お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウィークデー観察会で大室山(富士山側火山)へ

       9日の下見のあと、14日に観察会で大室山を歩いて来ました。 
  雪の無い季節は何度か訪ねていますが、雪の中ウォークは初めてです。
雪の状態では、大室山の裾野を散策予定でしたが、下見・本日共に山男のSさんが
      先導して下さるので、大船に乗った気持ちで山へ入ります。

DSC09723_20170216213055847.jpg  DSC09734_20170216213054eae.jpg
       森へ入ります                曲がりに曲がった木

 大室山へ向かう途中には、ソヨゴ・クロソヨゴ?・アセビなどに混じり、針葉樹も
見られます。 見上げると、チョウセンゴヨウのマツボックリがたくさん付いていました。
           足元にもマツボックリがおちていましたよ。

DSC09727_20170216213051de3.jpg  DSC09742_201702162130522d3.jpg
        ソヨゴ                 チョウセンゴヨウ

     少し進んだ所でストレッチを行い、2万五千分の地図を広げて
  本日のコースを確認します。 近くにはシカの足跡もたくさん見られます。

DSC09743_201702162132303df.jpg  DSC09750_20170216213228f4f.jpg
    地図の見方とストレッチ               シカの足跡

  この松ぼっくりは何でしょう? イラモミのような気がしますが、いつも??のまま
                    なのが悲しい事です。

        DSC09735.jpg
                     イラモミ?

  これは何だろう? 雪の上でよく見る小さな小鳥にも見える種ですが・・・ 
 ウダイカンバかと思われましたが、帰宅後調べるとどうやらミズメのようです。

DSC09796_20170216215814e31.jpg  DSC09739_20170216213229d86.jpg
                      ミズメ

 途中には富士風穴もあります。 864年に富士山の側火山として流れた長尾山の
溶岩と3000年ほど前?に噴火の大室山との境がここではっきりとわかる場所です。
    今は雪で見にくいのですが、左のゴツゴツ溶岩が長尾山溶岩です。

DSC09747_20170216215325ff0.jpg  DSC09751_201702162132268bd.jpg

この広場には巨木もあり周辺散策も楽しいのですが、今日は皆でアイゼンを付け
      頂上へ向かいます。 初めは緩やかな斜面を登って行きます。

カラマツの植林の他、下部はイヌブナの優先する林です。 所々ブナも目立ち、ツガ・
            モミの仲間・ケヤキなども目に付きます。 

DSC09761_2017021621520139e.jpg  DSC09760_2017021621520289e.jpg

 青空を見上げると、高い木にはヤドリギがいっぱい付いています。 オレンジの実や
      黄色の実が付いています。 それにしてもたくさん付き過ぎですね。 

DSC09769_201702162151596d1.jpg  DSC09778.jpg

 木には沢山の蔓が巻いています。 こんなにグルグル巻きにされたのでは
堪りませんね! ヤマブドウの太いツルや、ツルアジサイ・イワガラミも・・・・・

 DSC09788_2017021621581702f.jpg   DSC09790_20170216215816ec2.jpg   DSC09795_201702162158156d1.jpg

  振返ると、十二が岳・鬼が岳や・・・・・右端っこには三つ峠も見えています。
     雪の上の落し物探しも面白いですね。 シナノキもありました。

DSC09800_20170216215814d6c.jpg  DSC09804_2017021622192852a.jpg

  元気印のYさんの声掛けで、「シーハイル」ならぬ「アイゼンハイル??」
木々には多くのコケや地衣類も多く見られます。 少しづつ名前がわかるように
             なるともっと楽しいでしょうね。

DSC09847_20170216221928ff3.jpg  DSC09829_201702162219272bc.jpg

DSC09828.jpg  DSC09844_201702162219250c8.jpg

   みんなの調子を見ながら、ゆっくり休みながら登り・・・・・ 頂上へ到着です。
「今日、上まで来られるとは思わなかった」 と皆さん喜ばれました。隊長と握手です!
     少し先には火口・見晴しの良い三角点もありますが、また次回・・・・・

DSC09862_201702162220298d0.jpg  DSC09870_201702162220280a7.jpg

  喜びを分かち合い、ひと休みした後は元来た道を帰ります。 目印の赤い布を
   残さぬように・・・・・  目線が違うと登りとは違った景色が目に入ります。

 イヌブナの殻斗は初めて見ました。 ブナより小さく、花柄が長いのですね?

DSC09873_20170216222027f68.jpg  DSC09884_20170216222027a90.jpg
  ホコリタケの仲間              イヌブナの殻斗           

    右手の一本立ちがブナの木、株立ちしているものはイヌブナです。
この辺りは、イヌブナ林が広がっていました。 他では私は余り見ない景色です。

DSC09882_2017021723083321d.jpg  DSC09817_20170217230831dfe.jpg
          イヌブナ林              モジゴケの仲間

  鳥・ウサギ・キツネなど多くの小動物の足跡を目にしましたが、不明も多く・・・ 
                  残念!                     

DSC09786_20170217230830e3e.jpg  DSC09877_20170217230832b04.jpg

  雪の中を楽しんだ9名の仲間たちでした。  お疲れさまでした~ 


| 富士山&周辺の山歩き | 2017-02-16 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT