FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

地元散策

2018/09/07 14:58 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(0) [Edit]

 いつのまにか肌を刺すような暑さも和らぎ、気がつくと秋の気配がそこここに・・・
        相方と近所の自然の移り変わりを見に歩いて来ました。

      そうそう、この辺りでは以前ナンバンギセルがあったなあ・・・と
覗いてみると、ありましたありました。 少し遅いようですが、沢山見つかりました。
  ススキを少し分けてみると、奥の方までズッと続いているではありませんか?

DSC06158_2018090415390392b.jpg  DSC06155.jpg
                   ナンバンギセル

  こんな状態が10mほど続いているので、道端を歩きながら掻き分けては写真を!

DSC06170_20180904153900c73.jpg  DSC06161_201809041538594c9.jpg
                  ナンバンギセル

何だか色っぽい感じのナンバンギセルです。 んっ、これっておじさま感覚?
      どうしてかなあ? よく見ると、茎まで赤っぽいのです。
              こりゃ美人さんだわ~ 

DSC06182_20180904153855bb6.jpg  DSC06183_20180904153953638.jpg
                  ナンバンギセル

  こちらはヌスビトハギです。 日本産です! 種子が2つに分れ、形が
 盗人の足跡に似ているのだとか・・・ そう言えば、抜き足差し足・・・
    つま先歩きですからね~。 お花はチョット地味目です。

DSC06179_201809041539528e4.jpg  DSC06178.jpg
                   ヌスビトハギ

  こちらはアレチヌスビトハギ! 外来種です。 種子は数個に括れています。
お花は・・・この写真では花付きが悪く分りにくいですが、国産より華やかで綺麗!

DSC06205.jpg  DSC06206_20180904154529983.jpg
                  アレチヌスビトハギ

  ツルボがアチコチで出始めてきました。 群生するとナカナカのものです。
子どもの頃はお兄さんお姉さんに習って、これで指を使い虫かごを編んでいた。
           もうすっかり忘れてしまいましたが・・・

       首をもたげているのは、アキノエノコログサのようです。
      エノコログサの仲間は、自然遊びにいっぱい活用できます。

DSC06185.jpg  DSC06193.jpg
    ツルボ                  アキエノコログサ

    住まいの近くは山間部ですから、自然がいっぱい残っています。
       私や相方にとってとても住みやすい場所なのです。

    ツリガネニンジンやツルボが散歩コースに何気に顔を出してくれます。

DSC06187_20180904153949c8c.jpg  DSC06188_20180904153947282.jpg
                   ツリガネニンジン

 この切れ込みの深い植物は・・・ノブドウのようですが、切れ込みの深いのは、
  キレハノブドウとして、品種扱いになっているようです。 時々見かけます。
       暫くすると、色とりどりの実が目を楽しませてくれそうです。

DSC06195_2018090415440710f.jpg  DSC06194_20180904154411609.jpg
                 キレハノブドウ

       民家の庭の隅っこには、オミナエシが咲いていました。
                草に紛れてタカトウダイも・・・

DSC06200.jpg  DSC06192.jpg
     オミナエシ              タカトウダイ

  いたる所で我物顔に木々を巻いているのは、ボタンヅルやコボタンヅルに
          変わって、今一番元気なセンニンソウです。

大きめの白い4枚の花弁のような萼片をいっぱい広げています。 なかなか素敵です。 

DSC06198.jpg  DSC06197.jpg
                      センニンソウ

    場所を変えてもススキの根元を見ると・・・ヤッパリ、ナンバンギセルです。

DSC06217.jpg  DSC06189_20180904154409bfc.jpg
       ナンバンギセル                  イヌゴマ

        アキノタムラソウも、少し濃いめの花を咲かせています。
  栗の実も大分大きくなってきましたね。 食欲の秋、果物(野菜)の秋です。

DSC06211_2018090415532720e.jpg  DSC06241_20180904155557cc0.jpg
      アキノタムラソウ              ヤマグり

                お決まりの野の草も出てきました。

   DSC06219_201809041553244fe.jpg   DSC06218_20180904155326f69.jpg   DSC06224.jpg
   ベニバナボロギク       ヨウシュヤマゴボウ     ヘクソカズラ

     お茶の木を覆っているのは、スズメウリでした。 カラスウリも花を付け、
           オレンジ色の実を付けるのももうあと少し・・・

DSC06226.jpg  DSC06229.jpg
                     スズメウリ

      いま、彼方此方で見かける百合はこのタカサゴユリでしょうか?
     ペラペラヨメナはここ数年市内でも多く目にするようになりました。
  可愛いお花なのでお庭に植えられているのでしょうね? これも帰化植物です。

DSC06235.jpg  DSC06245.jpg
      タカサゴユリ               ペラペラヨメナ

        この子の名前はいつも出てこない植物の1つです。
    何だっけなあ・・・カタカナ3文字? 早く思い出せないかな?・・

         畑の隅には、カラスビシャクが出ていました。

DSC06244.jpg  DSC06246.jpg
        名前が出てこない・・           カラスビシャク
 
  う~ん、この植物はフタバムグラの仲間のようですが、初めての出逢いです。
 きっと帰化植物だろうな・・・と、図鑑を開くとタマザキフタバムグラというのが目に
         留まりました。 これでいいのかなあ? 分りません・・・

近年、椰子殻を用いた園芸用土に種子が混入して帰化し、花壇や鉢植えの雑草として
        見られるようになってきた、と帰化植物図鑑にありました。

DSC06242.jpg  DSC06239.jpg
     オトコエシ              タマザキフタバムグラ? 

   木々に絡まっているのは、コバノカモメヅル?と思ったのですが、ちょっと違う。
オオカモメヅルは1ヶ所でしか確認していませんが、これともちょっと違うような?・・・
   でも、どちらかというとオオカモメヅルかな? 再確認が必要ですね。

P8160029.jpg  P8160031.jpg
                    オオカモメヅル?

 すぐ近くには、色違いの子も住んでいました。 もう少し歩きたかった巡視でした。

P8160034.jpg  P8160033.jpg
                    ?オオカモメヅル



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム