西臼塚を歩く

   この所いい天気が続いていたが、3日間ずっと家の中・・・・・嘘みたいだけど、ホントの話!

 今日は月に1回の活動日として予定を組んでいたので、用事を済ませつつ出掛けてきた。
    目的地は標高1200mの西臼塚だが、あちこち寄り道をしながら、車を走らせた。

         まずは中学生が世話をしてくれている富士宮のカタクリの産地。
 まだだよなあ~、と思いつつも左手にチラッとピンクが目に入ったので、下りてみると10株ほどだが
             もう咲いている。 早いな~、でも嬉しい! ニコニコ。 横向き

    カタクリ1    カンザクラ    カンヒザクラ

          今日はどこからでも綺麗な富士山が望めるヨ、 わ~い・・・・・
  表富士登山道沿いに登り、標高500mを越えると右手に 「富士山桜の園」 が見えてくる。
    ここでもちょっと休憩。今はまだお花も寂しいが、4月になると賑ってくるだろう。
     2haに40種の桜が200本以上植えられていて、秋から春まで楽しめるとの事。
       「アレ、こんにちは!」と車中から声を掛けられた。  「?? ・・・ 」 
    先日お世話になったNPOのOさんだった。 集めたゴミを片付けての帰りとの事。
                        お疲れさまでした!

    オニシバリ1    オニシバリ2    オニシバリ花

          そんなこんなで西臼塚に着いたのはお昼過ぎ。

  森の中はまだ春の気配はない。 かろうじてアザミとバイケイソウの新芽が春の案内人?
    唯一咲いていたお花は 「オニシバリ」 ジンチョウゲ科でとてもしなやかな茎をしている。
アチコチに咲いているが、よく見るとちょっと様子が違う。近くにあったものを比べてみると・・・・・
明らかに花筒の色・大きさが違っていた。(雌雄異株かな?)また別の所で見てみるとその中間位
のものもあり??? 帰って調べてみると ”雌雄異株で、雌花より雄花が大きいとあった”
   手に持っている花の右には花粉が見える。と言うことは左が雌花で右が雄花かな?

     ヒコサンヒメシャラ     ミツマタ     マユミ?

 西臼塚の淵に立つと、葉の落ちた木々の間から最高の富士山が顔を出している。
周りには縞々のある「ヒコサンヒメシャラ」や3つに枝が分かれている「ミツマタ」も多い。
    暫くベンチに寝っころがって青い空と富士山を独り占め。 気持ちいい・・・・・

       森の中は、やはりキハダ・モミ・マユミの鹿による食害が進んでいた。

        さてそろそろ帰らなくては・・・・・ と1000m辺りまで下る。
 お~、ここはお気に入りの場所! いくら何でもまだお花は無いでしょう、でもちょっとだけ・・・

 出ているではないですか! アズマイチゲ・ユリワサビは蕾、ニリンソウ・セントウソウ・コガネ
 ネコノメソウ・ヒメニラ・キバナノアマナ?の葉っぱ、ゴマギの新芽・・・・・お楽しみはもうすぐです!

    アズマイチゲ    ユリワサビ    縄状溶岩

   昔の登山道沿いには綺麗な縄状溶岩が出ています。天照教の駐車場からほんの5分ほど
  登った所ですが、だいぶ埋もれて来ています。以前はもっと左部分も見えていました。
  落ち葉・土を掻き分けてこの状態です。 あと数年するときっと隠れてしまうでしょうね。
              
                いや~、ホントに帰らなきゃ・・・・・

comment

管理者にだけ表示を許可する

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる