お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

沼久保の春 その1

               17日は沼久保周辺を11名で散策しました。
いつも春一番に訪れている、沼久保(富士宮市)は自然豊かな場所で、ゆったりと時間が流れます。
           身延線の駅から1段下がった地にその集落があります。

          竹林の切れた斜面ではたくさんのお花が迎えてくれました。
イチリンソウ・ニリンソウ・ジロボウエンゴサク・タチツボスミレ・ケマルバスミレ・セントウソウ・
         オドリコソウ・イカリソウ・ナベワリ・ランヨウアオイ・カテンソウ・・・・・
               アズマイチゲは咲き終わったようです。
       ナガバノスミレサイシンも花が終わり、大きな葉っぱを付けていました。

     イカリソウとニリンソウ     ナベワリ     ランヨウアオイ
      素敵なツーショット          ナベワリ             ちょっと失礼・・・

 ”舐めると舌が割れるほど・・・” という意から名付いたナベワリもこんな群生には初めて出会い
     ました。ランヨウアオイの葉も斑入りのものと緑一色のものが点々とあります。
カテンソウは花枝の伸びた雄花が先端に付き、下の葉っぱの付け根には雌花が咲くようです。
背をまっすぐ伸ばしてヤブニンジンの柄を真似ている?虫もいます。 ちょっと無理があるなあ・・・・・
          (写真の上でクリックすると大きな画像が見られます)

    カテンソウ雄花    カテンソウ雌花    ヤブニンジンと?
   はじけて花粉が飛びます      雌花はひっそりと?・・      いい姿勢です 

            歩いて少し移動すると、新しい花がお出迎えです。
 シロバナハンショウヅルが木の枝に絡まり、下がっています。 緑がかったクリーム色の花が
チャーミングです。 その下ではペラペラヨメナが顔を出しています。 ウマノアシガタも今年初! 

      シロバナハンショウヅル      ペラペラヨメナ     ウマノアシガタ
        華やかです      この辺りではまだ少ない・・      艶がいいねえ~

 在来のオドリコソウもこの辺りでは多く育っています。 お花の根元を吸ってみると・・・ほんのり
        甘く感じます。 ヒメウズは・・・お花と種が同居していました。
オオイヌノフグリ・タチイヌノフグリに混じって、フラサバソウも小さな花を咲かせていました。

    オドリコソウ    ヒメウズ    フラサバソウ

                    そろそろお昼です・・・・・       (その2へ)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)