秋、2度目の雨飾山

  11月1日、白馬を抜け南小谷村へ入り・・・雨飾山登山口を目指してグングン
登っていきます。 周辺の紅葉も黄色が中心ですが、丁度良い・・ 見頃です。

DSC09647_20171111032133014.jpg  DSC09658_201711110321339f8.jpg

       2008年秋、寒波到来直後に登って以来、9年ぶりの雨飾山です。
山田温泉も過ぎ・・・帰りはこの林の中の露天風呂に・・ と思っていたのですが、
    前回の台風でポンプが壊れて、使用できないとのこと、残念です。

DSC09670_201711110321328c1.jpg  DSC09672_20171111032131fc6.jpg

 登山届けを提出後、いよいよ出発です。 車は数台だけですので今日の登山者は
     少ないようです。 登山口には素敵な案内板が設置されていました。

        DSC09685_20171111032130748.jpg

少し見頃を過ぎた紅葉ですが、まだまだ大丈夫。 見上げると、ヤマブドウが!
 この葉っぱは・・カエデの中で私が一番好きなヒナウチワカエデでしょう。
     
DSC09686_20171111032245d59.jpg  DSC09688_20171111032245521.jpg
      ヤマブドウ                 ヒナウチワカエデ 

    オレンジ色の実も素敵です。 オオツリバナか何かでしょうか?
            このアザミは、タチアザミでいいかな?
             場所が変わると、植物は難しい・・・  

  湿原の平坦歩きから始まります。 この辺りもお花の頃はいいのでしょうね?  

DSC09689_20171111032244364.jpg  DSC09693_20171111032243aa0.jpg
   ツリバナの仲間                  タチアザミ?

         平坦部分を終え、これからいよいよ山歩きです。
 斜面を登り始めると、オオイワカガミ?やツツジの仲間が赤く色づいています。

DSC09703_20171111032806bad.jpg  DSC09706_20171111032243a02.jpg
      オオイワカガミ?

 春早くに咲くイワナシはもう蕾を付けています。 このまま冬を越すのでしょうね?
  色々なカエデの葉っぱを楽しみつつ、進みます。 登っては横道歩き・・を
  繰り返します。 ここでは400m毎に標識が付いているので、目安になります。
11分の4ですので、1600m歩いたことになります。 ピークまでは4400mの距離です。

DSC09709_201711110328051fc.jpg  DSC09714_20171111032804a23.jpg
    イワナシ               ハウチワカエデかな?

 足元には、色々な木々の葉っぱが落ちています。 ガサガサと落ち葉を
踏みしめながら登ります。 この辺りのブナの葉っぱは、富士山麓に比べて
大分大きいようです。  もっと近いと思っていた沢はまだ先のようです。

   DSC09711_20171111032803482.jpg   DSC09712_201711110328031f7.jpg   DSC09723_20171111033134174.jpg
     ブナの落ち葉         ブナ        400m毎の標識  

   雪の間から、赤い実が顔を出していました。 マイヅルソウのようです。
標高1400m前後はブナの木が沢山見られます。 ブナ広場はゆったりと気持ちの
                   いい空間です。

DSC09736_20171111033133b3d.jpg  DSC09726_2017111103313440b.jpg
     マイヅルソウの果実              ブナ

         小さな尾根をいくつも超した後、やっと荒菅沢が現れました。
この沢を渡り、その右手を登っていきます。 沢に下り見上げると・・いい景色です!

DSC09744_20171111033131cc8.jpg  DSC09739_20171111033132fea.jpg
  荒菅沢とその左岸の登山道       見上げると魅力的な岩壁、布団菱

      流れの下方に目をやると・・・高度も大分上がってきました。
         その向こうには、雪を被った山が見えました。 
           金山・天狗原山に連なる峰でしょうか?

この時期、赤い実がよく目立ちます。 ツルリンドウ、それからミヤマシキミに似て
              いますがちょっと違うような?・・・

   DSC09753_201711110334382bb.jpg   DSC09757_20171111033437515.jpg   DSC09759_201711110341135e0.jpg
 荒菅沢の下方             ?           ツルリンドウ

  沢を渡ると、急登が続きます。 ガレた斜面が好きなホウベニタケ?も
     見られ、ショウジョウバカマの葉っぱもたくさん見られます。

上からご夫妻の方が降りてこられました。 「歩くのに時間が掛かるので・・・」
               と、途中で諦められたようです。

DSC09769_20171111034112a2c.jpg  DSC09762_201711110341136db.jpg
     クチベニタケ?ホウベニタケ?           ショウジョウバカマ

    振り返ったり、見上げたりしながら景色を楽しみ写真に収めます。

大分登った頃、よく歩かれている感じの方に出逢いました。 昔歩いた焼山の
様子を伺うと、まだ2キロ以内(許可があると1キロ?)は立ち入り禁止だそうです。
          ちょっと怪しかった山名も教えて頂きました。

   DSC09777_20171111034111856.jpg
       中央左から 乙妻山  高妻山   戸隠山

    白く大きめの長石のような結晶を含んだ石が転がっています。
         ゴツゴツとした岩山、格好いいですねえ~・・・

DSC09795_2017111103482314f.jpg  DSC09778_20171111034110738.jpg

ハシゴ場やロープを越え、上へ上へと進みます。 思った以上に快調ですので
  どうにか頂上まで到達できそうです。 写真を撮る時が休憩時間です。

DSC09782_201711110348225ec.jpg  DSC09799_20171111034821b9e.jpg
    一番奥に乙妻山  高妻山  その前右に戸隠の峰    ハシゴ場

 見えないかな~・・と時々気にしていた駐車場が、下の方に見えてきました。
             あと一息・・・頑張ろう! 

DSC09807_20171111034820d75.jpg  DSC09812_20171111035053efe.jpg
   小さく駐車場           気になる山だが・・??

  斜面を登ると・・・ わ~、笹原の向こうに雨飾山の頂上が見えてきました。
            あと少しだと思うと、元気が出ます。

DSC09817_20171111035052489.jpg  DSC09816_2017111103505334a.jpg
     いよいよ・・雨飾山目前

  笹平には頂上まで40分の案内がありました。 心地よい笹原歩きです。
振り返ると・・・ 若かりし頃登った懐かしい焼山・火打山が目に入ってきました。

DSC09819_20171111035051c51.jpg  DSC09831.jpg
    笹平                   焼山とチョッピリ火打山

   空気も澄み、天気のよい素晴らしい日です。 この巡り合わせに感謝です。

   DSC09840_2017111116022971b.jpg

 最後のひと登りで頂上です。 日本海に向いて立つ石仏・祠がある北峰に到着。
  ここで少し遅い昼食をとります。 すぐ向こうには、頂上のある南峰があり、
カップルさんがお昼中でした。 写真で見ると距離がありそうですが、すぐそこです。

DSC09848_20171111160230440.jpg  DSC09869_20171111160228a94.jpg
        北峰                 北峰より南峰

少し霞んでいましたが、遠くには槍ケ岳や後ろ立山連峰など、360度の大展望です。
   見飽きることがありません。 コーヒーを飲み、頂上へ足を向けます。

        DSC09852_20171111160226319.jpg
                  360度の展望

 2度目のピークです。 カップルの方と写真を撮りあい、暫く南峰からの展望を
    楽しみます。 コースタイム3時間半の所、3時間弱で登ってきました。

眼下に日本海を見ていますが、本日は太平洋側の自宅まで帰りますので、
           そろそろ下って行かなければなりません。

DSC09884_20171111160505869.jpg  DSC09886_20171111160503508.jpg
         南峰                 南峰から北峰を・・

 帰ろうとしたその時、すーっと光が降りてきました。 雲から洩れる光が綺麗です。

        DSC09879_201711111605020d2.jpg

後で知ったことですが、笹平の登山道には、女性の横顔が認められるのですね?
          イマイチの写真で分かりづらいのですが・・・・・

DSC09885_20171111160504998.jpg  DSC09871_20171111160227fff.jpg

   さて、あとは下って行くだけです。  カップルさんより一足先に帰ります。

DSC09895_201711111626024ae.jpg  DSC09894_20171111162603d2b.jpg

    急さかをグングン下って行きます。 途中で、笹平ですれ違った
                  お兄さんを追い越し・・・

        DSC09906_201711111626013e6.jpg

      荒菅沢まで来ました。 見上げると、相変わらずいい景色です。

        DSC09915_20171111175148700.jpg
                  荒菅沢と雨飾山

        途中には、携帯トイレ用ブースも設置されていました。

DSC09925_20171111175147203.jpg  DSC09938_201711111751453cd.jpg
      携帯トイレブース              ヒメユズリハ

 大きな木には大きな力があるようです。 出逢うだけで何だか元気を貰えます。

DSC09928_20171111175146a9b.jpg  DSC09948_201711111959599ac.jpg
    ブナ広場のブナ               湿地に立つ樹木(ミズナラ?)

     最後の湿地帯を歩くと前方に駐車場の建物が見えてきました。
           相方と合流し、我家へと向かいます。

        DSC09977_20171111195958500.jpg

comment

管理者にだけ表示を許可する

3時間弱とは いまだ健脚衰えず!

 懐かしの信州、上高地~白馬山麓そして雨飾山と
お二人でよき旅となられましたね。
二度目の山頂、若き日の金山からの縦走に想いを馳せられたことでしょう。
 雲間から降り注ぐ「天使の梯子」、またの名称「レンブラント光線」も
素敵です。
お孫さんから解放されての静かなご夫婦旅、
お互い大事にしたいものですね。

No title

お元気ですね!
雨飾山は遂に登らずに終わりそうです・・・
>ミヤマシキミに似て?
画像が小さいのでハッキリしませんが
モチノキ科のハナモチに似ているようです。

No title

        我歩人さま

 秋の上高地は初めてでした。
二人で気ままに昔を想いつつ、ノンビリと出来た時間でした。

山も歩く予定は無かったのですが、前日に満天の星空を見上げ、
俄然、歩きたい気持ちが強くなり、相方を巻き込んでしまいました。
ゆったり歩きですが、休憩時間はほぼありませんので、時短できますね。

孫たちとの時間も大いに楽しみ、また自分たちの時間も大切にしつつ、
日々送って行ければいいですね。

コメントをありがとうございました。

No title

silkさま

 silkさん、こんばんは!
わ~、さっそく不明の植物を教えて頂き、有り難うございました。
モチノキ科・・で図鑑を見るとヒメモチが載っていて、まさにこれの
ようでした。 こんな植物があるのも知りませんでした。

私の住む太平洋側と日本海側では、住んでいる子がかなり違っていて、頭を悩ませてしまいます。
またお気づきのことなど有りましたら、よろしくお願い致します。

  教えて頂き、ありがとうございました。
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる