秋の竜ケ岳

 11日、ウィークデー観察が行われ、13名で本栖湖湖畔の駐車場から竜ケ岳に向けて出発した。
湖の周辺は紅葉がまだ残っており、それを楽しみながら落ち葉の絨毯を踏みしめる。

 寒そうにヤクシソウ・リュウノウギクの咲き残りが震えていた。
          寒い、ほんとに寒い! いつの間にか軍手の中の指先が冷たくなっていた。

     コピー ~ DSC00611     コピー ~ DSC00688     コピー ~ DSC00622
      出発前の準備体操                            センボンヤリ

 
 ここは手軽に登れるお勧めの山! ひと汗かく頃には本栖湖が眼下にある。
それより先はずっと富士山を背に登る。振り返ると富士が大きな裾をひいている。
                 その姿は何とも雄大だ。 ニコニコ。 横向き

    コピー ~ DSC00623    コピー ~ DSC00624    コピー ~ DSC00629
     左は側火山の大室山         リンドウ            アブラチャン


                    2時間弱で広い頂上に到着。笑い。

      南アルプスの山々・八ケ岳が雲の間から顔を覗かせてくれた。
             向かいの雨ケ岳もホンの少し雪を被っている。 
                   
    コピー ~ DSC00632    コピー ~ DSC00635    コピー ~ DSC00646
         富士山          南アルプス赤石方面          本栖湖

             みんなの意見で帰りはブナ林コースを進む。
落ち葉についつい足をとられながらも、紅葉を楽しみながらジグザグ道を下っていった。
    ブナ・イヌブナ・コシアブラ・サワフタギ・アワブキ・カエデの種類も多い。

    コピー ~ DSC00662    コピー ~ DSC00659    コピー ~ DSC00676
                        本栖湖を眺めながら        ヤママユ

   雲に覆われた空だったが、一日中ずっと富士山が眺められ、いい山行ができました。拍手

                      お疲れさま~・・・

comment

管理者にだけ表示を許可する

キレンゲショウマさん始めましてお便りさせていただきます。
山歩屋と申します。
富士山周辺の様子、意外ですねぇ!
『富士山の2/3は真っ白。
 南アルプスも白いシーツをかけている。』くらいに思っていたのですが!
富士山はごま塩頭、南アルプスは黒々頭。
リンドウは咲いてるし、紅葉の時季もまだ続いているし…
冬はまだ先なんですかね?

今、中国・四国j・九州が紅葉の時季を迎えていますよ…
3000m高峰が、冬の準備をサボってますね!

 山歩屋さんはじめまして!
時々ブログを拝見させて戴いています。 コメントをありがとうございました。
12日にまた降雪があり、7合目辺りまで白くなっていました。(月夜に浮かぶ富士はキレイ!)
でもまだ溶けたり、風に飛ばされたりで雪付きが悪いです。

 こんな事を繰り返しながら、真っ白な富士山になっていくのでしょうね。
今月25日で富士宮口新五合目までの道は通行止めになります。

 竜ケ岳は1485mですが、中腹まではリンドウがまだ残っていました。
その上はカラカラのものが風に揺れていましたよ。ここからの富士山には圧倒されます。
正月前後にはダイヤモンド富士を見ることが出来ます。今後ともよろしくお願い致します。

 来週から暫く四国の山奥生活になります。
こちらでもまだ紅葉に出会えそうですね、楽しみです!!
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる