村山古道を歩く   その3-1

 18日、行程順序はバラバラになってしまいましたが、3人で本日は海抜0mから
          村山浅間神社まで歩く事にします。

まずは、田子の浦の海岸へ向かいます。 振り向くと、少し雲が掛かっているものの、
           富士山が青空に映えています。

  DSC03025_20161019205701f8e.jpg  DSC03024_201610192057005ea.jpg
     海岸近くからの富士山            シャリンバイ

       海岸近くのシャリンバイやトベラの実もしっかりして来ました。
  駿河湾には船が浮かび、その奥には少し霞んだ伊豆半島も目に入ります。
 気を付けて・・・手と足を海水に浸け、小さな丸い石を片手に、いよいよ出発です。

  DSC03030_20161019205658865.jpg  DSC03027_20161019205659347.jpg
                  海抜0mの海

       ちょっと寂しい海岸に黄色いコマツヨイグサが色を添えています。
          まずは、皇太子殿下御散策之蹟に立ち寄ります。

  DSC03033_20161019205657d7c.jpg  DSC03034_201610192057556cd.jpg
        コマツヨイグサ           皇太子殿下御散策の蹟

           その後、すぐ近くの富士塚へ向かいます。 
  ここで、拾ってきた石を積んで無事を祈ります。 でも・・・アレ? ちょっと変!
  以前は、円錐形だった富士塚が、いつの間にか上部が削られていました。
 今は、親子富士(富士山と富士塚)として、カメラスポットの場所も設けられています。

  DSC03038_20161019205754a91.jpg  DSC03037_2016101920575529e.jpg
                   富士塚入口

             あ~、残念! 富士山は、雲に覆われて来ました。

          DSC03039_20161019205753458.jpg
                    富士塚

          せっかくの展望地ですが、富士山はすっかり雲の中・・・・・
              六地蔵・閻魔堂を経て、黒露墓へ・・・

  DSC03045.jpg  DSC03047.jpg
        六地蔵               閻魔堂

           この路地から古東海道となるようです。

  DSC03049_20161020005341bf2.jpg  DSC03051.jpg
      黒露墓               古東海道

  ほどなく木之元神社に到着です。 大きなクスノキなどがあり、ムクロジがご神木
                     となっていました。

  DSC03053.jpg  DSC03055_20161020005339840.jpg
     木之元神社              ご神木のムクロジ

   懐かしい感じの木造の建物が、駐車場となっていて、ちょっと目を引きます。
  吉原駅を過ぎ、沼川にかかる河合橋下には、多くの小舟が係留されています。
        その奥の工場から立ち上る煙が何とも富士市らしい・・・
            この辺りは、旧東海道になるのだとか・・・

  DSC03058_20161020005503e84.jpg  DSC03062.jpg
     木造の駐車場              河合橋からの沼川 

   更に進んで・・・ 東海道を下る時、唯一左手に富士山が見える左富士へ。

    DSC03063_20161020005502203.jpg   DSC03068_20161020005500167.jpg   DSC03065.jpg
   河合橋の碑        左富士の石碑       アキノゲシ

      歌川広重の浮世絵、東海道五十三次の左富士に立ち寄ります。 
             残念ながら富士山は見えずじまいです。

DSC03067.jpgDSC03071_20161020010012c99.jpg
                   左 富 士

  馬頭観音を越え、平家越えの石碑へ来ました。 ここは富士川の戦いの古蹟です。
  夜半、水鳥の羽音に驚き、平家軍は潰走し、頼朝は起死回生の大勝を得たと
                    言われています。   

  DSC03072.jpg  DSC03077.jpg
       馬頭観音               平家越え

       この辺りまで、工業地帯や町並で殆ど高度は上がっていません。
           岳南鉄道の本町駅を越え、吉原商店街に入ります。

ここは、かつて脇本陣や下本陣・上本陣とされた家々もあったようですが、今はそれを
想わせるものは見当たりません。 鯛屋旅館のみ、今も旅館・そば屋さんとして昔を彷彿
  させてくれます。 また、山岡鉄舟さんの常宿だったとしても歴史を感じます。

 多くの地方の商店街はシャッター街となっていますが、ここも例外ではありません。
          色々と企画し、頑張ってくれてはいるのですが・・・

  DSC03079.jpg  DSC03082.jpg
    東木戸跡               吉原商店街

  ご実家は少し離れた所にありますが、いかりや長助さんに因んで付けられたようです。

  DSC03084.jpg  DSC03083.jpg
      鯛屋旅館                  長さん小路

  商店街を出る手前で左折し、少し先を今度は右折すると・・・西木戸跡の標識が出ます。
         139号線を横切り、富知六所浅間神社方向を目指します。
       三日市場のお浅間さんと呼ぶ方が馴染みがあるのですが・・・・・

DSC03089.jpgDSC03090.jpg
                        西木戸跡

      お浅間さんに到着です。 手を清め、境内に入らせて戴きます。
  入口には、火山弾が設置されています。 建て替えられたばかりの本殿が
                     目の前です。

  DSC03093.jpg  DSC03092_20161020011045226.jpg
      火山弾                   浅間神社

 境内には、色々なものを目にして来た大きなクスノキが、どっしりと立っています。
 樹高15m、目通り13mの立派な大楠です。 県指定の天然記念物だそうです。
          何とも立派! 色々な植物も着生しているようです。

         DSC03097.jpg
                 県指定の天然記念物 大クス

    (ちょっと長くなりそうなので・・・・・お昼を済ませ、続きは3-2へ持越しです。)



comment

管理者にだけ表示を許可する

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる