お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富士山 「村山古道」 の一部を歩く

  村山古道を歩く計画がある・・・と言う話を聞き、急遽参戦して来ました。

  さて、本日の予定は・・・・・ 無理の無い少し短めの距離を歩きます。

富士山夢ロード沿いの、天照教(てんしょうきょう)から高鉢駐車場より少し下方の
             スカイラインまでの登りコースです。

     1台をスカイライン沿いの駐車スペースへ置き、天照教へ向かいます。
本日はいい天気です。 西臼塚駐車場で、富士山を望みます。 ここの紅葉もあと少し・・

  DSC01424_20160929231943495.jpg  DSC01426.jpg
                  西臼塚駐車場からの富士山

      天照教の入口には、村山口登山道の看板が建っています。
  入口周辺は、ノコンギク・ツリフネソウ・キンミズヒキなど、秋のお花がたっぷり・・・

  DSC01429.jpg  DSC01428_2016092923194206a.jpg
    案内板                ノコンギク

 暫く登って行くと、縄状溶岩が見られます。 何箇所か沢沿いに出ているようです。
 日陰なので、余りお花は見られませんが、トチバニンジンの実が付いていました。

 でも、この子には黒い部分が出ていますので、ソウシシヨウニンジンのようです。

  DSC01435_201609292319417c1.jpg  DSC01444_201609292320306d0.jpg
       縄状溶岩                ソウシシヨウニンジン

  樹林の中の木漏れ日も心地よく、ゆったりと楽しみながら、かつて先人たちが辿った
    道を進みます。 薄紫色をした子は、イヌヤマハッカでしょうか? 可愛いね!

  DSC01449_2016092923202909b.jpg  DSC01442_201609292320311fa.jpg
   イヌヤマハッカ              登山道

       登山道沿いは苔むした気持ちのいい林内が広がっています。
          木々の隙間から入る木漏れ日もまたいいですね。

   茎に屈毛が生えるアズマレイジンソウもこの辺りではたくさん見られます。

  DSC01447_201609292320295c5.jpg  DSC01450.jpg
       苔むした林内                アズマレイジンソウ

     県の施設、「やまの村」を縦断する形でルートが繋がっています。
          施設内にある小さめの溶岩樹形も見られました。

           おっ、カタツムリの花が咲いています??

  DSC01457.jpg  DSC01452_2016093011054712e.jpg
   溶岩樹形

        橋を境に、東は富士市、西は富士宮市の市境です。 
 
  所々、フォッサマグナ要素の植物タテヤマギクが顔を出していましたが、残念ながら
                  花期は過ぎていました。

  DSC01462_2016093011054640d.jpg  DSC01458_20160930110545f5c.jpg
                          サラシナショウマ

   イヌショウマ、ブラシのようなサラシナショウマも今が花盛りのようです。

  DSC01463.jpg  DSC01466.jpg
  タテヤマギク 

   少し陽の入る登山道脇には、アケボノソウが見られます。 来年の葉っぱをつけて
                   いる子も見られました。                  

  DSC01477_20160930110644849.jpg  DSC01483_201609301106448f9.jpg
        アケボノソウ                アマチャヅル

   なだらかな登山道を登っていると、後ろから早歩きの青年がやって来ました。
 イヤホンをしていたようで、声を掛け姿を現した私達を見るとちょっとビックリされた
ようでした。 何処から?何時頃に?と聞きますと、朝の2時頃に海岸を出発し、ここまで
   やって来たそうです。 頂上まで行き、今日の内に下山されるようです。

                    すごいですね~・・・・・

         DSC01480.jpg
            朝2時に海岸から登って来たという青年

  少し登ると、2番目の馬頭観世音の石仏がありました。因みに、1番目は、
村山浅間神社から少し登った所にあるようですが、これは次回のお楽しみです。

        コケのサクも陽に照らされて、とても眩しく綺麗です。

DSC01488_20160930110642f88.jpgDSC01496_20160930111126f10.jpg
    馬頭観世音               コケのサク

              それにしても気持ちのいい林内です。

  DSC01499_2016093011112512d.jpg  DSC01489_20160930111125111.jpg
        コケ              心地いい木々たち

 中宮八幡堂まで来ました。 中宮馬返しともいわれ、ここより馬で登る事は出来なかった
      と、案内板があります。 この祠は、平成になって創建されたようです。

  DSC01517_20160930111123a24.jpg  DSC01511.jpg
      中宮八幡堂                   ヤマトリカブト

   中宮八幡堂付近に八大竜王・水神祠・井戸跡があるようなので探します。
        ちょっと遠回りをしましたが確認出来、更に進みます。

  DSC01518.jpg  DSC01538_20161002173510f8d.jpg
                           八大竜王・水神祠

    少し窪んだ範囲のコケは事の他美しい・・・・・ しっとりした感じです。

  DSC01530_201609301113223f2.jpg  DSC01536_2016093011132285a.jpg
       ヤマシャクヤク            苔むした斜面

   他でも結構見られるのですが、石を組んだ炭焼き跡が目につきます。

  DSC01550_201609301113212bf.jpg  DSC01524_201610021744257c2.jpg
                             炭焼きあと

   お花は見られませんが、地面や木々を彩る実が見頃となって来ました。

  DSC01563_20161001154336e73.jpg  DSC01551.jpg
     マイヅルソウ

       右手に広場が広がっていました。 ここが女人堂跡かな?
 女性の登山はここまで、女人堂にこもって頂上を望み下山したのだそうです。

  DSC01567_201610011543349ba.jpg  DSC01564_20161001154335f68.jpg
                                  女人堂跡 

   六観音跡を過ぎると、車道を横切ります。 スカイライン沿いの最終地までは
                  あと1時間弱でしょうか?

  DSC01573_20161002175307869.jpg  DSC01611_20161002175305717.jpg
       六観音跡                    彩りゴケ、お見事!

   色々なキノコが目を楽しませてくれます。 クチベニタケ?もしかすると
     ホオベニタケかも解りませんが、ユーモラスで可愛いキノコです。

   DSC01590_20161002175435dbc.jpg    DSC01580.jpg    DSC01574.jpg
                キノコたち

   ミヤマガマズミのまっ赤な実も目を引きます。 林のアチコチで見られました。

  DSC01582_20161002175306284.jpg  DSC01585.jpg
                          ミヤマガマズミ

     木々に着生したダイモンジソウも大盤振る舞いです。 お見事!   

  DSC01604_201610021754357cc.jpg  DSC01605_20161002175434a97.jpg
                     ダイモンジソウ

       果実に翼?がある角ばった子は、ヒロハツリバナのようです。
               なかなかいい姿をしています。

          DSC01622.jpg
                 ヒロハツリバナ

   苔むした巨木は、人を引き付ける魅力がありますね。 

              DSC01633_201610021754345e1.jpg
              コケ・ダイモンジソウ着生木




  

| 富士山&周辺の山歩き | 2016-10-01 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

No title

こんばんは。
村山古道は、3年ほど前に5合目から水ヶ塚まで下ったことがありますが、
誰にも会わず、静かな山歩きが楽しめました。
下の方もなかなか良さそうな所ですね。

↓のクロヤツシロラン、わたしたちも3年目にやっと咲いているお花に会えました。
ほんとに小さなお花ですよね!
こちらでは、竹林の中でアキザキヤツシロランも一緒に咲いていました。
蚊に刺されて大変でした!!

| ピテカン&カッパ | 2016/10/06 23:36 | URL | ≫ EDIT

No title

    ピテカン&カッパさま

 こんにちは!
近くにいながら、部分的に少しは歩いているものの、まだ完歩して
いない村山古道です。 少しづつ繋げようと思っています。
季節を変えて歩くのも良さそうですね。 

あと、富士市で推奨している3776ルートもあるので、その内に・・・
とは思っています。 歩く方も今年は大分増えているようです。

 竹林では、両方のヤツシロランが見られますね。 今回は、じっくり
探せず、クロは1株見たのみでした。 
杉林のクロヤツシロラン探しはちょっと大変でした。
探す目と蚊との闘いですね! 容赦なく挑んでくる蚊たちでした。

コメントをありがとうございました。

| キレンゲショウマ | 2016/10/08 01:18 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT