お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋の剣山を歩く

  四国滞在は、5日間の予定です。 本日12日、そして法事の行われる13日は
            晴マーク。 14日から下り坂の予報です。

12日久しぶりに、剣山へ行く事にしました。 国道492号の木屋平を抜けて行けば
近いのですが、まだ通行止めが続いていると思い、遠回りの国道438号の貞光から       
              剣山へ向かう事にしました。

 相方は、登り口の見ノ越からリフトで西島駅まで向かい、私は登山道を行きます。
            神社でお参りをしてからいよいよ出発です。

  DSC09927_201611180949504f2.jpg  DSC09929_20161118094950a5b.jpg
    宮尾登美子さんの碑             剣神社

  カエデ類はまだ葉っぱの残っているものもありますが、少し登ると落葉した
 木が多く、林内がよく見渡せます。 ヤドリギが目に付きやすいのもこの季節
 ならでは・・・です。  ブナ・シロモジ・ミズナラ・リョウブ・ハウチワカエデ・・・・・

  DSC09936_2016111809494830d.jpg  DSC09933_20161118094949870.jpg
              ヤドリギ               ブナの巨木 

手軽に登れる山、そして天気もよく土曜日と言う事で、登山者も多いようです。
     私の前後にも若いカップルが仲良く頂上を目指していました。

  DSC09955_20161118094947085.jpg  DSC09958_20161118095058703.jpg
      震える葉っぱ              西島神社

      リフトの終点、西島駅でちょっと景色を楽しみ、上を目指します。
         幾重にも重なる山々が気持ちを高揚させてくれます。

DSC09966_20161118095056fbe.jpg
   頂上ヒュッテ                       右奥・・・三嶺1983m(みうね)

 途中でお会いした方に伺うと、国道492号は、中尾山(なこうやま)方面は無理だが、
         垢離取から穴吹方面は通行可能らしい。  ホントだ! 
            大きく崩れた場所は修復され車が通っています。
  
  DSC09971_20161118095056a74.jpg  DSC09977_20161118095055d35.jpg
   長期間通行止めだった崩落地(国道492号)        洞の目立つ巨木

刀掛けの松を今回はまっすぐ進みます。 ここから左手に入ると、夏はキレンゲ
       ショウマ・シコクフウロ・ヒメフウロなどの花が多く見られます。

  DSC09976_20161119023548739.jpg  DSC09985_2016111902374233c.jpg
   石灰岩の登山道                   刀掛けの松

   ミヤマハナゴケ?など地衣類を楽しみつつ登って行くと・・・剣山本宮。
 ここを潜れば、頂上ヒュッテ横を通り、クマザサの広がる平家の馬場、そして
    木道が広がる頂上です。 その前に頂上ヒュッテへ寄ります。

DSC00006_20161119023742b47.jpgDSC00016_20161119023741bfc.jpg
                             ここを潜りもうすぐ頂上

           ここまで来ると、360度見事な景色が広がります。
 厚みのあるしっかりとした木道の脇にはテラスが設けられ、休憩が出来ます。

  DSC00021_2016111902374020b.jpg  DSC00026_20161119023739b35.jpg

   暫し、体を休め四方に目をやります。 ホントに気持ちがゆったりとして来ます。

DSC00027_201611190241424c5.jpg

 それでもやはり2000m弱の標高がありますので、ダウンを着て丁度いい位の
                   気温です。

DSC00028_2016111902414165e.jpg

    お昼を済ませ、さて・・・・・ 相方はそのまま見ノ越登山口まで下ります。
 何度も来ていながら、その先へは足を伸ばした事がありませんでした。 次郎圾・
一の森・・・どちらにしようか?・・ お花畑を経由出来る一の森へ向かう事にしました。

  DSC00037_20161119025201ad4.jpg  DSC00038_20161119025201811.jpg
     三角点

 皆さんが休憩されているテラス脇を抜け、まっすぐ下ります。 周囲はクマザサのみ。

  DSC00044_201611190252000ad.jpg  DSC00047_2016111902515992e.jpg
                            一の森方面

   次郎圾の姿は堂々としてなかなかいい感じです。 次回はそちらへ・・・・・

  DSC00053_20161119025412e19.jpg  DSC00052_201611190251583e0.jpg
                                次郎圾

 あとひと登りで一の森です。 帰りはこの分岐から刀掛けの松へ向かう分岐を
                   行く予定です。

  DSC00090_2016111902541025e.jpg  DSC00071_2016111902541100f.jpg
      一の森へ                  シコクシラベ

 木造の小屋の前を抜け、一の森ヒュッテまで来ました。 ちょっとひと休み・・・
              小屋は既に閉じられていました。

  DSC00098_20161119025410c14.jpg  DSC00106_20161119025409363.jpg
           一の森小屋             一の森ヒュッテ

  尾根へ出て、今来た道を振返ります。 広い頂上と次郎圾がいい姿です。

         DSC00109_20161119030144e24.jpg

   一の森周辺は、ヒメコマツが多いようです。 かなり大きなヒメコマツです。

         DSC00114_20161119030144261.jpg

  この白骨木は剣山では昔からよく見る風景です。 でも少なくなった??
     
  DSC00125_201611190301420b7.jpg  DSC00120_20161119030143df0.jpg
        白骨木                   一の森三角点

 ここで相方に連絡し、一の森から垢離取(こりとり)まで下り、そこで待ってて貰う事に
          しました。 時間は・・・多分大丈夫でしょう!

    周辺は葉を落とした木々ばかりです。 トントン・・・と下って行きます。

  DSC00150_201611190301412cc.jpg  DSC00174_2016111903041500b.jpg
            ブナ                   ハリギリ

 途中、??と思う場所もありましたが、テープも付けてくれているので、大丈夫そう。
所々、開けた場所もあり、時間さえあればちょっと寄り道したい所ですが、グッと我慢!
             下るにつれ、黄葉がよくなって来ました。

DSC00195.jpgDSC00202_20161119030414192.jpg

 剣神社まで下って来ました。 人の気配の無い庭ですが・・・景色は素晴らしい。
 赤い実が落ちていました。 見上げるとイチイのようです。 見慣れない葉っぱも
    ありましたが・・・・・これは、大台ケ原で見たヤハズアジサイのようです。
       
  DSC00203.jpg  DSC00207_20161119030413fb7.jpg
          剣神社                   イチイ

そのちょっと下には剣山龍光寺があります。 でも今は住まわれてはいないようです。
      そこを下ると、なかなか立派な石段があり、池の紅葉も見頃です。
     葉を落としたナナカマドにはいっぱいのまっ赤な実が付いていました。

  DSC00218_20161119031037ae5.jpg  DSC00221_2016111903103767e.jpg

   車道から登山道に、また車道に出てすぐ登山道へ・・・何度繰り返したでしょう?

                 おっ、大きなキノコ・・・・・

  DSC00226_20161119031036eac.jpg  DSC00225_20161119031034c0f.jpg

      足元は急斜面で細く、ちょっと気を使いますが、ドンドン下るのみ。
  時折足を止めては、黄色く色づいた空間を楽しみます。 シロモジが多いようです。

          DSC00240_2016111903144183d.jpg
                      シロモジ

          更にドンドン足を進め・・・・・終点は近いようです。

  DSC00260_20161119031856787.jpg  DSC00292_20161119031919006.jpg

どうやらここが最終の車道のようです。 壁にはりついたギンバイソウやモミジハグマ?
      を観察しながら歩くと、見覚えのある車が見えて来ました。 

    DSC00267_20161119031855c95.jpg   DSC00269_20161119031855941.jpg   DSC00272_201611190318534ba.jpg

               やっと垢離取に到着です。

   高校生の頃初めて剣山に登った時、バスは多分ここまでしか運航して
いなくて、ここから登ったような?・・・ でも当時、今の道ではありませんでした。

  その時お会いした、もう少しでご結婚されると言うお二人との出逢いが懐かしく
      当時一緒に歩いた部活の仲間と共に懐かしく思い出されました。

         DSC00276_20161119031854769.jpg

    今回は帰りのコースを変更したので、見たかったツルギカンギクに
               出逢えずじまいでした。 残念・・・  

  
  

| 山歩き・歩き | 2016-11-17 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

こんにちは キレンゲショウマさん

 生家も法事でしか訪れることがなくなると 時の移ろいを
実感するようになりますね。
懐かしの剣山、2年前の四国遠征を振り返りながら
山と高原地図で今回のキレンゲショウマさんのルートを辿り
楽しませていただきました。
 共に山を歩き 時にアッシー君を務めてくださる相方さんにも
拍手を送ります。

| 俄歩人 | 2016/11/20 13:06 | URL | ≫ EDIT

          我歩人さま

 こんばんは!
人の気配の無い家に入るのは、ホント寂しいものですね。
相方とカーテンを開け、空気を入れ替えると、父が住んでいた頃の
香りを感じて少しホッとします。

姉たちが時々手入れをしてくれているので、まだすぐに活動できますが、
家が傷んで行くのは早いでしょうね。

 剣山も久しぶりで、この季節は初めてでした。
いつも気まぐれな自分につきあってくれる相方にはいつも感謝です。
相方に拍手、有難うございました。

 我歩人さんも四国、剣山を歩かれましたね。
懐かしく想い出して頂ければ嬉しいです。

 

| キレンゲショウマ | 2016/11/21 21:03 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT