お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大岳ちょっぴり歩き!

   数年前に歩いた愛鷹の峰の一つ「大岳」方面を少しだけ歩きました。
5月にはツツジも良くなる地ですが、人が少なく落ち着いた歩きのできる山です。

大棚の滝を見つつ登っていきます。 見上げると、橋の欄干にはバンジージャンプ
       の装置が目に入ります。 まだ人影はありませんでした。

       DSC00065_201703102341142dc.jpg

    沢沿いの遊歩道は小さな流れもあり、心地よく進みます。
フサザクラも赤い雄しべを広げ始めました。 木によっては、昨年のドライ
       フラワーを残したままのものもありました。

       DSC00063_20170310234115032.jpg

   ゆっくりノンビリ観察しながら歩き、須津山荘までやって来ました。
大岳へ行くにはこの脇から登り始めます。 道の両側はスズタケに覆われて
       います。 この辺り、元気なのはシダの仲間です

DSC00075_20170310234112ed2.jpg  DSC00074_20170310235209122.jpg

              ヤマアイの濃い緑の葉が目立ちます。

DSC00070_20170310235211934.jpg  DSC00073_201703102341127df.jpg

  九十九折りの道を進みます。 時折り、キランソウ(タチキランソウ)や
         タチツボスミレの小さな苗が目にとまります。

DSC00083_201703102341550bd.jpg  DSC00084_20170310234154b41.jpg

     綺麗な花の付いたカンアオイの仲間が点々とありました。
 以前調べたものがズソウカンアオイかな?と思っていたのですが、
書物を読んでみると、オトメアオイとズソウカンアオイは似てるようで、
      私のような素人には判断が難しそうです。 

DSC00070_20170310235211934.jpg  DSC00082_20170310234156f0c.jpg

シキミの仲間もいつも迷ってしまいます。 こちらは真っ直ぐ伸び上がっているので
 ミヤマシキミかな? また曲がって寝たようなものもあり、こちらはツルシキミ?
おまけに顎と花柄が赤みを帯び蕾や花弁も紅色を持つ、アケボノミヤマシキミも
  あるようで、訳わかりません。 ここでは赤と白の蕾の両方が見られました。

DSC00090_20170310235759d04.jpg  DSC00087_20170310235800eda.jpg

1000mを超え、古い案内も残っています。 登山道沿いは手が入れられ、
              しっかりとした道が続きます。

       DSC00092_2017031023580158d.jpg

登りを終え、平坦部歩きになりますと愛鷹の峰が木々の間から見えてきます。
     ずっと樹林帯ですので、殆ど展望は期待できません。
いったん下って登ったあとが大岳なのですが、次の予定もあり、ここで引き
返すことにしました。 今度はまた季節を変えて静かな山歩きをしよう・・・
 
       DSC00108_20170310235900719.jpg

 これはオオバノイノモトソウでしょうか? 栄養葉は幅広で、胞子葉は細く
      裏を見るとソーラスが1列に並んでいるのですが・・・・・

DSC00114_20170310235858527.jpg  DSC00113_2017031023585979a.jpg
      胞子葉               栄養葉

 アレ? ちょっと変!  葉っぱは広めで、所々にソーラスが付いています。
               へ~、こんな子もいるんだね!

       DSC00116_201703120000592c4.jpg

 本日見られたのは、ミツマタの咲き始めと少し葉っぱがエンジ色を帯びている
                    フデリンドウ! 

DSC00121_20170312000058fee.jpg  DSC00129_20170312000058ede.jpg

  黄色いムカゴネコノメソウでしょうか? 足下で楽しませてくれました。

       DSC00131_201703120000576f8.jpg

                  ヒトツボクロや・・・
       
       ヒトツボクロ

      トウカイスミレ?も開花が待たれます。 あと少し・・・ですね!
       
       DSC00102_201703102357583eb.jpg

そして、この子はアサギマダラの幼虫です。 大きめの葉っぱに丸い穴が
    空いています。 そっと葉の裏を覗くと・・・いましたいました。
 
               元気に大きくな~れ!

       大きな葉っぱの正体は・・・・・キジョランです。 

   秋に、フワフワの絹糸光沢を持った綿毛がお気に入りです。

       DSC00061_20170310234157286.jpg

              

  

| 富士山&周辺の山歩き | 2017-03-13 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT