初めての谷川岳  その2

  谷川岳後半です。 がっ! 頂上までは、まだ暫く掛かりそうです。
ノンビリ隊は、花に足は止まり、時折見せてくれる墨絵のような景色に
    また足は止まり・・・ 何時になれば到着するのでしょう? 

   DSC09741.jpg

クガイソウが伸びやかにその尾を伸ばしていました。 一息つきながら下を
         覗き込むと、優しい色をしたお花畑です。

DSC09728_20170828011643aa8.jpg  DSC09719_20170828011642370.jpg
     クガイソウ                 シモツケソウなど

        大株で広がっているのは、ヤマブキショウマでしょうか?

       DSC09730_201708280116435c5.jpg
                  ヤマブキショウマ??

  まだ見ぬ全景は一体どうなのでしょう? 次回は眺めてみたいものです。

       DSC09739_20170828011641aec.jpg

 待ちわびたホソバヒナウスユキソウが出てきました。 残念ながら殆ど終って
      いましたが、僅かに黄色いお花が残る子もいました。

     このウスユキソウの仲間は、どの子を見ても好ましい・・・

DSC09750_20170828011640b08.jpg  DSC09755_20170830052032403.jpg
                 ホソバヒナウスユキソウ

            岩場では色々の花が咲き競っていました。

DSC09759_20170830042518e13.jpg  DSC09762_201708300425177d9.jpg
     ミヤマセンキュウ               ウスユキソウ

      富士山でお馴染みのミヤマシャジンやヒメシャジン・・・

DSC09775_20170830042517937.jpg  DSC09794_20170830042516a92.jpg
    ミヤマシャジン                ヒメシャジン

      地面を這うように咲いているのは、イブキジャコウソウです。
         そっと撫でて香りを嗅ぐと・・・・・ 良い香り。

       ピンク色のお花に混じって、白いお花も見られます。

DSC09788_201708300426462d5.jpg  DSC09786_2017083004264790c.jpg
  イブキジャコウソウ紅白           イブキジャコウソウ白花

蛇紋岩の岩場が続きます。 所々鎖があり、気をつけながら登っていきます。

   DSC09773_20170830042645073.jpg  DSC09768_20170830042648051.jpg
   ぬめっとした蛇紋岩           鎖を使って・・・

      お花を楽しみながら、慎重に・・・ お花たちに癒やされます。

DSC09782_201708301043406dc.jpg  DSC09803_201708301043390ca.jpg  DSC09823_20170830104338f2c.jpg
 シブツアサツキ     シモツケソウなど      ヒカゲノカズラ 

登り始めに見たホツツジですが、高度が上がると、ミヤマホツツジに変わります。
花柱がゾウさんのお鼻のようにクルッと丸まって上を向いているのが特徴です。

    相変わらずの岩場の登りですが、お花があると元気な二人組です。

DSC09830_20170830104337068.jpg  DSC09858_201708301043366fb.jpg
    ミヤマホツツジ              登る登る・・・

     こんな調子ですから、タイムコースよりかなり遅れ気味です。
     それでも頂上が近くなってきました。 あとひと頑張りです。

DSC09861_20170830104512ede.jpg  DSC09804_201708301045128b1.jpg
   キソチドリ                 チシマゼキショウ

      タテヤマリンドウは花を閉じたまま・・・ まあ、仕方ないですね!
          オニシオガマは、やっと咲き始めたようです。

DSC09863_201708301045119f4.jpg  DSC09872_2017083010451090f.jpg
      タテヤマリンドウ              オニシオガマ

              大きな岩・一枚岩の蛇紋岩も大きい~。

         DSC09881_20170830104509053.jpg
            蛇紋岩のイワ・いわ・岩・・・

  終盤のタテヤマウツボグサでしたが、中にはまだこんな良い子もいました。

        DSC09886_20170830105028ad4.jpg
                  タテヤマウツボグサ  

      雨に濡れ少々お疲れ気味のカラマツソウの仲間です。
  観察力不足で、名前がわかりません。 ?が多くなったブログです。 

DSC09896_2017083011444486e.jpg  DSC09873_201708301059381ed.jpg
     ?カラマツ              クロバナヒキオコシ

   ザンゲ岩などあるのですね。 心の中で 「ザンゲ・・・」 です。

DSC09940_2017083010593437e.jpg  DSC09919_20170830105936c32.jpg
     ウラジロヨウラク             ザンゲ岩

                    さらに頑張って進みます。

DSC09935_20170830105935353.jpg  DSC09944_2017083011005660e.jpg
     タカネアオヤギソウ              タニウツギ

 頂上近くになると雪渓が残っていました。 雪解けを終えてまもない場所には、
          遅ればせの子たちが顔を出しています。 

       これだからこそ季節外れの子に出逢えるのですね!
 
   DSC09957_201708301100554b7.jpg  DSC09968_20170830110054320.jpg  DSC09969_20170830110053c59.jpg
  ムシトリスミレ   ショウジョウバカマ    ジョウシュウキバナノコマノツメ? 

  数は多くないのですが、色々な種類の子たちが待っていてくれました。

DSC09988_20170830110052ff7.jpg  DSC09990_20170830110924fe2.jpg
      イワカガミ                 イワイチョウ

   わ~、とっても綺麗な良い状態のオゼソウが林立しています。
 優しい色合いで・・・いいですねえ。 暫く見惚れてしまいました。

DSC09978_20170830110922afb.jpg  DSC09976_201708301109235d1.jpg
                     オゼソウ

  お花たちも楽しんだし・・・さあ頑張って登らないと帰りが心配です。

DSC09991_20170830110921839.jpg  DSC09996_20170830110920cf8.jpg
      アカモノ                 ハクサンコザクラ

   頂上へはあとひと登りです。 茎や葉が少しエンジ色を帯びたキオンが
        咲いていました。 何か別の名前があるのかなあ?・・・

DSC00005_20170830111154be1.jpg  DSC00007_20170830111153f1b.jpg
                            キオン

             やっと頂上です。 トマノ耳! 

        麓から眺めただけのピークに立っています。
  遅い食事をとり・・・次に来るはずですから、オキノ耳は宿題とします。

DSC00014_20170830111151fc5.jpg  DSC00009_20170830111152128.jpg
      ミヤマシシウド                 トマノ耳

    ゴロゴロとした岩場をドンドン下ります。 肩の小屋も過ぎ・・・

DSC00042_2017083011154165f.jpg  DSC00047_201708301111509df.jpg
      オオバツツジ?              マイヅルソウ

    真面目な下りです!  ただ、何か目に付くと・・・止まってしまう。

DSC00051_20170830111540ae8.jpg  DSC00034_201708301115404ac.jpg
     ノギラン                    スミレモ?

 岩場を下りきり、避難小屋まで来るとロープウェイ乗り場は近いようです。
      なだらかな道沿いにはシダが一面に広がっていました。

DSC00071_20170830111538346.jpg  DSC00056_20170830111539499.jpg
     一面のシダ                    グングン下る

 木道を辿り、天神平に向かいます。 最終のロープウェイが5時とのことで、
                充分間に合います。

DSC00086_201708301116589ae.jpg  DSC00113_20170830111657297.jpg
     あと少し・・・              タマガワホトトギス

図鑑で見て、なかなか可愛いお花・・と思っていたアクシバに初めて出逢えました。
       少し遅めでしたが、やっぱり嬉しいものです。

        DSC00080_201708301116589dd.jpg
                      アクシバ

 出来れば下りも歩きたかったけれど・・・ あの歩きでは、時間が足りません。
     初めての谷川岳の余韻を楽しみつつロープウェイで
         あっという間に出発点に帰ってきました。

   ゆったりと温泉に浸かり・・・ 助手席でゆったりさせて頂きました。

DSC00119_2017083011165610b.jpg  DSC00128_20170830111655a64.jpg
    ロープウェイ乗り場              茅の輪くぐり?

   とっても楽しい山歩きが出来ました。 Kさんありがとうございました。

                 次はいつ来られるかな~?

 (慣れない場所で、お花の名前間違いも多いと思います。ご指摘頂ければとっても嬉しいです)


comment

管理者にだけ表示を許可する

 遠征してきて西黒尾根から日帰りとは・・・、
まだまだ健脚ですね。
谷川岳は花の山、トマノ耳から先一ノ倉岳・蓬峠を経て
朝日岳・白毛門の馬蹄形縦走も 肩の小屋から
万太郎山・仙の倉山・平標への主稜線もすべて花の稜線です。
お好きな法師温泉でも楽しみながら またこの山域へ
お越しください。

二年前に同じコースを登りました。
確か6月だったと思います。
サルメンエビネに出会えて喜んだのを
覚えています。
トマの耳ではミツバオウレンが咲いていました。
季節により出会える花が違いますね。
満足するには相当通わなければいけないですね。(^^ゞ
蛇紋岩の山域は思わぬ花に出会えて新鮮でした。
それにしても健脚ですね。
自分は小屋に一泊しましたよ。

     我歩人さま

 谷川岳は私の中では夢の山でした。
今回、天気の関係で急遽こちらへ決まったのですが、悪天候に
感謝したい程でした。

ご一緒して下さったKさんとも、朝日岳・白毛門の馬蹄形と肩の小屋からの
仙の倉山・平標コースも歩きたいね、と話したばかりです。
まさに我歩人さんお勧めのコースですね!

我歩人さんの白毛門の記事を見て、いつか・・・と思っていました。
その思いも、現実味を帯びてきました。

       manさま

 2年前に登られたのですね?
季節が変わると、お花の様子が全く違いますよね。
時期・コースを変えて何度でも訪ねてみたい山となりました。
ぬめっとした感触の蛇紋岩、結構お気に入りです。

何しろ病気の二人ですから、花があれば時間など忘れてしまう。
また、それを修正する人もいないので、山時間が全く読めません。
真面目に歩くことも出来なくはないのですが・・・
でも決して健脚ではありません。 

素晴らしい・・・

【こんばんわ】(*´∀`)ノシ

(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪゙

珍しいお花が沢山ですね・・

゚+.゚(´▽`人)゚+.゚ィィ!!ですね
゚+.゚(´▽`人)゚+.゚ィィ!!ですね

山に登られるのですね・・・
登れるのが~羨ましいです

私は山登りはしたことが無いので・・・
写真を撮る時は~ハイキング程度・・・

山に登れば~沢山の高山植物に出会えるのですね~゚+.(´∀`*).+゚.にこ

良かったですね・・・・

いつも珍しいお花や~可愛いお花・・・
v(^∀^) ぁりがと~ございます

素敵な谷川山行、有難うございます。

本当に魅力ある花が次々に登場し、ドキドキしました。
私が行ったのはもう31年前でしたが、山頂から法師溫泉の方に降りて、当時は混浴だったので驚いたのを覚えています。

      畑ちゃん

 可愛い絵文字のコメントをいつも有り難うございます。
何だか気持ちもルンルンになりそうです。

私にとって谷川岳は遠い存在の山だったのですが、今回の山行きで、
身近に感じられるようになりました。
もっともっとこの峰に足を運びたいと思います。

お互い無理の無い自分に合った山歩きで、お花も楽しめればいいですね。

畑ちゃんの写真はいつも温かく輝いていますね。
いつも楽しみにしています。

      アキラッチさま

 31年前ですか~、
んっ? 今以上に山を飛んで歩かれていた頃ですね?

谷川岳は魅力的なコースがいっぱいあるのですね!
景色は望めませんでしたが、お楽しみいっぱいの山で、
これから何度も歩きたい、そんな思いが沸々とわいてきました。

法師温泉へ下りるコース、地図で確認しました。
恐らく仙ノ倉山・大源太山へのロングコースですね?
いいなあ・・・

法師温泉、今は女性入浴時間が設けられていたと思います。
ここは雰囲気もお湯もいいですね!
時間帯を設けていなかった時も様子を見て入っちゃいましたよ!ドキドキ・・

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる