富士山登山ルート3776  海抜0mから富士山へ  その4(最終)

  さて、今年中に3776を登り終えるだろうか? とちょっと心配になっていました。

24日その日がやって来ました。この日を逃せば、今年の可能性は低くなりそうです。
ただ、この日は2~3時間掛かる用事があり、間に合うかどうか怪しい状況でした。 
    用事を終え、コースの続き六合目を出発したのは、10時7分でした。

       昨年の11時出発よりは、少し余裕がありますが・・・

DSC09912_20171029202438bca.jpg  DSC09917_20171029202437cb4.jpg
    富士宮口五合目              六合目の小屋

 草紅葉は盛りを越え、茶色に変色していましたが、木々の紅葉は見頃です。
           お花も終えて、ドライフラワーが見られます。

DSC09921_201710292024354bd.jpg  DSC09920_201710292024365f2.jpg
    宝永山方面               ミヤマアキノキリンソウ

    コケモモが赤黒っぽく完熟していました。 少し口に含むと・・・
濃厚な味です。 酸味と甘みと少しの苦みも感じますが、良い味です。 

DSC09942_20171029202539959.jpg  DSC09923_20171029202434918.jpg
   イワツメクサ                 コケモモ

          足元には色々な色や形状の石がゴロゴロ・・・
         ちょっとだけ黒曜石っぽい玄武岩も見られます。

DSC09940_20171029202540759.jpg  DSC09938_20171029202541486.jpg
                色々な噴出物や溶岩

     大分登ってきました。 宝永山が段々遠くなっていきます。

   DSC09933_201710292025427cf.jpg
                 下方は宝永山&カラマツの紅葉

   ミヤマオトコヨモギの葉は、赤く色づき変化もあってとても綺麗です。
         ミヤマヤナギは綺麗な黄葉を見せてくれます。

>DSC09943_201710292030485ba.jpg  DSC09927_20171029202543cd4.jpg
     ミヤマオトコヨモギ                ミヤマヤナギ

       登るにつれ、赤茶けた岩肌が目に付くようになりました。

DSC09947_201710292030479ea.jpg  DSC09961_20171029203046f09.jpg
      宝永山

      新七合目を過ぎ、段々高度感が増します。 良い眺めです・・・

        DSC09964_201710292030453a1.jpg
           愛鷹の峰、さらに奥には伊豆半島・駿河湾

 元祖七合目まで来ました。 足元ではチョンチョンとイワヒバリが移動しながら
                 何やら突っついています。 

ここで関東から見えられた若くて感じの良い女性と一緒になり、言葉を交わします。
      それぞれのペースがあるので、自分歩きで頂上を目指します。 

        DSC09969_20171029203044f0b.jpg
            人慣れしているイワヒバリ

     八合目近くになると、火山弾が多く目に飛び込んできます。
          ツララも見かけるようになってきました。

DSC09981_20171029203218822.jpg  DSC09972_2017102920321951c.jpg
     火山弾                下方は元祖七合目

          9月に孫のK太と共に登った八合目が目前です。
              ここでもツララが伸びていました。

        DSC09982_2017102920321774f.jpg
                 夏開設されている診療所   

        DSC09988_20171029203216844.jpg
                  もうすぐ八合目・・・

     岩陰には赤い帽子を被ったお地蔵さまが座っていました。
八合目から上は、奥宮境内地だそうです。小屋上には鳥居が設置されています。

DSC09992_20171029203859b59.jpg  DSC09993_20171029203858ca7.jpg
     八合目上部のお地蔵さま           八合目上の鳥居

DSC09996_20171029203857ec4.jpg  DSC00002_20171029203856875.jpg
    ここにも火山弾            隙間にいっぱいの硬貨

  頂上が段々近づいてきました。 九合目の3460m「万年雪山荘」です。

DSC00004_201710292038559ef.jpg  DSC00007_20171029210609cf4.jpg
     もうすぐ・・                  九合目

  全体に割れ目が入っているのは、多分パン皮状の火山弾のようです。

DSC00012_2017102921060886b.jpg  DSC00010_20171029210607e94.jpg
  パン皮状火山弾?                   九合目の鳥居

     ゴツゴツの岩を越えていきます。 あと少しで九合五勺・・・
上部に見えていた先客の方とすれ違わなかった・・? ブル道を帰られたかな?

DSC00014_20171029211322288.jpg  DSC00018_20171029211321b77.jpg
      ゴツゴツの岩場が続く・・九合五尺        頂上直下のツララ

    この矢印が書かれた石も、そしてこの大きな岩も、どうやら火山弾!
うわっ、転がってきそう?大丈夫・・ 石には杭が打たれ、留められているようです。

      頂上手前の鳥居も見えてきました。 あとひとがんばりです。

DSC00020_20171029211320ac9.jpg  DSC00021_20171029214708816.jpg
    火山弾             恐らくこの大きな岩も・・・

  到着しました。 昨年設置されたまだ新しい鳥居をくぐり、今年新しくなった
浅間神社の鳥居もくぐりホッとします。 途中から霰もポツポツ落ちてきていました。
     前々日薄く積もった雪の名残にそっと触れてきました。 硬い!

DSC00030_201710292113188b8.jpg  DSC00034_20171029211407084.jpg
  昨年申年に奉納された鳥居           初冠雪の名残雪

        DSC00032_20171029211408873.jpg
           今年新設された浅間神社奥宮の鳥居

 さて、ノンビリもしておられません。 剣が峰まで登らないと目標達成には
   届きません。 火口内を眺め、剣が峰への斜面に掛かります。

            DSC00041_20171029211407fcc.jpg
                剣が峰への途中

DSC00046_20171029211405be5.jpg
                 頂上の火口

   斜面半分まで登ったとき、寒さもあってか両足前の上部が攣ってきました。
   登り切って飲もうか迷いましたが、早めに・・・と漢方ツムラ68を服用し、
            すぐ回復しました。 良かった~ 

       DSC00050_201710292122484b2.jpg
                ここを登れば剣が峰

           火口内を覗くとここにもたくさんのツララ・・・

DSC00051_2017102922003155b.jpg  DSC00052_20171029220031121.jpg
   白山岳方面             三島岳・富士宮口登山道方面

 ひと登りで剣が峰に到着しました。 ここでタイマーを使い写真を撮ります。

DSC00054_201710292200303ac.jpg  DSC00059_201710292200281a3.jpg
     測候所跡                 日本最高峰富士山剣が峰

田子の海からの相棒 「チリメン石」(方解石部分が溶けて筋状に凹んでいる)も
      一緒です。 勿論これは持ち帰り、いつか浜へ返します。

        DSC00061_201710292200290a7.jpg
         二等三角点(一緒に登ったチリメン石も・・・)

            奥を覗き込むと・・・八ケ岳かな~? 
 コーヒーを飲み温まっていると、粉雪が舞い始めました。 そろそろ帰らねば・・
      先程の女性の方は奥宮まで登られ帰って行かれたようです。

    (剣が峰出発は14時44分です。 5時前には五合目に着けるかな?)

神社近くまで下りると、ホンの2~3分の事でしたが、風が吹き付け砂か雪か?
頬に痛いほどでした。 手袋も少し手前で厚手のものに換えていて正解でした。

        DSC00071_20171029212531e4f.jpg
                 八ケ岳方面?

   少し下っただけで、登りの時のような穏やかな天候に戻りました。
     もうあとは足元に気をつけながらドンドン下るのみです。

DSC00085_201710292125309fa.jpg  DSC00095_201710292125292b8.jpg
       八合目

         タッタッタッ・・・と下りていきます。 わ~、綺麗!
  宝永山の縁を飾るカラマツの黄葉が登りよりも鮮やかに見えます。

        DSC00096_20171029212528072.jpg
                   六合目上部

 しばし立ち止まっては景色を楽しみます。 もうここまで来れば安心です。

   DSC00104_20171029221732c3c.jpg
            箱根方面      愛鷹の峰

                  六合目の小屋を過ぎ・・・・・

DSC00106_20171029221731804.jpg  DSC00109_20171029221730869.jpg
     宝永山方面のカラマツの紅葉          六合目付近

                西の空にはう~っすらと夕日が・・・

        DSC00114_201710292217291fd.jpg

   五合目到着は16時40分。 相方を少し待って拾って貰い無事帰宅です。


comment

管理者にだけ表示を許可する

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる