お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

富士山周辺の紅葉

 11月に入り、カレンダーもペラペラになって来ました。 残す所あと・・・2枚! 
     観察会の下見で、紅葉の進み具合を見ながら歩いて来ました。

この所、天候も不安定でしたが、快晴とは行かないまでも、歩くには充分です。
    富士山も、先日の初冠雪時以上の雪帽子?の状況です。 

 国道沿いからはヤクシソウが沢山見られましたが、林道に入ってからはリンドウと
    リュウノウギクが目立ちました。 ヤマラッキョウも少し咲いていました。

  DSC03583.jpg  DSC03579_20161101234004491.jpg
                リンドウ&リュウノウギク

  この時期、色とりどりの姿を見せてくれるノブドウは何だか夢心地になるような
                    雰囲気があります。

      林道を登るにつれて、少しづつ紅葉が目に入るようになって来ました。

  DSC03565_20161101234003d6d.jpg  DSC03568.jpg
       ノブドウ               紅葉の始まり

  時折、車を止めては道ばた観察です。 この辺りにあった筈・・・と目を凝らしますが、
        草刈りで消えてしまった植物はもう目に入って来ませんでした。

  DSC03590.jpg  DSC03578.jpg
         紅葉の始まり            リュウノウギク&ヤマラッキョウ

      コケの隅間を縫うように、コケリンドウの小さな苗が目に入ります。

DSC03593_20161101234318bd5.jpgDSC03598_2016110123431713c.jpg
      フデリンドウ                  コケ

   静岡県から山梨県へ抜けて、ここからひと登りし、尾根道に出る事にしました。
          紅葉の見頃はあと少し先のようですが・・・・・・

ここからだと尾根へ出るまでは1時間弱です。 でもちょっと急斜面だったり、足元が
       不安定です。 皆で歩けるかなあ? とちょっと心配。

  DSC03604_20161101234614d4a.jpg  DSC03609.jpg
      登山道入口 

 カラマツや広葉樹混じりの登山道です。 キノコがポツポツと出て来ました。                 

    DSC03612.jpg   DSC03657_201611012346117fd.jpg   DSC03622_20161101234612c91.jpg
              キノコたち

カラマツもホンの少し色づいて来たようです。 あと少しの時間、足踏みして欲しい・・・
              1週間先に歩く予定ですので・・・・・

  DSC03619.jpg  DSC03620_20161101235111e1e.jpg

 40分ほどで、尾根に出ました。 この辺りまで来ると、紅葉も大分進んでいます。
落ち葉の紅葉が綺麗です。 オガラバナ・ウリハダカエデ・ハウチワカエデ・ミネカエデ・・・
              カエデの仲間は、良く目立ちます。

  DSC03641_201611012351097eb.jpg  DSC03633_20161101235111d70.jpg

    さて、どうしよう? お昼前の出発でしたが、まだ時間もあります。
雪見岳まで行ってみる事にしました。 頂上付近のブナの木がなかなか良かった
                 のを思い出しました。

  DSC03644.jpg  DSC03647_2016110123575607d.jpg

        うわ~、綺麗・・・・・  時折立ち止まっては空を見上げます。
  光が差すとより輝きが増します。 誰もいない尾根で、時折聞こえるのは小鳥の
                さえずりだけ。 あと少し・・・・・

  DSC03679_201611012357552d9.jpg  DSC03653.jpg

        木々の間から見えるのは南アルプス前衛の山並でしょうか?
     この黄色いキノコは、カベンタケモドキ?それともカベンタケでしょうか? 

  DSC03671.jpg  DSC03675_20161102002527267.jpg

    雪を被った富士山が見えて来ました。 午後になり曇っていたので、
こんな姿は諦めていました。 まだまだ雪が足りないのですが、富士山はこうでなくては!

  DSC03686_2016110200252590c.jpg  DSC03684.jpg

  頂上手前が少し明るくなっているような気がします。 折れた木々が取り払われた
   ようです。 大きなブナの木々は健在で、ササの間から楽しむ事が出来ます。

  DSC03680.jpg  DSC03688.jpg

 枯れてしまったようですが、こうなった今も大きなブナの木は存在感があります。
 イワギボウシの咲いた跡がたくさん残っています。 ちょっと近くから見たくなり
笹を掻き分け進みます。 ダニは大丈夫かなあ? 今年初めて体験済みですので
     恐る恐る・・・・・ 観察した後は素早く脱出し、洋服を掃います。

  DSC03697.jpg  DSC03692.jpg

  さあ、後は帰るだけです。 登りは山梨側でしたが、帰りは別道の静岡側へ下りる
事にしました。 下りたあと、トンネル内を歩かねばならないのがちょっと嫌ですが・・

  DSC03701.jpg  DSC03698.jpg

 コチラの下りは、苔むした岩がゴロゴロ・・・・・ 気をつけながらゆっくり下って行きます。

  DSC03712_20161102164129200.jpg  DSC03706_20161102002827129.jpg

           ジュウモンジシダでしょうか? この仲間も多く見られました。
  それ程時間もかからずトンネルの脇に出ました。 斜面が急な上、登山道も細いので
                   少し気を使いますが・・・・・

 問題はこの後です! トンネルの一人歩きはちょっと・・・ライトを付け、歌を口ずさみ
      ながら、歩きました。 短いトンネルなので、どうにか・・・・・

  DSC03709.jpg  DSC03727_2016110216412799a.jpg

       あっ、笠雲が掛かっている! 富士山のように見えますが・・・・・

                   側火山の、大室山でした。

  DSC03732_20161102164126940.jpg  DSC03747.jpg


     観察会当日は、青空のもと紅葉真盛りの中を歩きたいものです。



   

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)