
そして歩いて行くと・・・・・ わ~、いっぱい咲いてるではありませんか! 

                  でも一体だ~れ?

  DSC00957.jpg  DSC00954_20160923212823bc7.jpg

  クリーム色で、優しいお花です。 アオイ科辺りかなあ? きっと帰化植物です。
花弁が少し捻じれるように咲いています。 見て行くと、左右両方に捻じれています。
          ざっと見ると半々くらいの確率のようです。

  ネジバナも右巻き左巻きがあるので・・・そんな目で見て行くと面白いね!

  DSC00965.jpg  DSC00964_20160923212822757.jpg

              お花の中央部分が少し濃い黄色になっています。

   帰化植物の本をめくると・・・・・ うんこの辺りだ、!  キンゴジカ

        図鑑で記憶があったのか・・・ 名前だけは聞いた事がありました。

          DSC00962_201609232128206fa.jpg

 こ~んな感じで道ばたに群生しているのです。 今度、図鑑を持って確認しよう!
   ホソバキンゴジカ・アメリカキンゴジカな~んて子もいるようですので・・・・・ 

   キンゴジカなら東南アジア原産、ホソバキンゴジカなら中央アメリカ原産、
     そして、アメリカキンゴジカなら・・・・・熱帯アメリカ原産だそうです。

          DSC00966.jpg

          んっ、まてよ! この風景、他でも見たような?・・・・・

              思いめぐらすと・・・・・ 多分あそこだ!
 
 花は見あたらず、茎だけツンツン伸びていたのを見たのは、市内で1ケ月程前のこと。

         確認の為に本日こちらの方にも寄り道をして来ました。 

           あっ、咲いてる! どうやら同じ花のようです。

  DSC01120_2016092500055013f.jpg  DSC01121.jpg

 帰化植物の図鑑を見てもイマイチハッキリとはわかりません。 ネット検索して
花柄の長さの違いに注目すると、3センチほどありますので、キンゴジカが近いような
     気がします。 アメリカキンゴジカは1センチ位までだそうです。

   漢字で書くと 「金午時花」 10時前頃咲いて、お昼頃には閉じるとか。

    因みに、私が見たのは12時過ぎ、そして今日は10時20分頃でした。

          DSC01133_20160925000548cb8.jpg

  そのすぐ近くにもキンゴジカの仲間がいます。 でもほぼ地面を這うように葉を広げて
   いるので、明らかに前種のものとは違います。 葉っぱの質も大きさも違います。

  ネット検索中に、他にもこの仲間がいるのに気がつきました。 マルバキンゴジカ・
    ハイキンゴジカです。  読み進めると・・・ どうやらハイキンゴジカ! 

    漢字では、 「這金午時花」 茎は匍匐し、正に這う姿を現しています。

          DSC01135_20160925000547878.jpg

  とにかく初めて目にする子たちで、他に比較のしようもないので、とりあえず

    「キンコジカ」 & 「ハイキンコジカ」 としておきます。

              DSC01140_201609250006219e1.jpg

   帰化植物に野原が占領されるのは心配なものの・・・新しい植物に出逢えるのは

        ちょっぴり嬉しい気持ちもあるのです。 不謹慎かな?

 とにもかくにも・・・・・種子を確認すれば、ちゃんと判明するようです。 あと少し・・・



           

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)