お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久しぶりの日帰り奈良田温泉

 奈良田温泉に古民家カフェが一昨年オープンしたというので出掛けました。
         我が家からは2時間位の距離でしょうか・・・
 
     本日は運転手なので途中駐停車は思いのままです。 
 気になると車から降りて確認し、カメラに収め、眺め、先へ向かいます。

DSC09935_201703052316588ac.jpg  DSC09936_20170305231658b93.jpg

    山間部で湿気の多い場所では、シダやコケが沢山見られます。

       DSC09942_20170305231657819.jpg

  この切れ込みの多い葉っぱはジンジソウ? 花がないとお手上げです。

       DSC09947_20170305231656689.jpg

足下に落ちている石も面白そうです。 先を急ぐのでじっくり観察はできません
       が、小さな空隙に沸石のようなものが見られます。
     たたいてみると新鮮な何かが出てくるかもわかりません。

       DSC09954_20170305231823c7b.jpg

   空気の良い場所では地衣類も多く、色々な種類が付いています。

DSC09966_201703052318214d1.jpg  DSC09973_20170305231819176.jpg

  岩壁には、イワユキノシタでしょうか? 沢山の葉っぱが見られます。
      お花の季節には見事な壁になることでしょうね。 

       DSC09949_20170305231655e7c.jpg

     そんなこんなで1時を過ぎてから目的地に到着です。
車を止めて坂道を上っていきます。 日帰り温泉施設のすぐ上が目的地です。
  建物は富士吉田市から移築されたそうで、ゆったりと落ち着きます。

DSC09976_20170305231818995.jpg  DSC09980_20170306124047df3.jpg

入って左が店内です。 右手には地元周辺も含めたポスターが展示されて
   いました。 なかなか興味のあるポスター類で、暫く楽しみました。

DSC09979_20170306124048087.jpg  DSC09977_20170306124049569.jpg

 2014年南アルプスユネスコエコパークが認定され、その移行地域として
     活動されているようです。早川町の力強さを感じます。

調べてみると、ユネスコエコパークは、核心地域・緩衝地域・移行地域の
        3つで構成されていることがわかりました。

移行地域 : 自然環境と調和した農業や歴史、文化を生かしたエコツーリズム
         などが行なわれている地域。

 ここで少し遅めの昼食に。 鹿肉のトマト煮、白鳳味噌のキノコと鶏肉の
  生パスタ・コーヒー・エゴマ入りチーズケーキを美味しく頂きました。

       DSC09983_20170306124206705.jpg
      
           そのすぐ上には白籏史朗記念館があります。

DSC09991_201703061242047d7.jpg  DSC09990_201703061242054f3.jpg

久しぶりの奈良田温泉につかります。 ぬるっとしてて、とても良いお湯です。
      時間をかけてゆっくりとその湯を楽しみました。

まだ散策できる時間もあります。 少し戻った吊り橋を渡り対岸へ行きました。
    奈良田七不思議の塩の池を見たり、河原へ降りてみました。

DSC00002_20170306124203449.jpg  DSC00004_201703061242025dd.jpg

  河原で目立つのは虎石風の変成岩が多いようです。 水が透き通った
                    早川の流れです。

       DSC00012_20170306233606bad.jpg

              また場所を変えて観察を続け・・・・・

DSC00025_20170306124511892.jpg  DSC00026_20170306124510210.jpg

DSC00028_20170306124510b27.jpg  DSC00031_20170306124509eba.jpg

DSC00034_20170306125934013.jpg  DSC00036_20170306125933d5c.jpg

最後に糸魚川静岡構造線が近くで見られる「新倉露頭」のある河原へ降りました。
ここは長野県大鹿村の中央構造線(北川露頭・安康露頭)とともに、国の天然
         記念物にも指定されている貴重な場所です。

過去2度ほど訪ねたことがある場所です。 川の左岸に見られ、左手に古い
 四万十帯瀬戸川層群の黒色粘板岩、右手に新生代新第三紀中新世の
凝灰岩類からなり、左の古い地層が右側の新しい地層の上にのし上がって
             いる逆断層だとのこと。

DSC00053_20170306125935b56.jpg  DSC00054_201703061259340b6.jpg

             河床には大きな青石も転がっていました。

       DSC00040_201703061259361e1.jpg

さて、本日見たい所はほぼ見られました。 満足の内に我が家へ向かいます。

「いつになったら家に着くのやら・・」 と言う隣からの声も聞こえてはいますが
     いったん家を出れば、それは本人にもわからない事なのです。 



| 植物・風景 | 2017-03-05 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT