お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

西臼塚散策

 今日は久しぶりに、月に1回の活動日にすべく、西臼塚を歩いてきた。

 途中、いつも気になっていた丸火自然公園近くの 「高尾山 穂見神社」 へ参拝し、急斜面
の裏山までひと登り! そこには祠がおまつりしてあり、手入れのされたヒノキの隙間から
富士山が顔をだしていた。振返ると、駿河湾・伊豆半島が一望でき、何だかいい気分~。

     ツルリンドウが多いなあ・・・  他の植物もありそうだ。 お花の時期に要チェック!!

          コピー ~ DSC02316        コピー ~ DSC02313
            穂見神社と富士山             ツルリンドウ

 林道をくねくね走っていると、数年前まで無かったチェーンが所々についていて、通行止めに
なっていた。ゴミ捨て問題などもあり、致し方無いかも知れないが、ちょっと寂しい。涙

  「 いけない!寄り道が多すぎて、西臼塚に着いたのは11時を過ぎてしまった・・・・・」

           いつもの 「カエデ広場経由」 の道を進む。

 暫くモミの林を歩いていると、シカの古い食痕に混じってこのシーズンに食べられたものが少し
目についた。さらに進んで行くと鮮やかな黄色が目に飛び込んできた。 「キハダだ!」(黄膚)
キハダの内皮は黄蘗(おうばく)の名前で健胃剤として薬になる。

 「ア、アッチにも・・・」 少し林に入ってみると、ぐるりと1周食べられている木が何本もある。
見上げると実が揺れている。 「これはマユミ」 こんなに食べられてはもうおしまい・・・・・

 「エッ、こんなものまで?」 木に巻きついたツル性の植物も・・・・・

 「これはニシキウツギ」子供の手首位の太さの木なのに・・・何本も食べられている。

      コピー ~ DSC02366      コピー ~ DSC02364      コピー ~ DSC02345
      キハダ(後方にも)       キハダ(3本の被害)           マユミ


      コピー ~ DSC02350      コピー ~ DSC02362      DSC02360.jpg
          ツル植物             ツルマサキ          ニシキウツギ

           これらの木の周りにはシカの踏み跡と糞がいっぱい・・・・・

 5~6歩進むと次の糞に出会う程多い。 マユミは私の背の高さ位まで全て食べつくし、
キハダもそれに近い状態だ。この食痕は今シーズンのもの!餌の少ないこの季節が終わった
後の森の中を見るのが恐い。

 これはホンの狭い範囲でのこと。 よく歩いている場所なのに、こんなにキハダやマユミが
      多かったのも初めて知った。それがこんな形で知る事になるとは・・・・・

      早く手立てを講じないと、この森からキハダやマユミが消えてしまう??

      気が滅入りながら下りていくと、目通り5m以上はあるだろう 「カツラ」 を目にし、
    少し胸のつかえがとれた。駐車場まで来ると小降りだった雪が本格的になってきた。

            この分では明日西臼塚は雪の中だなあ・・・・・
   
       コピー ~ DSC02327     コピー ~ DSC02368     コピー ~ DSC02378
           シカの糞            カツラの巨樹         雪の中帰途へ

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)