お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

冬枯れの富士山麓

           すっかり冬の寒さに突入した富士山麓です。
 ウィークデー観察会の下見に出掛けました。メンバーはIさん・Oさんとの3人です。
以前はよくご一緒させて戴いたものですが、この所、3人で歩く機会は減っていました。

  今回は・・・西臼塚から林道を歩き、村山古道の一部を歩いて西臼塚へ戻る
                    というコースです。
  途中の 「富士山夢ロード」 からは、北岳・間ノ岳・農鳥岳が真っ白でした。

  DSC09939_20161212221631524.jpg  DSC09940_20161212221630f8a.jpg
      農鳥岳  間ノ岳   北岳         駐車場から林道へ

  林道を歩き始めても、この季節・・・周辺は葉っぱを落とした木ばかりで・・・
それを承知で出掛けたのですが、まあこんなものかな?・・・ と時々 「何の木?」
      と、見上げながら村山古道の入口へ向かいます。

   んっ、苔の間に白いものがある! 近づいてみると・・・小さなシモバシラでした。
 今年初のシモバシラです。 ミニサイズばかりですが、そこにも、ここにも見られます。
              クリンと巻いた姿が可愛いです。 

  DSC09962_20161212221629cd3.jpg  DSC09952_20161212221630d2f.jpg
              シモバシラ

 これは何に出来たシモバシラでしょうか? テンニンソウではないかと思うのですが、
ホントのところはわかりません。 でも、四角い茎をしているので、シソ科・・・でしょう。

  DSC09966_20161212221628dae.jpg  DSC09968_20161212221746b0d.jpg
                シモバシラ

        おっ、こちらのは・・・ 鳥の羽が何かの茎に絡まっていました。
      暫くお喋りをしながらゆっくり歩くと、古道の入口が見えて来ました。

  DSC09974_2016121222174556d.jpg  DSC09975_20161212221744784.jpg
      鳥の羽根              村山古道

   ガサガサと落葉を踏みしめながら登って行きます。 林内は、色々な苔で
      覆われています。 そんな中からフデリンドウが見つかりました。
    株の中央には、すでに蕾のような膨らみを持ったものが付いています。
              こんな姿で冬越しをするのですね? 

  DSC09985_201612122217433dc.jpg  DSC09979_20161212221744797.jpg
                               フデリンドウ

    あっ、オオバコ似の葉っぱは、アケボノソウのようです。 来年咲く株です。
 ぶらっと林の中に入ると、食器のかけらが転がっています。 富士山麓では結構
           目にする光景です。 その中にもフデリンドウ・・・

  DSC09989_20161212224417ce4.jpg  DSC09992_201612122244179f6.jpg
      アケボノソウ               散乱する食器のかけら

  そして、よく出会うのはこんなものです。 シカの骨や歯、頭蓋骨、毛・半分位
          残っていた骨格。 今日はこれら全てに遭遇 

    DSC09993_2016121222441684b.jpg   DSC09994_20161212224415567.jpg   DSC00088_20161212224414994.jpg
    シカの・・・・・骨          歯            頭蓋骨 

       ホント、苔が綺麗です。 名前がわかると楽しいのだけれど・・・・・

  DSC09997_20161212224513821.jpg  DSC09999_201612122245127e1.jpg

                 気持ち良さそうな毛並み?です。

  DSC00006_20161212224510640.jpg  DSC00002_20161212224510c59.jpg

  文字通りのゆっくり歩きで、2時間弱掛けて中宮八幡堂跡に到着です。

         DSC00008.jpg
           20年ほど前に再建された中宮八幡宮

   沢沿いを少し登ると、小さな祠?と小さな苔むした石碑が祀られていました。
     村山古道の地図には、八大竜王・水神祠・井戸跡と記されています。

                炭焼き跡も確認出来ました。

  DSC00010_2016121223084132b.jpg  DSC00014_201612122308397bb.jpg
            祠                       炭焼き跡

     日沢を渡り、東に向け更に進みます。 溶岩にも苔がいっぱい・・・

         DSC00016_20161212230839bee.jpg

   これはマイヅルソウの果実でしょうか? 枯葉の中に赤が目立ちます。

           わ~! フデリンドウの木登りです!

   大きな木の地上50~60センチの高さの位置にフデリンドウが苔の布団に
                   包まれていました。

  DSC00041_20161212231041f2a.jpg  DSC00036_2016121223104030b.jpg

     葉の落ちた林内は見通しもよく、何だか開放的な気持ちになります。
             Oさんがホオノキでこんな仮面姿に・・・・・

DSC00029_20161212231043553.jpgDSC00030_201612122310425e3.jpg

          そして、Iさんも気持ち良さそうなコケにダイビング??
             お喋りをしながら・・・・・テンションあがります。

        DSC00051_201612122315083ff.jpg

 女人堂跡まで来ました。 かつては、女性が登れたのはここまでだったそうです。
    ここでお昼にしました。 日射しは少しあるものの、なかなか寒い・・・

  DSC00042_2016121223103991a.jpg  DSC00093.jpg

       昼食を終え、程なく村山道からスカイラインの道へ合流しました。
 さて・・・今日は、ここから時々森の中を覗きながら、西臼塚の駐車場へ戻ります。
このキノコ何だろう? 膨らみを押すと胞子が飛びだします。 ホコリタケの仲間かな~
 と、図鑑を調べたのですが、それらしいものは無い。 別の仲間かな~?

               こちらはアオダモの実でしょうか??

  DSC00084_201612122320049c0.jpg  DSC00068_20161212232005c21.jpg

     枯葉の間から巨木が目に入りました。 そちらへ入ってみると・・・・・
    立派なカツラとミズナラでしょうか?? ちょっと確認を怠っていました。
  大木は出逢うだけで、何だか心がゆったりして来ます。 力を戴けます。 

DSC00097_20161212232002b37.jpgDSC00103_20161212232115773.jpg

 ヤドリギもこの季節はよく目に入ります。 そうこうしている内に、駐車場に到着!
     富士山はすっかり雪に覆われて、このまま冬の眠りにつきます。

  DSC00109_201612122321150be.jpg  DSC00116.jpg
        ヤドリギ                富士山

  下見も無事終え帰りますが・・・・・何かが茂みに入ったので、その奥を見ると・・・
              シカが4頭コチラを見ていました。

     少し先では、車に驚いた雄のヤマドリが2羽飛び立ちました。
 飛んでいる姿を見るのは初めてです。 車を止め、そっと近づいたのですが、
 私の足音に気付き、大急ぎで走って逃げられてしまいました。 残念~・・・
    以前もこの近くで見ているので、住処がこの近くにありそうです。

   更に進むと・・・私は気付かなかったのですが、何か茂みに見えたようです。

      富士山麓は、植生や生き物も豊かで、なかなか楽しい所です。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)