お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

米子大瀑布

       先し前の事だが、仲良し4人組で久しぶりの信州の旅に出掛けた。

 栂池にしようか?それとも白馬?・・・・・迷っていた所、「米子大瀑布へ行ってみたい」との声が
あり決定。祝日1000円のETCを利用し、富士を出発した。 スマートIC「小布施」に下りたのはお昼を
             少しまわっていた。 4時間弱の走行だ。
小布施では、活きのいいお兄さんの声が響く、元酒蔵跡をりリニューアルした「蔵部」にて昼食。

                時間も余りないので、すぐに目的地へ向かった。
   「時々長野生活」時代、運転をしながら看板の案内を見て、ずっと気になっていた場所だ。
   細い道をぐんぐん登り小布施から1時間弱で駐車場へ着いた。 車も数台止まっている。
     秋の紅葉の頃の休日は規制があり、途中からバス・タクシー利用となるようだ。

    DSCN2318_01.jpg    DSCN2327_01.jpg    DSCN2329_01.jpg
        小布施              雨宿岩             クルマユリ

  駐車場から滝直下の米子不動尊奥の院まで25分、800mとあり、小さな滝をいくつも作っている
米子川に沿って遊歩道を登って行った。クルマユリ・モミジカラマツ・久しぶりに可愛いセンジュガンピ
     にも会う事が出来た。 ここは「日本の滝百選」にも選ばれている所だ。
ひと汗かくころ不動尊へ着いた。そのまま滝を目指す。 まずは「不動滝」 落差85mの滝は圧巻だ!
「落下する水はレースのカーテンのように風になびき・・・」と解説されているが、まさにその光景が
目前にあった。 その周辺の岩の眺めも迫力があり、右へ左へと何度も顔を移した。

     DSCN2351_01.jpg     DSCN2357_01.jpg     DSCN2360_01.jpg
           案内板           不動滝            不動滝下部

   踵を返し、次は「権現滝」へ。 こちらは落差75m。細い流れが滝つぼに落ちている。 
    2つの滝が眺められるビューポイントがあるというので急な細道を下りて行った。

    DSCN2370_01.jpg    DSCN2373_01.jpg    DSCN2376_01.jpg
       センジュガンピ           権現滝            米子渓谷

          少し登り返し・・・・・目の前に現れた草原はどうだろう! えぇ
  今までとはまったく異なった風景がそこにはあった! とても大らかで広がりのある・・・・・
             ここから米子大瀑布の2つの滝が一緒に見られる。 

    DSCN2382_01.jpg    DSCN2393_01.jpg    DSCN2402_01.jpg
      気持ちのいい草原    360°の広がりが心地いい    硫黄鉱山跡の案内板   

  ここにはもう1つ、「奇妙滝」 があると言うのでせっかくだから・・・と行ってみる事にした。
   帰り道の分岐から300m。 こちらもまた2つの滝とは違った雰囲気の堂々たる滝だ。
         近くへ行ってマイナスイオンを全身で受け止める。 

      DSCN2412_01.jpg     DSCN2415_01.jpg     DSCN2422_01.jpg
          奇妙滝         奇妙滝アップ         見事な2つ滝


     たっぷり2時間あまり楽しみ、今夜の宿 「浅間温泉」に向かった。

 遺跡・鉱山跡もあり、いつか秋の1日をもっとゆったり過ごしたい・・・と強く思いながら・・・

     イケナイ! 夕食の時間に遅れてしまった。

         翌日は小諸で遊び、短い旅の終わり。  また行こうね! 笑い。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)