お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

溶岩樹形観察会

    5日、これまた楽しみにしていた溶岩樹形の観察会が行われました。
    本日は・・・ 奇石博物館のK副館長にお願いして解説して頂きます。

一昨年、Mさんから溶岩樹形がたくさんあるよ! とメールが送られてきました。
     一緒に出掛けてみると・・・ホントだ!  凄~い! 

DSC08157.jpgDSC08204_2016110723262233f.jpg

          そこには沢山の溶岩樹形が口を開けていました。
 溶岩樹形とは、溶岩が流れた際に、そこにあった木々を巻き込み、それ自体は
          燃えてしまった後、鋳型だけが残ったものです。

   背側に高まりがあり、竹を斜めにスパッと切ったような形をしています。
 かぐや姫伝説の残る富士市らしい・・・まるで、 ”かぐや姫溶岩樹形群” です。

  DSC08212_201611072326222f3.jpg  DSC08221_20161107232621e85.jpg

             その周辺には、シダや苔もたくさん見られます。

  エビゴケ  オオサナダゴメモドキ
   エビゴケ                 オオサナダゴケモドキ

            (ここまでは、昨年の溶岩樹形の写真です)

       ****************************

 さて、いよいよ観察会の始まりです。 Kさんからこの周辺の、溶岩のお話を
    伺いますが、まずはプレートの事から丁寧に解説して頂きました。
    たくさんの質問にもきっちりと答えて下さり、皆さんとても熱心です。

  DSC09742.jpg  DSC09745_201611072327455c8.jpg

     切株やガサガサの溶岩の上ですので、足元に気をつけながら進みます。
              沢山ある中の、いくつかを観察しました。

         樹形の中からの紅葉が陽に輝いて、とても綺麗です。 

  DSC08157.jpg  DSC09755_20161107232744f51.jpg

              DSC09749_20161107233406011.jpg

          この溶岩樹形を作っているのは、東臼塚溶岩流だそうです。
     近くに出ている小天狗溶岩流と比べてみました。 東臼塚には、白っぽい
                  斜長石が多く含まれています。 

  DSC09759_20161107233729326.jpg  DSC09762_20161107233728980.jpg
     小天狗溶岩 & 東臼塚溶岩           ツルシキミ

        最後に、一番大きな樹形の周りに並んで記念撮影です。
   樹形自体は見え難いですが、周囲の人からその大きさが推測できますね。

             DSC09776_20161107233728539.jpg

        *****************************

    終了後、別の活動に途中から参加しようと、紅葉の中、車を走らせました。 
   合流しようとGPSを頼りに森に入りましたが、途中GPSの動きがちょっと変! 

 合流は諦め、周辺の森を楽しむ事にしました。 電話もやっと通じ、その旨連絡。

  DSC09793_20161107233727007.jpg  DSC09797_2016110723372688e.jpg

               紅葉も大分下りて来た富士山麓です。
   時折藪こぎをしながら、森の中を楽しみました。 駐車場で皆さんと合流 

  DSC09808_20161107233838897.jpg  DSC09811_20161107233837fad.jpg

 帰りには車を止めて、黄葉を愛でます。 太陽があたればもっと綺麗だろうなあ・・・

  DSC09818_20161107233837571.jpg  DSC09819_20161107233836042.jpg

    赤いのが目に入り、近づくと・・・・・ 実付きのいいメギの木が数本!
                     凄いねえ・・・

  DSC09826_20161108213813b63.jpg  DSC09830_20161108213812902.jpg

               標高1000m余りが見頃の富士山麓でした。

         DSC09834_20161108213811c9f.jpg


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)